てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
司令@一字でも前へ
@hige_sirei

居場所    : 一と〇の間
ホームページ : http://t.co/sYTxS08YkR

理想の和服を求めて戦う物書き/一次創作/身内・創作・和服ポスト多め/字書きの落描き(ダブルペンシル)/アイコン画・司令/背景画・もぐたさん/リンク先は自作ダークファンタジー
エントリー作品
◆第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
雪が降ると彼女のことを思い出す。(809字)
投稿時刻 : 2013.12.14 23:41
ある冬の晩、私は親に頼まれて牛乳を買いに出かけた。
昨日から降っていた雪のおかげで、道路は一面の雪畳に覆われていた。この地方に...
◆第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
我は報す(441字)投稿時刻 : 2013.12.14 23:07
喉の奥で炎が焼ける。
血は乾き、風を受ける目は罅割れる。 ...
◆第一回てきすと恋大賞
退廃的デートのツークツワンク(2838字)
投稿時刻 : 2013.05.31 16:33
 僕たちのデートコースは何というか変わっていて、おしゃれなカフェーだの、美味しいレストランだの、にぎやかなショッピングモールはおろか、きらびやかな遊園地...
◆朝の情景コンペ
朝なき朝を思え(675字)投稿時刻 : 2013.05.12 12:26
 夜は嫌いじゃない。
 皆が寝静まる中、自分ただ一人だけが活動していることを思うと、まるで世界を...
◆我ながらホレボレする文体を自慢する大賞
発言嫌悪(1404字)投稿時刻 : 2013.05.02 23:59
「俺は、言葉を紡ぐのが嫌いなんだ」
 狭い文芸部室で彼女と二人、向かい合った机で作文を続けている中、ふと、そん...
◆第一回 てきすとぽい杯
一・富士、二・鷹、三・ポップコーン(586字)
投稿時刻 : 2013.01.19 23:05
 ゴゴゴという地鳴りで私は目を覚ました。
 すぐにやむかと呑気に構えて、布団でまどろんでいたら、その音と振動はどんど...
◆第弐回 10分ついのべ 昼の部 投票所 
11(Twitter小説)投稿時刻 : 2012.11.03 13:08
私はずっと、言葉は自らが生み出す物だと思っていた。しかし、ある日気づいたの...