てきすとぽいトップページへ
第一回てきすと恋大賞
 1 «〔 作品2 〕» 3  6 
ブリキの兵隊とうさぎの赤い目
 投稿時刻 : 2013.05.27 23:14
 字数 : 4099
5
投票しない
ブリキの兵隊とうさぎの赤い目
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 ブリキの兵隊さんは、その昔、やんちな男の子の宝物でした。毎日ブリキのおもち箱の中で寝起きし、仲間たちと勇敢に戦たり、冒険をしていました。月日が流れ、やんちな男の子はやがてものもちのいいおじいさんになりました。ものもちのいいおじいさんは、かつてのものもちのいいおじいさんにそくりなやんちな男の子に、宝物だたブリキの兵隊さんをゆずり渡したのでした。
 新しいやんちな男の子の家は新しいマンシンでした。子供部屋にはやんちな男の子とおしまなお姉さんのおもちの仲間がたくさん住んでいました。ブリキの兵隊さんは昔より少し黄みがかていましたが、かつての勇敢な兵隊のままでした。でも、新しい子供部屋には色鮮やかなプラステクの人形や電車や建物があふれていて、やんちな男の子は、ブリキの兵隊さんを古臭い色だと言て気に入りませんでした。ブリキの兵隊さんは何度かおそろしい牙を持た怪獣の人形と戦いましたが、やがてほこりぽい押入れの中に放り込まれました。
 押入れの中にはやんちな男の子やおしまなお姉さんが飽きてしまたおもちたちがたくさん住んでいました。やんちな男の子のおもちは傷のついたプラステクの怪獣や戦隊フアや乗り物ばかりで、おしまなお姉さんのおもちは綺麗なお人形や可愛らしいぬいぐるみや美少女戦士への変身アイテムばかりでした。暗い押入れの中で、男の子やお姉ちんに飽きられても、みんな仲良く、わきあいあいと暮らしていました。
 そんなある日、ブリキの兵隊さんは押入れの隅こでしくしくと悲しそうな泣き声がするのに気付きました。心配になて様子を見に行くと、そこには、可憐で、美しく、おしれに着飾た、小さなぬいぐるみのうさぎさんが哀しんでいました。
「可愛いうさぎのお嬢さん、どうして泣いているのですか」
 と兵隊さんが問いかけると、
「私、寂しいの。お姉さんは私より、もと新しいうさぎさんに夢中なの」
 と言て、うさぎさんはしくしくと泣き続けました。
 兵隊さんが今まで見てきたぬいるぐるみのうさぎたちは、毛が長く、ふくよかで、おとりした姿のぬいぐるみばかりでした。でもそのうさぎさんは、小柄で、茶と黒の混じた毛並みは綺麗に切りそろえられ、スマートで、立ち姿も美しく、兵隊さんは、素敵なうさぎさんだなあと思たのでした。押入れのおもちたちはみんな素敵な仲間でしたが、兵隊さんは、このうさぎさんは特別に、自分の手で守てあげたいなあと思たのでした。
 うさぎさんは押入れの隅こでしくしく泣いているばかりだたので、兵隊さんは、
「もとみんなのいるところにきませんか。お話をしませんか」
 と誘いました。でもうさぎさんはますます悲しそうに泣くのです。
「私、人に姿なんて見せられないわ。目が取れてしまたの」
 見ると、うさぎさんの両目があるはずの場所には何もなく、ただ綺麗に切りそろえられた毛がぺしんこになているだけなのでした。
「でもね、お嬢さん。あなたはそのままでも十分美しいですよ」
 と兵隊さんが言うと、うさぎさんはますますめそめそと泣き出しました。
「そんなことないわ。私、目がないから、お姉さんにも嫌われてしまたのよ。誰にも会いたくないわ」
 うさぎさんはめそめそしくしく泣いているのですが、目がないので涙も出てこないのです。兵隊さんはうさぎさんがとてもかわいそうになて、うさぎさんのなくなた両目を探しに行こうと決意しました。
 深夜、おうちの人たちが寝静またころ、兵隊さんは押入れからそと抜け出します。押入れの仲間たちみんなが見送りに来てくれます。これまでの兵隊さんの冒険は、昼間にやんちな男の子と一緒にしているものでしたが、今夜からは一人で、真暗の中を冒険するのです。まだ見ぬうさぎさんの両目をさがしに。
 兵隊さんは、暗闇の中、やんちな男の子が脱ぎ捨てた洋服や、片付けそびれた新しいおもち箱、積み木のお城を飛び越えて、うさぎさんの目を探しに行きました。部屋には色んなものが落ちていて、探すのも一苦労です。やとのことで見つけた、茶色いボタンのようなものを、兵隊さんは持て帰てきました。
「綺麗な茶色くて丸い目ですよ」
 と兵隊さんが言うと、うさぎさんは泣き出しました。
「茶色なら、私の目じないわ。私の目は、赤色なのよ」
 とうさぎさんは言うのです。兵隊さんは次の日から赤色の目を探しましたが、一向に見つかりません。
 ある日、兵隊さんは、おしまなお姉さんが最近夢中だという、新しいぬいぐるみのうさぎさんを見かけました。新しくぴかぴかふわふわで、真白な毛並みのうさぎさんでした。そして、まるでルビーのように綺麗な赤い目をしていました。新しいうさぎさんは確かにかわいらしくて美しかたけど、兵隊さんは、押入れのうさぎさんは、もともとかわいらしくて、守てあげたいなあと思うのでした。
 その日、偶然にも、兵隊さんは、うさぎさんの目にぴたりな、ま黒でまあるい目を二つ、見つけました。兵隊さんは一目で、これはうさぎさんの両目だなあと思いました。だて、兵隊さんは毎日、うさぎさんとお話をして、うさぎさんの両目を探しに行ているのです。だから、これがこの世で一番うさぎさんの目にぴたりな目だと、一目でわかるのです。でも兵隊さんは、押入れに帰ても、それをうさぎさんに渡せずにいました。だて、うさぎさんは、自分の目は真赤だと思ているのです。その方がかわいらしくて、赤色の目だたら、またお姉さんに気に入てもらえると思ているのです。
 だから兵隊さんは、黒い目をポケトに入れたまま、毎晩同じようにうさぎさんの両目を探しにいくふりを続けました。兵隊さんを期待して見送てくれるうさぎさんがかわいそうでかわいかたからです。
 そんなある日、兵隊さんは真昼間に大怪我をしてしまいました。久しぶりにやんちな男の子が押入れから兵隊さんを引張り出して、乱暴な扱いをしたために、足が片方もげてしまたのです。ものもちのいいおじいさんの宝物を壊したらお母さんに怒られるからと、やんちな男の子は兵隊さんを直そうともせずに、押入れの奥深くに隠しました。兵隊さんは自分ひとりでは動けなくなてしまたので、必死に助けを呼びました。一番最初に気付いたのは、いつも押し入れの一番隅こにいたうさぎさんでした。
「兵隊さん、ブリキの兵隊さん、どうしたの」
「ああ、うさぎのお嬢さん。昼間に足がもげてしまて、一人では歩けなくなてしまたのです。今日は、あなたの両目を探しに行くことができません」
「なんてことなの! 可愛そうな兵隊さん!」
 足がなくなてしまたのに、痛いのを我慢して、自分の両目の心配をしてくれる兵隊さんの言葉を聞いて、うさぎさんは胸が痛くなりました。
「せめて、もげた足が見つかたら、自分で足を治せるのですが……
「わたし、兵隊さんの足を捜しに行きたいわ。でも、目がないから何も見えないの」
 うさぎさんは、兵隊さんの力になれない自分が情けなくて、しくしくと泣き出しました。すると、兵隊さんがポケトから何かを取り出しました。
「あなたの探していた赤い目ではありませんが……
 それは、ブリキの兵隊さんがずとポケトに持ていた、黒い両目でした。うさぎさんは、差し出された黒い両目を受け取て、自分の目にしました。
 うさぎさんは、ずいぶん前に目が取れてしまてから、ずと、暗闇の中にいました。兵隊さんから受け取た黒い目をつけた瞬間、とてもたくさんのものが見えました。優しくしてくれたブリキの兵隊さんは、足がなくなてとても苦しそうな顔をしていました。
「私、あなたの足を探してくるわ」
 そう言うと、うさぎさんはぴんぴんぴんぴん、押入れから飛び出しました。押入れの仲間たちみんなが見送てくれました。
 押入れの外は、うさぎさんが目をなくす前の世界よりも少しだけ散らかていましたが、うさぎさんがおしまなおねえさんのお気に入りだた頃のままでした。やんちな男の子が脱ぎ捨てた洋服と、新しいおもち箱と、積み木のお城をぴんぴん飛び越えて、うさぎさんはブリキの兵隊さんの足を探しに行きました。ずいぶん前に、やんちな男の子に乱暴されて目が取れてしまた場所を通たときは、怖い記憶がよみがえて足がすくみました。赤い目の新しいうさぎさんを見かけたときは、悲しくなりました。それでもうさぎさんは、ぴんぴんぴんぴんぴん、兵隊さんの足を探しに行きます。本棚の後ろへ、おもち箱の陰へ、ミニテーブルの下へ、一晩中探し続けて、ついにうさぎさんは、ブリキの兵隊さんの足を見つけました。うさぎさんは一目でそれが、兵隊さんの足だとわかりました。だてうさぎさんは、毎日兵隊さんをお話していて、その兵隊さんを助けるために押入れを飛び出したのだから。
 ブリキの足は重かたけれど、うさぎさんは一生懸命押入れまで運びました。
「ありがとう」
 と、ブリキの兵隊さんは言いました。それから、
「ごめんなさい」
 とも言いました。
「僕は、あなたの探していた赤い目を見つけられなかたのに、あなたに足を探させてしまいました」
 と言て、兵隊さんはうなだれました。うさぎさんはぶんぶんと首を横に振りました。
「私、この目があて、良かたわ。だて、あなたの足を探しにいけたもの。ありがとう」
 その言葉を聞いて、兵隊さんはとても嬉しかたのですが、なんだか急に、恥ずかしい気持ちになて、何も言えず、うさぎさんの手をきと握りました。
 うさぎさんも、とてもとても嬉しくなて、嬉しくなたのですが、何故だか涙がぽろぽろと流れてきて止まらなくなりました。
 涙がいぱい出たので、うさぎさんの黒い目は、ほんのちとだけ赤くなたのですが、それはうさぎさんとみつめ合ている兵隊さんにしかわかりませんでした。そして、兵隊さんは、黒い目もかわいいけれど、ほんのちとだけ赤くなた目も、とてもかわいいなあと思たのでした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない