てきすとぽいトップページへ
第57回 てきすとぽい杯
 1 «〔 作品2 〕» 3  13 
孤独な旅人
 投稿時刻 : 2020.06.13 23:21
 字数 : 1658
5
投票しない
孤独な旅人
犬子蓮木


 ずと昔の小説(テキストデータ)を読んでいる。
 僕の家は川辺にぽつんとあて、窓からいつも川が見える。だから僕は、汚れた椅子に座て、窓の向こうの川を見ながら頭の中の電子データを再生して本を読んでいる。
 少年が、夏休みに、はじめてひとりでバスというものに乗て、ささやかな旅に出るお話だた。
 バスというのは遠くへ連れて行てくれる大きな箱のようなものらしい。もう今の世界には走ていないだろう。人間はほとんどいなくなてしまたし、ロボトは自らの車輪で走た方がはやい。
 本を読み進めていく。
 少年が乗たバスには、すでに大勢の人が乗ていた。
 働きに行く人、学校へ部活動へ行く人、遊びに行く人。
 少年はそんな大勢の人の間を縫て奥へ進み、椅子は空いてなかたので棒に捕まて立て窓の外を眺めていた。がたごとと揺れる。景色が流れる。山道をカーブすると壁が奇妙にうねて見える。
 川沿いの道。
 きらきら川が輝いて見えた。
 らしい。
 僕が家から見る川とそれは同じだろうか。
 僕が見る川は残念ながら輝いてはいない。とても汚れてしまて、昔、人間がいた頃みたいにきれいではないはずだ。僕はそのきれいな頃の川も記録された映像も見たことはないけれど、残されたテキストデータから推測するとそうなているはずだ。
 どうして人間は世界をこんなに壊してしまてからこの星を去たのだろう。
 どうして人間はテキストデータしか残さなかたのだろう。
 昔は映像というものがあた。
 らしい。
 今は世界が壊れた以後に新しく僕らが記録したものしか存在しない。それはいずれ壊れて土に埋もれた僕らを誰かが発掘して解析しない限り見られることのないプライベートなものだ。ただ、僕らが動くために必要だから記録されている副産物に過ぎない。
 人間がなにを思て僕らにこのような世界を残したのかはわからないけれど、残された僕らは残されたものを読み思いを馳せるしかない。
 少年がバスのアナウンスに耳をすませてドキドキしている。降りる場所を間違わないようにひとつ前の場所から注意している。バスが止まて、人が降りたり乗たりして、そうして少年が降りる停留所のアナウンスが流れる。
 少年がボタンに手を伸ばそうとしたところで、ブザーが響く。別の誰かがボタンを押したのだ。
 がかりする少年。
 それでも降りるためにお金の準備をしなければいけない。
 お財布を出して、前の方に進んでいく。
 バスが止まる。
 小銭を箱に入れる。
 ベルトコンベアみたいなものに運ばれていく。
 少年がバスのステプから地面に飛び降りた。
 今まで揺れていたバスから降りたので、バランスを崩して転びそうになてしまう。
 他の人の邪魔にならないようにと横に避けたけど、他に降りる人はいなかた。バスの扉が音をたてながら閉まて、バスがブロロロと出発する。
 たくさんの人が、運ばれていく。
 少年は、ここにひとりだけ。
 今まであんなにたくさんの人がいたのに、急に静かになた。少年がリクの肩紐をぎと握る。心細くなたのだ。なんどか来たことがある。そのときは両親と一緒だた。ここからの道もわかる。祖父母の家までそんなに遠くはない。
 なんだけど。
 バスはもう最後の目的地まで一緒に行てはくれない。
 僕は、ひとりで、最後の目的まで行かなくてはならない。
 窓の外を見る。
 もう夕方だ。
 川が、夕日で赤くなている。
 川は、相変わらず流れている。
 人間に命令されたわけではないから、川は人間がいなくなても流れ続ける。
 頭の中の本を閉じた。
 僕は椅子から立ち上がる。狭いスペースを横にずれて、たくさん並んだ椅子の通路を出口の方へ進んでいく。折りたたみの扉を開けて、段々を降りて、外に出た。
 河原は、草が茂ている。
 僕の済んでいる家も、草に包まれている。すごい汚れていて、たくさんある窓もひび割れてたりする。
 僕は家の一番大きな窓を見た。
 その上には文字が書いてある。前の方は壊れていてよく見えない。
『==行き』
 僕は、目的地にたどり着けるのだろうか。
 それがどこなのかもわからないけれど。                   <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない