てきすとぽいトップページへ
第58回 てきすとぽい杯〈夏の特別編・前編〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  12 
俺達は何度でも転生する
 投稿時刻 : 2020.08.09 02:12 最終更新 : 2020.08.09 02:18
 字数 : 2500
5
投票しない
更新履歴
- 2020.08.09 02:18:15
- 2020.08.09 02:12:17
俺達は何度でも転生する
アコース@投稿用


 それは今から300年も前の出来事だた。当時の俺は、女で、辺鄙な農村に生まれ、貧しいながらも日々に楽しみを見出し、いずれは同村の誰かに嫁して、畑と家を守り一生を終えるものと思ていた。
 魔王復活の報が、この田舎村にも届いてはいたが、まるで遠い世界の話だ――あの日、王宮からの使者が四頭立て馬車で俺を連れ去るまでは。
「王立占星院による卦にて、貴女様が当世唯一の勇者であると判りました」
 野良着の自分と、使者の豪奢な衣服との、恐ろしいまでの格差に言葉も発せずにいた俺に、使者は淡々と告げた。
「世界の存亡が、貴女様の肩にかかております」
 口数少ないのが作法なのか、勇者についても、占星についても、「詳しい話は王都に着いてから」としか答えてくれなかたが、子供の頃に読み聞かせられた歴代勇者の物語を思い返し、ワクワクを募らせながら、俺は馬車に揺られた。
(えもしかして私、女勇者!? 女で勇者て、史上初なんじないの?)
 ……この後、王都で何が待ち構えているかも知らずに。


 王立占星院の長として紹介されたのは、意外にもまだ若い男だた。この歳で大賢者の称号を持ち、魔王討伐隊にも同行するという。縁のないメガネをかけた眼の奥が、俺の姿を見るなり、あからさまに曇た。
「せかく来てもらたのですが」
 王や大臣らに促され、彼はその理由を語り始めた。
「勇者は、男しかなれません」
「え?」
「男しかなれません、だから君はなれません」
……いやそう言われましても。世界、滅ぶんでし?」
「ええ。お互い残り少ない人生ですが、せめて充実した余生を――
「いや待て待て。何か、方法とかないんですか?」
…………。男装してみる、とか」
 学識のある人も、こんな時に冗談を言たりするんだなあ、などと変な感心をしているうちに、あれよという間に支度が整えられ、メイド達が寄てたかて俺を「男装」させてしまた。
「いやさすが、王宮の皆サマは、冗談ヒトツ言うにも本気度が違……
 あはは、と言いかけて、メガネ賢者の有無を言わせぬ眼差しと目が合た。慌てて目を背けても、もう遅い。
「よくお似合いです、勇者殿」


 そんなこんなで魔王城に辿り着いてみれば、グロテスクに飾られた玉座に身をもたれていたのは、人間にして齢67歳ほどの幼女だた。ただしその頭部には奇怪にねじ曲がた角が一対生えていて、物憂げな瞳は金色に明滅し、もちろんただの幼女であるわけがない。
「ぬしが勇者か」
 悠然というよりは、むしろぐたりと、玉座にもたれかかた幼女は言た。
「そうだ。お前が魔王で間違いないな?」
「いかにも。ぬしは、余を封じ込めに参たのじな」
「わかているのなら話が早い。世界に平和を取り戻すため、覚悟しろ、魔王!」
……うむ、疾くやてくれ」
…………は?」
 幼女魔王は億劫そうに身じろぎし、あくまで物憂げに言た。
「今さら世界征服など、面倒でのう。正直、200年くらい眠ていたいんじ
 正直、脱力もいいところだが、こちらから断る理由もない。
 その後の駆け引きで、200年を300年に延ばしてもらい、俺達は何というか円満に、魔王封印の儀式を行た。


 直接対決がなかたとはいえ、国に戻ればやはり俺達は、魔王を封じた英雄となた。凱旋パレードが幾日も続き、王宮と神殿に接待攻めにされながら、魔王のいない平穏を束の間満喫した。
 前々世や前々々世に、自分が同じく勇者であたことを思い出したのは、この頃のことだ。だが、それだけだた。魔王の脅威は去たのだから、今さら大昔の記憶が役立つこともない。それはむしろ喜ばしいことに思えた。


 その後の顛末は、今思い出しても理不尽という以外にない。勇者の役目は終わたのだし、落ち着いたら男装を解いて、人並みに暮らせるものとばかり思ていた。
「なりません」
 またしてもメガネ賢者だた。
「星の配置が変わてしまいますから」
「は、どういうこと?」
「勇者は勇者のまま、この地に留まり続けてもらわねば、また別の魔王が出現してしまうのです」
「あのー、ダメ元で確認なんですけどー、必要な時だけ男装するてわけには」
「いきません」
 食い気味に断じた賢者の言葉が、前世の俺のその後の一生を決定した。


 今だから言う、この無愛想で何かと屁理屈なメガネ賢者のことが、俺はちぴり好きだた(あくまで昔の話である。当時の俺は心の芯まで女だたのだ、そこは誤解しないでほしい、くれぐれも!)。
 もちろん、告白だの交際だのができるはずもない。何しろ相手は、片時も男装を解くなと俺に指導するような、生粋の占星学ヲタクで、一方の俺はといえば、これがようやく初恋という有様の、まだほんの10代の少女だたのだ。
 20代を過ぎ、30代を迎えても、勇者としての俺の立場は変わることなく、俺は生真面目に男装を続けたまま、高齢処女になり、老齢処女となた。
 代わりに、ということなのか、俺には男装の並ならぬ才があたらしい。生涯ただの一度も女とバレることなく、むしろ女性には大層モテた。女に生まれたのが残念になるほど、モテまくた。
 実を言えばこれは魔王討伐隊の頃からで、同行した女魔導士(ツンデレ・スレンダー、見方を変えれば貧○)と、女神官(清楚で慎ましやかだが脱いだら凄そう)、帰国後には王女(ちぴりお転婆ハコ入り娘)までもが加わて、四角関係に発展したほどだ。
 喜ぶべきか悲しむべきか、しかし深い仲になるわけにもいかず、やんわり躱し続けているうちに、やがて三人とも別の伴侶を見つけ、俺の元を去ていた。
 実際、当時の俺は世界を見渡しても、最も女性に惚れられ、最も女性に去られた女、だたろうと思う。
 晩年になてもそれは変わらず、数多の女性に寄られ、去られながら、虚しさと孤独を胸に、長い生涯を閉じた。


 これが前世の俺の、聞くも涙、語るも涙の一生だ。
 死の間際、俺は、神に強く強く祈た。どうか来世は、来世こそは、男に生まれさせてくれ、と。勇者をまたやらされてもいい、今度こそ魔王と対決させられてもいいから、次こそは、何があても、絶対に、男! 男だ! 男にならせてくれ!


                       ――続く
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない