てきすとぽいトップページへ
第13回 文藝マガジン文戯杯「結晶」
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  13 
ルールブレイカー
 投稿時刻 : 2020.11.13 05:55
 字数 : 1131
〔集計対象外〕
5
投票しない
ルールブレイカー
higuchinomama


俺はルールブレイカー
主に認められた存在。
主からの教えからも解き離れている。
俺の心には主が閉じ込められている結晶がある。
これがあるから、俺は主の代行者であり、あらゆるルールを破壊できるルールブレイカーだ。
学校でも先生に指示されたことを無視しても、主の代行者だからセカイの真理に沿ていれば、なんでも許される。
国語の夏休みに課題図書が与えられて、感想文を書くことになた。
ただ、俺には難しすぎる「吾輩は猫である」だた。
俺は山岸巳代蔵しか読めない。
彼は主の偉大なるしもべだ。
夏目漱石は自身のこころの探求するが、主のしもべではない。
ストレイシープなどとのたまわているが、主の教えに反して、現代セカイを生きている。
そんな奴の書いた本など俺は読まない。
相田みつをは主の教えを理解している。
そして、夏休みが終わり、宿題を提出した。
校内で当然、一番になると思ていた。
放課後、校長室に呼ばれた。
職員室ではない。
俺は、わざわざ校長が自ら表彰してくれると思た。
校長室のドアを叩き、校長室へ入た。
そこには校長と担任と見慣れない白衣を来た女性がいた。
校長は俺をソフに座るようにうながした。
なぜか白衣の女性がテーブルの上にICレコーダーを置いた。
校長が口を開いた。
「ま、昔から課題図書を選ばず、好きな作家の本の感想文を書く子はいるんだけどね。そこはあまり気にしていない。ただね、読んだ本がね」
「校長なんでですか?ヤマギシ会は主によて救われた人たちの組織です。山岸巳代蔵は立派な人間です」
「うん、そうかもしれないね。ただ、私たちには君のことがわからなくなてね」
担任もうなずいた。
白衣を来た女性が口を開いた。
「反抗期だからしかたがないところもあるのはわかているのですけど、ちと考え方がね。私がカウンセリングをすることになるから」
俺は言た。
「あなたは主の代行者である、私をどうする気なんですか?カウンセリングてなんですか?」
三人は困たようにうなた。
女性が。
「そういうところがちとね。保護者の方には、もう連絡していて、とりあえず私の病院に一月ほど入院してもらいます。そうそう、病院でルールを守らないと、あなたはもうおうちに戻れないかもしれないわよ」
「なに、俺はルールブレイカーだ、病院のルールもやぶてやる」
女性は校長にささやいた。
俺には聞こえた。
「ちと、ルールを守れない子は病院でも扱いかねますが」
「でも、私どもでは限界ですので」
「なら、本当に三重のヤマギシ会に入れますか?」
「それは勘弁してください」
「冗談ですよ」
たく大人はわかていない。
ルールブレイカーがセカイを変えるのだ。
俺のこころの結晶が光たのを感じた。
セカイを変える瞬間が来たのだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない