てきすとぽいトップページへ
第13回 文藝マガジン文戯杯「結晶」
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  13 
偽ダイヤ
 投稿時刻 : 2020.11.12 17:05
 字数 : 783
〔集計対象外〕
5
投票しない
偽ダイヤ
higuchinomama


俺は、ある宝石商を紹介された。
ホテルのラウンジでその宝石商と商談をした。
宝石商はテーブルの上にハリバートンのアタケースを開いて、宝石を並べていた。
俺は、伊達にブローカーをやていない。
ひと目で人造ダイヤとわかるものばかりだた。
あきれかえて言た。
「あんたさ、たしかに人造ダイヤも工業用に使えるけど、値段はつかないぜ」
すると宝石商は言た。
「あらら。よくわかりましたね。私は宝石なんて結晶に価値を見出していませんから。だから、こんなあこぎな商売をやれるんですよ」
俺はおもしろい男だと思た。
「ま、俺もダイヤなんて価値を見出していない。産業用には役に立たない。これがゴールドなら産業用に使える」
「私も自分の資産では一切、宝石はありません。ゴールド、銀、プラチナはオルタナテブ資産としてもています」
「ま、それが普通だよな。宝飾用ダイヤなんて趣味が悪い。資産としては価値がない」
「そのとおりですね、旦那」
「ところでなんで、そんなものを俺に見せてきた?」
「いえ、人造ダイヤを見抜け方とビジネスはできませんから、失礼ながら私からのテストでした」
「あんたも悪い奴だな」
「ま、世の中には宝飾用としてもカスみたいなダイヤに価値を見出すバカもいますから」
「言えてるな。そういうのにはどうする?」
「カスしかわからない方とは取引をしません」
男はそう言うと、テーブルの下から、新しいアタケースを出してきた。
人造ダイヤのあたアタケースを閉じて、下に置き、新しいアタケースを開いた。
今度は見事なものだた。
たしかに宝飾用としても値段がついて当然の石で、加工も見事なものだた。
「旦那なら、これ以上の説明は不要ですな」
「アタケースまるごとでいくらだ?アタケースごと買うよ。俺なら全部さばける。もちろん、手元になんておかないがな。売り抜けるだけだ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない