てきすとぽいトップページへ
第13回 文藝マガジン文戯杯「結晶」
 1 «〔 作品2 〕» 3 
壊れた結晶
 投稿時刻 : 2020.10.10 06:10
 字数 : 805
5
投票しない
壊れた結晶
higuchinomama


 彼女の結晶が壊れたの、彼女が主催している同人誌に樋口幸人なる人物が十一作品も投稿したからだた。
 
 彼女は文戯と言う同人誌を主催していた。
 彼女にとては心の結晶だた。
 正体は隠していた。
 これが結晶がひびが入りはじめた原因でもあた。
 そんな人物に節度を持て接するまともな人間はいない。
 だから、つけこまれた。
 もともと、文戯に事件を持ち込んだ人物とも現実では会たことがない。
 本名、性別すら知らなかた。

 結晶が壊れはじめたのは文戯のコンペに匿名掲示板の文芸技巧の争いを持ち込んだことだた。
 いや、文芸技巧の争いと言うより男どもの陰部の見せあいだ。
 そもそも、彼女は乗り気ではなかた。
 ただ、コンペの投稿数も減ており、売れていない同人誌の売上があがる期待もあた。
 コンペが盛り上がるだろうと妥協した。
 ここが彼女のスケベ心だた。
 ラブホテルで男女二人になて、下着姿でベドで入るけど、この姿だけを見せて、なにもさせないでお小遣いだけもらたので終わりと言うような感覚だた。
 当然だが、そんな世の中はあまくはない。
 拒めば逆に乱暴されるだけだ。
 それをどこかに訴えようにも、既にお小遣いはもらている。
 彼女は未成年ではなかた。
 訴えたところで誰も耳を貸さない。
 それを理解できなかた彼女がバカだた。

 さて、樋口は十一作も投稿してきた。
 投稿される度にきびしい感想を書いた。
 しかし、もう下着は脱がされていた。
 それで抵抗するのは無駄だた。
 彼女ができるのは男の陰部を口で噛み切ることしかできなかた。
 彼女はそれをしたのだ。
 
 もともと男を並べて、陰部を品定めするようなことをしていた。
 そこで自分の好みの陰部だけにしたのだ。
 他の男性の陰部ははさみで切り取た。

 文戯はたしかに続いた。
 ただ、男どもの程度の女かはわかてしまた。
 彼女の陰部を開いても、男は相手にしなくなた。
 社会の底辺たちの上に乗るようなた。

 そして彼女の結晶は砕け散た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない