てきすとぽいトップページへ
第13回 文藝マガジン文戯杯「結晶」
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  13 
私を閉じ込めないで
 投稿時刻 : 2020.10.23 12:48 最終更新 : 2020.11.08 04:24
 字数 : 1045
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2020.11.08 04:24:25
- 2020.10.23 12:48:04
私を閉じ込めないで
kuroneko2020


 私はある国の姫だた。
 王国で宗教改革が行われた時、魔術師に結晶の中に閉じ込められた。
 宗教改革の象徴として、革命記念館に置かれて、観衆に見られている。
 観衆は王政を懐かしむ。
 革命政権に不満を持ている民も多い。
 私がここから出られても、王政を復活する気はない。
 ただ、民を大事にする国にしたい。
 人々は今では革命政権の圧政に苦しんでいる。
 最初の頃は宗教指導者の言葉に民は酔ていた。
 しかし、宗教指導者は宗教的な言葉でむちくちなこと言うようになていた。
 しまいには神の代弁者だからと言て、民の生活が苦しくなるほどの税金を徴収し、豪華な生活をしていた。
 そんな指導者は既に民には見捨てられていた。
 しかし、指導者には武力がある。
 民は従うしかなかた。

 そんな国だから、周辺国との紛争も絶えなかた。
 いつも、どこかの国と火花をちらしていた。
 そして、その兵士として招集されるのは、民。
 特に農民だた。
 そのため、国に食料は常に不足しており、民はおなかを空かせていた。
 逆にそのために反抗する力も出てこなかた。
 そんな国だから侵略してくる国もある。
 街にはそんな国のスパイが跋扈していた。
 しかし、指導者は反権力組織を徹底的に弾圧する。
 民同士も疑心暗鬼になていた。
 もう、国はほろびかけていた。
 
 何度かそんな国を救済しようと周辺国が攻め込んできたこともあた。
 しかし、宗教指導者はだてに宗教指導者ではなく、魔術師でもあた。
 地域では最強の魔術師だた。
 どの国もいいところまで攻め込んでも、宗教指導者を倒すことができなかた。

 実は私も魔法使いだた。
 宗教指導者と魔術戦闘をして敗れて、結晶に閉じ込められた。
 私を閉じ込めないで。
 ここから出して、彼を倒すのは私。

 宗教指導者も百歳を超えるとその魔術力は衰えてきた。
 魔法陣などでなんとか防衛していた。
 そんな時、あなたは現れた。
 どこか違う大陸から流れてきた、あなた。
 この国に来たのも、旅路の途中に休みを取るためだた。
 私に会たのも、食事に出たついでの腹ごなしに革命記念館に入た。
 ただ、あなたには私の声が届いた。
 いままで誰にも届かなかた声が。
 そして、彼は私を閉じ込めていた結晶をいくつか言葉を唱える魔法だけで私を解放してくれた。

 彼は、力のある魔術師だた。
 宗教指導者のかてよりも魔術力があたかもしれない。

 私が解放されたことを知た民は私のもとに集た。
 そして、あなたと私で宗教指導者を倒した。
 国に平和が戻てきた。
 しかし、あなたは私と一晩をともにしてから、国を去ていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない