てきすとぽいトップページへ
第13回 文藝マガジン文戯杯「結晶」
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  13 
アメリカの魂
 投稿時刻 : 2020.11.08 13:16
 字数 : 843
〔集計対象外〕
5
投票しない
アメリカの魂
kuroneko2020


アメリカの魂が壊れたのは2022年。
中国共産党による台湾支配を許した時だた。
バイデン政権は中国から有利な貿易条件を得るために民主主義を捨てた。
アメリカも両海岸と内陸部との分断がひどくなり、もう両海岸を横断するドライブは不可能になた。
両海岸の住人を内陸部の住人は認めなくなていた。
トランプ前大統領はすでに不動産デベロパーのビジネスに戻り、本業に腰を据えて、コロナ禍も落ち着き、安定した経営をしていた。
共和党からトランプ氏へ工作してもらうためにいろいろな声がかかたが、トランプ氏は俺はビジネスをやるだけと言い、相手にしなかた。
日本も尖閣諸島、大和堆がめちくちなことになた。
時の河野首相は習近平へ様々な工作をしたが、なにしろアメリカが親中路線になたのだから、どうにもならない。
中国支配下の北朝鮮と日本は国交がなくなり拉致被害者の救助は絶望的になた。
沖縄の米軍・海兵隊は動くどころか本国へ引き上げはじめた。
さらに中間選挙では中道左派ですらない、親中左派が大勝利した。
それだけですめばよかたのだが、バイデンが中国を許容したことでGAFAが中国で自由な事業をできるようになり、さらに勢いを増した。
中国の一帯一路の域内ではGAFAの支配が及んだ。
アメリカの持ていた民主主義が死んだ。
アメリカの心の結晶が壊れた。
バイデンは81歳になていたが、2期目を狙いはじめた。
バイデンは悪い人間ではなかた。
ただ、79歳まで大統領選に出なかたように意志の弱い、無能な男だた。
そんな男にアメリカを任せれば民主党の奥の院がどうにでもコントロールできる。
EUはそんなアメリカを見捨てた。
当然、EUはアメリカの象徴であるGAFAのEU域内での活動を一切禁止した。
それに対してバイデンは様々な手で報復した。
EUのインタートはアメリカを迂回して通信するようになたのが一例だ。
バイデンは世界の団結を結ぶはずが世界を分断させた。
世界の良心の結晶も壊れた。
混乱する地球。
主は地球を見捨てられた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない