てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
 投稿時刻 : 2020.10.16 21:33 最終更新 : 2020.10.17 15:15
 字数 : 7421
5
投票しない


作品を表示
コメント
2020.11.16 00:04
(無記名)
メロドラマとしては悪くない。主人公が男性のはずだけど、女性が書いた感が拭えずと言うより女性視点。さらに視点が男子高校生みたいで大人の男性の視点ではない。

2020.11.16 15:35
(無記名)
結晶と言うお題に対して、愛の結晶をモチーフにした事は短絡的であると思う人がいるかもしれないが、慣れない環境の中で精神状態が不安定になっていく姿を支えることができずに大切な物を失ってしまうと言う話はやっぱり短絡的なものであるのかもしれない。
それでも心が疲弊している理由や状態はきちんと書かれており、それは評価されるべきことだと思う。
個人的には彼女自身を暗示する球を失ってしまう部分は二人の未来を表していて好きである。

プロフィール画像
無記名コメント への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
メロドラマという認識は特に無く、ただただ残念な大人になり切れない(←高校生みたいじゃ幼すぎ?)男とのままごとみたいな結婚生活の破綻の話、の設定でした。視点が定まっていない、というか作者の性別が作中に前に出すぎちゃったのでしょうか。色々反省点ありますよね。感想有難うございました。

プロフィール画像
無記名コメント への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
実は、もともとの予定の作品内の「キラキラした玉」と、話題の中に「赤ちゃん」が出て来たので、お題の「結晶」を結び付けて無理やり仕上げたというのが真相です。(「愛の結晶」なんて言葉、ベタすぎて 書くのも気恥ずかしいですね。)ラストを好きでいてくださって嬉しいです。感想有難うございます。

2020.11.17 16:11
(無記名)
 まず、文章が明瞭で読み易く、そこに好感を持った。
 物語を伝える為には文章に特別な何かはいらない、とでも主張しているかのような潔さがあり、そしてそれは成功している。
 若い夫婦の「ままごと」のような新婚生活。どこにでもあるような普通の日常に少しずつ不穏の影を落としていく。
 そのきっかけとなるような「装置」の描写を少し弱く感じました。また、柚子の狂わせ方にブレーキを踏んでいるようにも思えました。その部分が非常に惜しい。日常と狂気の振り幅が小さいのでどこかぼやけた感じになってしまっている。ただストーリー自体は大変面白く拝読いたしました。
 個人的には高評価です。質の良い短編でした。お疲れ様です。

プロフィール画像
無記名コメント への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
細かく読み込んで頂いて感謝です。実は改変前、柚子は玉子をいくつも投げていました。緩くしたのバレましたね、するどい(汗)。「装置」、頂いた問題点、今後の課題に致します。有難うございます。

プロフィール画像
2020.11.18 22:58
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
まー旦那が怒ってる風な段階でわかってましたが、普通に読めるのてよかったと思います。

プロフィール画像
2020.11.20 20:25
浅黄幻影 @asagi_genei
パートナーの無理しているところを額面で評価してしまって事態が悪化するのは、ありますね。私も経験がありますが、大抵、我慢している方が面倒なところまでいってしまって……。周りで気づいてあげないと、ですね。

誤字等なく、丁寧に書かれているなと思いました。読みやすかったです。

2020.11.20 22:58
(無記名)
ひやといさん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
読んで頂いて有難うございます。ダンナ。怒れる立場じゃないんですけどね(笑)

2020.11.20 23:08
(無記名)
浅黄幻影さん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
周りがきづいてあげないと……ホント、そうですよね。 
どんなに推敲を重ねても 次々気になる言い回しやら誤字やら出てきますね。
読みやすくて良かったです。有難うございます。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
男の馬鹿さ加減が見事に描かれていて、とても胸が痛かったです笑
取り返しがつかなくなった情況でもなお、夫は恋人だった頃の郷愁に浸るだけで結婚の本質が見えていない。「ほんとの柚子」ではなく「ほんとの夫婦」を探すべきでした。
冒頭の「女っていいよな」に象徴されているように、夫は最初から男の世界と女の世界、自分と柚子の関係を別の世界に分けて考えています。結婚して二人の世界を見つけなければいけないのに、夫は自分を変えずに、恋人気分のまま結婚の覚悟ができていませんでした。
自分の離婚経験と重なって、思わず読みながら反省してしまいました笑
これだけ心に残る作品です。自分にとって特別な作品になりました。素晴らしかったです。
(川辺夕)

コメント前に
する
ネタバレを含む