てきすとぽいトップページへ
第62回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
うつるんです。
風原凛
 投稿時刻 : 2021.04.17 23:59
 字数 : 996
5
投票しない
うつるんです。
風原凛


 この日記を最後まで読んではならない。なぜならこれはとある奇病の感染者が書いていて、最後の方まで読むと、読んだ人も目から感染する恐れがあるからだ。それを注意書きした上で、私は思い出せる限りの感染の経緯を、なるだけ詳しく綴ていこうと思う。

 事の発端は1年前に遡る。私はいわゆるオタクで、仕事とゲーム中以外はしう動画投稿サイトやSNSを見て過ごしていた。ある日、サイトに変わた動画が投稿された。もちろん私も見ていたが、特に変わた所は無かた。いや、中身は確かに変だけど、変わたキラクターが出てくる動画も、機械音声に歌わせる動画も、探せばいくらでもある。だから妙に癖になる歌だたけど、あまり気にはならなかた。今思えば、もと注意しておくべきだた。そのうちに忘れてしまた。
 それから少しして、その動画にハマる人がちとずつ現れた。後追いの動画も出てきた。SNSでもたまに話題になているようなので、私も久しぶりに動画を見た。時間を置いても変なのは相変わらずだたけど、気づけば私もハマりつつあた。動画は短いので終わる度にもう1回、もう1回と何度も繰り返し再生するようになた。
 半年後。最初の動画は大きなブームになていた。フンは雪だるま式に増え、後追いの動画は毎日のように作られた。私も毎日、じくりも何回も見ないと仕事にならない……むしろ、仕事中もその歌が頭の中をずとぐるぐる回ている。それぐらい完全に、ハマてしまた。と、ここで奇妙な噂が流れた。なんでもこの動画にどぷりハマてしまた者は、出てくるキラクターと同じ姿になてしまうとか。もちろん根も葉もない噂だと、誰も信じなかた。
 そこからさらに時間がたた。ブームはピークにたした。動画はランキング上位をせけんし、まいにちたくさんの動画が作られた。私も毎日みていた。だんだんむずかしいことが考えられなくなた。ニスではじくねんそうを中心に、たくさんの人がとつぜん行方知らずになたとやていた。代わりにくだものが落ちていたという。動画のキラクターはくだものによく似た見た目だた。気づいた時にはもうおそかた。んご。

、くそ、じかんぎれだ。んご。
これをよんだ、ひと、はやく、にげろ。んご。なにも、みるな、なにも、きくな。んごごー
んごー。んごごー、ごー

 ……日記はそこでとぎれている。んごー
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない