てきすとぽいトップページへ
第65回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8 
大きな地震のあった日の話
 投稿時刻 : 2021.10.16 23:57
 字数 : 1152
〔集計対象外〕
5
投票しない
大きな地震のあった日の話
すずはら なずな


大きなおなかを抱えて 年末の引越しは大変だた。

第一子誕生とその成長ぶりなど色々な思い出の詰また2DKのハイツだたけれど、次の子の産まれる前に もう少し広いところに引越したいと言い出したのは私だた。

た以上に段ボールに詰める荷物は多く、思た以上にダンナは手伝わず、もうすぐ9月にもなる突き出たお腹をさすり腰をさすりながらも 準備を進めた。

越しは12月25日。クリスマス。何故その日になたのかは覚えていない、不動産屋と引越し屋の都合だたかもしれない。

正月は段ボールの片付いた新居ですきりした顔で迎えたい。
26日からは荷物を出し、所定の場所に入れ、段ボールをたたんで とりあえずは目につかないところに片付けていた。食器棚には食器が、箪笥には衣類、押し入れには布団。長女のおもちは散らかてもすぐに片づけられるように、収納を考えた。

無事 正月を迎えたのは 良かた。それは本当に良かたのだ。


忘れもしない1月17日。
どおんと突き上げるような揺れの後、ゆさゆさと横揺れ。
それは体験したことのないような 地震だた。TVでは延々火災の模様が映し出されている。

狭い家ながら「自分の部屋」もできたんだし、外国映画の子供みたいに 親の寝室と別に「自分のベド」で寝かせたいなんて思ていた矢先だたが、子供は子供でまだまだ親と一緒に寝たがている。
越し後は毎日母娘バトルで、あちで寝なさい、まだ寝ないもん、この本読みおわたら 自分のベドで寝てよね、(寝たふりして後で起き出してドラマが観たいというのもあた。大人が寝るには早い時間だ)、とか言いながら結局自分も朝まで寝ちたりする。


話を17日の朝の、それこそ危機一髪な話に戻す。
そんなわけもあり、その日も相変わらずのバトルとオトナの目論見とをよそに、眠気に負けた妊婦と子供は、一つのふとんで ひついて寝ていたのだ。
だけど、それが良かたのかもしれない。

色んなものが倒れる音がした。硝子の割れる音もした。真暗の中で吊り下げた電気の紐が大きく揺れ続けた。箪笥の上のものが勢いよく飛んで、落ちて来た。咄嗟にお腹と子供を抱え込んで布団をかぶた。少したてようやく落ち着いて、スリパを探して おそるおそる階下に降りる。
食器棚崩壊。ダイニングテーブルに引掛かて倒れきてはいないものの、ガラス戸が開いたまま割れて、中の食器は粉々に散乱。つい数日前に全部段ボールから出して、拭いて、並べたやつだ。
再び 欠片に姿を変えてまた 段ボールへと還る 食器たち。

子供が、お腹が、そして出張先から戻り、かなりの距離を徒歩で帰たダンナも無事で良かた。
子供と別々に寝てなくて良かた、と「子供部屋」の飾り棚から落ちたものや、ずれて動いたチストを眺めて思たのだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない