てきすとぽいトップページへ
推敲バトル The First <前編>
〔 作品1 〕» 2  5 
男・倫太郎、義理堅く
 投稿時刻 : 2013.06.08 23:30
 字数 : 1724
5
投票しない
男・倫太郎、義理堅く
しゃん@にゃん革


 ひやとい倫太郎がそのことに気づいたのは、スーパーから帰て来た時のことだた。
 エコバグに詰め込んだ、大量のハムや食パンや20個入りの餃子パクをキチンのテーブルに並べている途中で、コンセントをどうしようと思たのだ。

 4月最初のその日、スーパーでは3万円以上の買い物をした客へのサービスに福引き抽選会を行ていた。
 日頃は野菜や大豆パクを買う程度の倫太郎だたが、生まれてはじめてカートを転がしながら、二月分の食料と雑貨品を買い込んだ。
 福引き抽選会の一等賞は、木星旅行だ。民間人の宇宙旅行がニスになる昨今でも、さすがに木星はない。実現すれば、きと北海道の星と呼ばれることだろう。倫太郎はスーパーの入り口で手にした買い物カゴを戻し、カートの取手をきと握り締めた。

 そして1時間以上もかけて買い物をし、レジで30,546円の会計を済ませると、駐車場に設置されたブースに駆け込んだ。
 ブースには、「日頃の感謝を込めて! エイプリルフール大福引き抽選会」という垂れ幕がかかている。
 にこやかな笑顔の店員に引換券を渡し、倫太郎はガラガラを勢いよく回した。
 ぽろりと出てきた玉は、まばゆい金色だ。ユーコという名札の店員が、オーバーな動作でハンドベルを鳴らす。まるで50メートル先のライバル店に聞かせているような、派手で盛大な音だた。

 ところが、である。
 店員にあおられて万歳三唱をし、意気揚々と自宅に戻てきたのはいいが、切実な問題が一つある。
 冷蔵庫だ。
 店員の ユーコは、「詳細は後日パンフレトを送るので、楽しみにしてて下さい」と、何故か舌を出しながら言ていたが、いずれにせよ木星である。
 伊豆の温泉へ行くのとは訳がちがうし、二日や三日の留守ではすまないにちがいない。
 買い物でぎうぎうになた庫内を眺めながら、倫太郎は腕を組み、思案した。
 この冷蔵庫は、20年間休みまずに働いている。寝てもいない。金本や衣笠なんて屁でもないくらいの鉄人だ。
 けれども、木星旅行へ出かけるには、コンセントを抜き、連続稼働時間をストプさせねばならない。
 <そんなことが、俺にできるのか?>
  冷蔵庫のドアを開け放たままの倫太郎の目には、うすらと涙が滲んでいた。
 <今まで俺の食生活を力強く支えててくれた冷蔵庫、その彼を俺は裏切ろうとしているのか?>
 店員のユーコは 、「旅行は招待ですけど、NASAでのトレーニ ング代として50万円が必要です」と丁寧に説明してくれた。
 50万円は当然振り込むつもりだた。そんなものは惜しくない。
  が、本当にそれでいいのか、という疑問がとめどなくあふれ出してくる。
 <俺は大事な何かを失おうとしているのではないか? こいつも一緒に木星に行けたらいいのに>
 思わず、倫太郎はごつごつとした冷蔵庫に両手を回し、抱きしめた。
 <20年連れ添たお前を置いていけるものか。ましてや、コンセントを抜いて仮死状態にするなんて>
 そう決めた時、倫太郎の脳裏に耳慣れない声が届いた。
 <倫太郎くん、ありがとう。でも、そんなにがかりしないで。木星は水素でできているんだ。僕の冷却媒体と同じだよ>
 水素? お前は小さな木星みたいなものなのか?
 疑問を口に出してみると、冷蔵庫のモーターが唸た。まるで、イエスと返事をしているように。
 <そうだよ。つまり、僕のドアを開けるということは、木星の地底探検をしているということさ>
 その話を聞くと、倫太郎は冷蔵庫に鋭い視線を送た。何故か両方の目に怒りが浮かんでいる。
 <お・ま・え、なあ。何故今日までそれを黙ていた。この間、箱のお題で冷蔵庫を出してしまたじないか。木星と同じなら、お前、箱じなかたんだな!>
 倫太郎は憤怒の表情で、冷蔵庫を蹴飛ばした。
 車が正面衝突したような、重く鈍い音がする。ミルコも真青のハイキクだ。
 <いてて、あれてタパーが箱だたんじ・・・・>
 そこで頭の中の声が途切れた。
 後で気付いたことだが、蹴飛ばした時の衝撃なのだろう、背面のコンセントが抜けていた。
 3万円の買い物は、大半が無駄になていた。

 ああ、神様。頼むから、ジクだと言てくれ。
 日の暮れた部屋で一人つぶやく、4月1日の出来事だた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない