てきすとぽいトップページへ
推敲バトル The First <前編>
 1  2 «〔 作品3 〕» 4 
シェネイ
 投稿時刻 : 2013.06.21 17:57
 字数 : 2392
5
投票しない
シェネイ
豆ヒヨコ


 その冷蔵庫は縦に長いライトブルーの卵型で、棚や仕切りの類はいさい入れられていなかた。ぽかんとくり抜かれた空間に、シネイは膝を抱え、綺麗に折りたたまれて収納されていた。
「ええと… 電源を入れる」
 誰もいないワンルームマンシンで、冷蔵庫の側面に取りつけられた銀色のマイクに向かい、僕はそうつぶやいた。うんともすんとも言わない。「電源オン」とか「スイチオン」などと言葉を変えても、白く色づいた冷気がさわさわと流れ出るばかりで、やはりシネイは動かなかた。
「なんだよ、不良品か? 」
 ため息をついて諦めかけたとき、冷蔵庫のモーターがブンと大きく響いた。はと驚いてシネイを見ると、白金色のまつげを震わせながら、そと目を開けたところだた。澄んだ湖にも似た青い瞳で、ぼんやりとこちらを見つめる。ブロンドの前髪が額に落ちかかり、シネイはそれをうとおしそうに指で払た。
「こんにちわ、私はシネイNO.2985よ。よろしくね」
 けだるくかすれた声で彼女はマニアルを棒読みし、淡く微笑んだ。すと立ち上がると思いのほか背が低く、160cm弱というところだ。すきりしたスラヴ系の顔立ちは、確かに注文通りだた。
「ここはどこ? 」
 僕は取り落とした説明書を拾い、その裏面に書かれた世界地図を見せる。
「日本で、首都の東京だよ」
「わあお、ずいぶん遠くにきたわね」
 彼女の眼に光が宿た。しみひとつない陶器のような肌に、汗とは違う、細かい結露が勢いよく湧いた。真白なワンピースに、するすると滴り落ちて円をつくる。
「暑くないの? 」
 言てから、僕は寒くないか聞くべきだたかと後悔した。
「そうね、暑いかしら。でも、もう少ししたら慣れると思うわ」
 確かにこの部屋は暑い。西向きで夕日がアホほど差す上、高層ビルに挟まれて風通しが最悪だからだ。湿気も多くて不快ときてる。本当はシネイなんか置く場所もないくらい、物にあふれて小さな部屋なのだ。でも、つい買てしまたのだた。深夜のテレビシピングで、不覚にも心を動かされて。

 予備バテリーのオプシンをつけなかたので、激しい運動をした場合、シネイは速やかに経口で栄養(正しくはバイオエネルギー)を摂らなければならなかた。冷蔵庫 ―彼女が入ていたのではなく僕が日ごろ使ている方― に残ていたモヤシとシメジで、簡単に豚肉炒めを作る。
「おいしいわ。しぱいような、何か不思議な味ね」
 初体験のしう油味がお気に召したらしい。
「それは何? 」
 僕は白飯に生卵をかけて食べていた。大したもんじないよと答えて丼からかきこむ。「なんだかドロドロして不気味。すべてがいろいろ面白いわ。エキゾチク」
 シネイは、素裸にタオルケトを一枚だけ巻きつけて座ていた。長い金髪はざくりと上げて、僕のボールペンを刺して留めている。そうしていると彼女は幼く見えた。終えた行為はまるで逆なのに、女から少女に変貌した感じがした。
 僕は質問してみたくなる。
「どうしてこの仕事をしてるの」
 冷凍されて命を一時的に止められて、超高速で世界中に運ばれて、ひたすら体を売る商売。いくばくかの給金に引き換える、負担の大きい過酷な労働。早死にの可能性も否定できないと、大々的に報道されているのを観た覚えがあた。
 シネイは、深く悩むふうでもなく首を傾げた。
「理由は特にないわ。成り行きよ。私は贅沢が好きだから、これくらいの苦労は大したことないの」
 来週ドバイに遊びに行くんだ、初めての中東よと嬉しそうに笑う。
「どうしてあなたは私を呼んだの」
 思い出したように彼女は聞いた。ペトボトルの蓋を、僕は手のひらでクルクルといじり回した。
「わからない。ただ会てみたかたから。もしかしたら、僕も元気になれるかもと思たから」
 まるで子供みたいだと恥ずかしくなた。けれどそれは嘘のない気持ちだた。テレビの画面で彼女を初めて見たとき、感じたのは紛れもない希望だた。法外な、貯金を使い果たすレベルの利用金額も吹き飛ぶくらいの、立派な一目ぼれだたのだ。
「元気になれた? 」
 シネイの声はやさしい。太くはないけれど慈悲深く、あたたかみに満ちている。
「わからない。少なくとも今は」
僕は答えた。

 部屋に入ると、恐ろしく冷たい空気が皮膚を刺した。スーツの上着を脱ぎ洗濯機の上にたたんで置いてから、僕はリビングのドアを開けた。
 卵型の冷蔵庫からは夥しい冷風が吹きつけ、その前でシネイは、体育座りのように体を縮めて寝転がていた。彼女はすでに呼吸をしていなかた。頬の赤みは消え、まぶたは閉じきらず薄く白目をむいていた。そと腕に触れると、昨日の柔らかな弾力は失せて、ソーダアイスのように固く凍りついている。出社前に仕掛けておいた冷凍作業がうまくいたことに、僕はひとまず安堵した。凍たシネイを送付さえすれば、あとは週末にでも、運搬業者に冷蔵庫自体の引き渡しをするだけだ。
 やさしく、やさしく、シネイを押し込む。乱暴にして骨ごと砕けてはいけないと、できるだけ丁寧に扱う。
 「転送」
 銀色のマイクは、今日は一発で僕の意図を読み取た。ひときわ大きな音をたてて、冷蔵庫のフンが回り始める。霜が降た金色の髪が、ドアを閉めたあとも僕の手のひらに2、3本残た。
 ふと一枚のメモが目に入た。冷蔵庫のドア上部に、マグネトでぺたりと貼られている。僕のボールペンで書かれた、くせのある筆跡の走り書きだた。
「次はアジアンの子がおすすめよ。私でもいいわ、NO.2985で発注して シネイ」
 僕は思わず笑う。商魂たくましい。あの生命力はなんだろう。
 何度か読み返してから、メモを破て細かくし、まとめてゴミ箱へ放た。部屋はすでに湿度と温度を取り戻し、いつもの不快な空間へと戻ていた。
 軽く汗をかいた額を拭い、僕はシワーを浴びたいと思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない