てきすとぽいトップページへ
第6回 てきすとぽい杯〈途中非公開〉
〔 作品1 〕» 2  13 
よるごはん
茶屋
 投稿時刻 : 2013.06.15 23:02
 字数 : 1493
5
投票しない
よるごはん
茶屋


 応子は不本意ながら夜ご飯を作る。
 今日はそもそも外食の予定だたのだ。それが仕事が遅くなり、帰てきた頃にはだいぶ遅くなていた。それなりの店はもう閉店時間で、開いているのは居酒屋か外食チン店ぐらいだた。テンプレートなものを食べたくなかたし、居酒屋の雰囲気も今日の気分には合わなかたので、結局自炊することにした。
 ご飯は冷凍したものを使う。
 レンジがチンして、解凍だ。
 使ているいささか古いレンジは熱の供給がいささか均等ではなく、冷たい部分とパサパサになた部分が混在する。そのせいか解凍ご飯はなるべく避けるようにしているのだが、やはりご飯を炊く時はなるべく一気にやたほうが効率が良いし、大量に炊いたご飯はやぱり余てしまうので冷凍してしまう。するとやはり定期的に解凍ご飯を処理しなければいけなくなる。
 応子は思う。
 これは効率を追い求める現代社会の負の側面なのだ。
 反抗してやろう。
 もうこんなことはやめてやろう。
 革命だ。
 なんてことが冗談めかして頭によぎることもあるのだけれど、結局は面倒さには立ち向かえず、日常の忙しさによる忘却にもかき消されてしまう。もとより本気ではないし、実行に移そうだなんて決意したことは一度もない。
 せめて、食感をどうにかしようとチハン、というかケチプライス、をつくろうと企み冷蔵庫の中でケチプを漁る。
 ない。
 いや、ないわけじない。
 けれどもしばらく使ていなかたケチプはだいぶ小さくしぼんでぺたんこ。さらにキプの隙間から固またケチプがコンニチハしている。
 いや、昼なんでこんばんわすよと頭のなかで突込みながらケチプをゴミ箱へぶん投げる。
 ごんとゴミ箱には命中したものの、ゴミで入り口を塞がれた箱はガタンと倒れ丸またテが転がた。
 応子は舌打ちをして、ゴミ箱を片付ける。
 ゴミ箱の中身を捨てようと思て三日目。明日だ。明日こそは捨ててやる。
 応子は機能と同じ決意をした後、顎に手を当て考える。
 ケチプはない。
 ケチプを使た以外のチハンの作り方は知らない。
 いや、醤油とか胡椒を混ぜればいいのだろうが、絶対に失敗する。ケチプほどの味の安全性を確保する自信はない。
 では、どうする。
 確か納豆があたはずだと冷蔵庫の中を再び漁てみる。
 一人暮らしの応子の冷蔵庫の中には大した食材は入ていないのだが、酒類が多いし、今も応子は多量の酒を摂取している。
 発泡酒二缶に日本酒一杯にウイスキーをロクで少々。
 それでやや酩酊しているものだから、納豆もなかなか見つけれられない。
 やとの思いで納豆を見つけ、手にとて冷蔵庫を閉めて彼女は思うのだ。
 あ、別に納豆食いたい気分じね-や。
 そと納豆を目指して考える。
 もう、カプラーメンでいいや。
 確か、買い置きがあたはずと思いながら、電気ケトルに湯を入れて、カプラーメンを探す。
 後は簡単。中身を出して、お湯を入れて、三分待つだけ。
 ちく
 たく
 ちく
 たく
 緩やかに時は流れる。
 緩やかに流れてほしくない時だけに。
 ちく
 たく
 ちく
 たく
 三分経て蓋を開けた時、ふと気づく。
 かやく入れ忘れたよ、おい。
 しかたがないのでかやく後入れだ。
 時折口に入る具材はとても硬くて、何だかまずい。まずいけれども仕方がない。もう取り返しがつかないことなんだ。後悔はもう遅い。もうやり直しが効かない。もう二度と訪れない過去。
 応子はラーメンを食べ終え、満腹になりながらも、何だか泣きたくなてきた。
 どうして?
 どうして?
 どうしてこんなことになてしまたの?
 
 彼女の目の前には、ラプに包まれたごはん。
 さき暖めた冷凍ご飯があた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない