てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
眩暈の果てに
 投稿時刻 : 2013.06.15 23:42
 字数 : 1503
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2013.06.16 16:54
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
 小説というよりも詩に感じました。ストーリーというより文章そのもの、叙述そのものの流れを楽しませていただきました。「自由な精神の方向性に従」い主観から脱出した主人公が、血液を流しながら彷徨って、現実が「甚大なる虚飾」だと悟ってゆく物語だと解釈しました。読者それぞれで大きく解釈に違いが出るでしょうね、文字でしか表現できないだろう作品は、純粋に憧れます。

プロフィール画像
2013.06.22 22:18
茶屋 @chayakyu
デカダンスと悪漢小説の雰囲気が入り混じったような味わい。

プロフィール画像
内容はすんなり理解できないものがあるけど、純文学的な試みが面白いかもー。
眩暈というだけあって、アシッドぽさもあるようなー。
制限時間内にこんなの書けるのは、工藤ワサラーくんくらいでそー。
あえて明言するけど、最高得点つけるー。

コメント前に
する
ネタバレを含む