てきすとぽいトップページへ
てきすと怪
〔 作品1 〕» 2  8 
坂道
茶屋
 投稿時刻 : 2013.08.14 21:25
 字数 : 1644
5
投票しない
坂道
茶屋


「あれて一体何だたんでしうね」
 そう語る澤田さんは、いつもよりもくたびれた様子でつまみを箸で弄んでいた。
「今でも時々夢で見るんですよね。あれ」

 澤田さんが通ていた高校は町から外れた場所にあり、裏手には山があたそうである。
 高校自体、山の途中に立てられたような立地で、高校へと続く一本の坂道があたそうだ。
 澤田さんは剣道部に所属していて、その高校の中では実力の高い運動部の一角ということもあて、毎日遅くまで練習をさせられていたそうだ。
 その日も彼女は遅くまで練習をしていて、帰る頃には辺りはすかり闇に包まれていたという。
 その高校の前の坂道では、自転車に乗て走行することが禁じられていた。
 急な坂道である。
 登校時の登り坂は自転車で登ろうとする無謀な生徒などいなかたし、帰りの下りは急な坂道でスピードが出すぎ危険であるという理由で禁じられていたらしい。
 いつになく疲れていた彼女は自転車を押して坂道を下るのが億劫になたのだという。
 今日ぐらい、いいよね。
 活動を終えたのは剣道部が最後だた様子で、人影は殆ど無い。部活の仲間たちより一足早く出れば、バレることもないだろうと踏んだ。
 坂道を勢い良く下て行くと、風が勢い良く当たて気持ちがいい。部活で火照た体には、とても心地が良かた。
 シ
 勢い良くタイヤの回転する音が、風の音だけが耳に響いてくる。
 いつもは音楽プレーヤーで音楽を聞いているから、久々の自然の音もなぜだか新鮮だた。
 坂道はいくつかのカーブがあり、林の間から先の道が見える場所があた。
 ちうどそんな場所に澤田さんは差し掛かた。
 誰かいる。
 彼女は知ている人である可能性も考え、バレるのを恐れ、自転車を降りたという。
 ブレーキ音は聞こえたかもしれないが、そこまで咎める者はいないだろう。
 そう思いながら自転車を引く。
 先程まで爽快だただけに、急な坂道を自転車にブレーキをかけながら下ていくのはどうにも億劫である。
 しかも一向に先を歩いていた筈に人間には追いつかない。
 見間違いだたのかもしれない。
 そう思て、澤田さんは自転車に再び乗たのだそうだ。
 なぜだか、先程までの爽快感は感じられなかた。
 カーブを曲がた時、人がいたのだという。
 自転車を降りようかとも思たが、もう遅いような気がした。
 どうせ顔なんて見えないだろうから……
 澤田さんはそう思て、その人の脇を通り抜けることにした。
 それでもやはり罪悪感というか背徳感から、その人が知り合いかどうか確かめずにいられなかたから。
 血の気が引いた。
 長い髪の女だた。
 けれど、女には顔がなかた。
 肌色ののぺらぼうではない。真赤だたのだ。
 鉋かヤスリで荒ぽく削られたかのようにただれた肌。目も鼻も口もぐしぐしになて判別のつかないような顔だ。
 止まてはいけない。
 澤田さんはスピードを上げて、一気に坂道を駆け下た。
 けれどあまりにスピードを出しすぎて、途中で転んでしまい、大事には至らなかたが、手を骨折して大会には出られなかたのだそうだ。
 その後友人にその話をすると、澤田さんは過去に坂道で起こた事件のことを聞かされたという。
 自転車で坂道を駆け降りていた生徒が女子生徒にぶつかた事故があたのだそうだ。
 運の悪いことに女子生徒は自転車と生徒に覆い被されるような形になり、数メートル斜面を滑るような形になたのだそうだ。
 そして、更に運の悪いことに地面に顔が押し付けられるような形で滑たため、女子生徒の顔は修復不可能なほどにぐちぐちになり、それを苦にして女子生徒は死んだという。
 友人はその幽霊が出たのだろうと、震えながら言たという。

「でも、違うような気がするんですよね」
 澤田さんは二杯目に芋焼酎を頼んでいた。
「多分あれは別のもののような気がするんですよ。あれ」
 彼女はぼんやりと物思いに耽るように言た。
「だて、あれ、制服なんて来てなかたし、多分、その女子生徒も私の見た「あれ」に呼ばれてしまたんじないでしうか」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない