てきすとぽいトップページへ
てきすと怪
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  8 
かいだん
めぐる
 投稿時刻 : 2013.09.04 05:52
 字数 : 1146
5
投票しない
かいだん
めぐる


私の家の近くには小さな神社があります。
石の階段みつほどの少しだけ高い所に建てられたもので、縁日などの祭りも催されずそこにあるな、くらいのこじんまりとした神社です。

最近、犬の散歩でよく寄ります。
そこでなんとなく手を合わせて、今日はちといいことがあただとか、なんだか調子が悪いだとか誰にでもなく報告をしたりして。たまーに小銭を持てお賽銭を入れてみたりもします。
何度かそういうことを繰り返していくうちに、ワンコもそのコースを覚えたのか自然と石の階段を上るようになりました。
時々境内にネコがいる時なんかは必死に追いかけようとしますが、リードを引張ると案外素直に諦めてくれます。

八月も終わりに近づいてセミの鳴き声が大分落ち着いてきてある日の夕方のことです。
その日もいつものように、神社を通るルートで散歩を始めました。
ワンコはスンスンと地面の匂いを嗅ぎながら、生温かいアスフルトの上を尻尾を揺らして歩きます。

神社が近づくと、ワンコがわざとらしく無視するように神社の向こうの道へ行こうとするのです。
なんだよド忘れでもしたのかと石の階段を一段上たときです。

その先へ行きたがらないのです。
ネコを追いかけるのが好きなこいつでも時々強そうなヤツに出くわすと、こうして進むのをしぶる時があります。
今日はそいつが境内にいるのかと思い軽く境内を見渡しましたが視界にネコはいません。

どこからか匂いがするのかもしれませんが、人間の嗅覚ではもちろん分かりません。
姿も見えないのに変なこともあるもんだと、いつも通りに手を合わせて「ワンコが今日も元気です」とつぶやきました。

この後はどのルートで歩こうか考えつつ鳥居をくぐてから、石の階段にさしかかた時です。

後ろからドン!と押されるような力を感じ、私は派手に転げ落ちてしまいました。
幸いリードは手放さず、ワンコは近くにいるようです。
起き上がて周りを見渡しましたが、人はもちろんネコもいません。

久しぶりにつくた擦り傷がヒリヒリ痛み、足もくじいてしまたのかジンジンと痛みます。
どうにも怖くなてしまて、まだ物足りなさそうなワンコを引て家へ戻りました。

そんなことがあて神社を避けて散歩をする日が続き、気候も大分涼しくなてきました。

今日はやけにワンコがぐいぐい進むなと思たら、あの神社へ向かているようなのです。
またあんなことがあるんじないかとリードを引張りますが、違う道へ行こうとしても首をしめられながら必死に神社を目指そうとしています。

往路こそあの時のように何事もなく階段をみつのぼり、「嫌な予感しかしません」と鈴を鳴らしてから手を合わせます。
鳥居の先はどうなるでしうか。ワンコは私の顔を見上げては、出口の階段へ向かて私を引張ります。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない