てきすとぽいトップページへ
てきすと怪
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  8 
すすられる
 投稿時刻 : 2013.09.07 00:59 最終更新 : 2013.09.09 15:36
 字数 : 2780
5
投票しない
更新履歴
- 2013.09.09 15:36:09
- 2013.09.09 15:31:59
- 2013.09.09 15:13:24
- 2013.09.08 22:53:33
- 2013.09.08 04:50:35
- 2013.09.08 04:39:15
- 2013.09.07 01:21:21
- 2013.09.07 01:16:53
- 2013.09.07 00:59:48
- 2013.09.07 00:59:23
すすられる
豆ヒヨコ


「そういうわけで今申し上げましたように私共『生血会』は同士を募集しているのでございます如何でしうご参加頂けませんでしうか」
 おばちんは、真青なアイラインに縁どられた目で俺を見た。参たなと頭をかく。彼女と待ち合わせしてるだけなんだよ俺。
「なあ、宗教とかに興味ないんだよ、ほか当たたほうがいいよ」
「違います私共は宗教団体ではございません只あなたのメンターであるからして今後幾たびも出会うことが決まておりそれならば単純に出会うだけでなく『生血会』の同好の志としてお迎えすることが相応しいと考えられるわけでありますご一考をどうかご一考を」
 ぐるぐるの大仏パーマは枯葉がからまり、唇は乾ききて塗られたルーがひび割れている。これ以上ないほど充血した眼球は、狂おしく俺の視線をとらえつづける。怖い。苦し紛れに携帯電話を開いた。A子からメールが四通も届いていた、しつこい女だ。面倒くさい。
 苛立て目を泳がせると、橋のたもとで彼女が手を振ているのに気付いた。
「連れが来たから俺行くぜ、悪いけど……
 ほとして振り返たが、そこには誰もいなかた。『生血会』とだけ書かれた、ま黄色の名刺が手に残された。



 ヴルを上げると、彼女は恥ずかしげに微笑んでいた。たくさんのフラに囲まれキスをする。
「素晴らしいですね素晴らしいですね本当に愛です今こそ『生血会』に入ていただきたいのです幸せは倍増悲しみ半分もちろん出世間違いなし良いことしか起きません選ぶなら今1・2・3さあスタート『生血会』」
 驚いて見下ろすと、あのおばちんがブライズメイドを勤めていた。度肝を抜かれる。
「な、何してんだアンタ」
「だから申し上げたではありませんか私とあなたは幾度となく出会うのです定められた運命なのです添い遂げるとも言えます恰(あたか)も結婚です」
 おばちんは力いぱい薄布を握りしめ、鼻をつけて臭いをかいだ。長く真赤な爪が繊細な生地にめりこんだ。周囲を見回したが、これぞ幸せとばかりにシターを切るばかりで誰も気づいていない。取り乱すまいと深呼吸をし、俺は彼女に耳打ちをした。
「ちと、あの、ヴルのすそ持てる人誰」
 俺をいぶかしげに眺め、彼女は後方をちらりと見た。ああと嘆息し、にこり笑う。
「古い知り合い」
 大学時代の連れが集団で駆け寄り、俺と彼女を取り囲んだ。はいピースと煽られひきつた笑顔をつくり、振り返るとおばちんの姿はない。ほとして見回したとたん、無表情に佇むA子の姿が目に入た。



 緑色の紙はえらく薄くて頼りなかた。俺の判子で儀式は完了し、彼女はひたくるようにボストンバグをかついで出ていた。
「離婚ですか離婚ですか悲しいですか死にたいですか不倫とはまた豪儀な相手の女はどうしました逃亡ですか子供の親権も逃しましたか何時のまにやら孤独ですね思てもみなかた不幸いよいよ人生詰んできましたか」
「いたい何のためにやてくるんだ、俺の人生の節目節目に」
 もう驚く気も失せていた。俺はダイニングテーブルに突伏し、おばちんは隣の和室でちんと正座していた。
「目的というより運命なのです私共はあなたとともに生きあなたとともに苦しみ最後の栄光を味わいます栄光とは」
「どうでもいいよ」
 実にどうでもいい。息子は俺に「二度と会いたくない」と吐き捨てた。そこまで言われるほどひどい父親ではなかたはずだ、彼女が悪い噂を吹き込んだに違いない。それに……A子まで俺を捨てるなんて。
「大丈夫です大丈夫です例えあなたが死んだとしても栄光は約束されます死ぬなら『生血会』に所属してからになさい未来が拓けます新しい世界で生きられます騙そうとしているわけではないんです絶対に正しい正しいそのほうが正しいのです」
 やみくもに引越しされた後の空部屋は虚しい。尻の毛まで抜かれ、家財道具はほとんど残ていない。



「ご臨終です」
 どうやら俺は死んだらしい。大して良いこともない人生だた。げそり横たわる俺を見つめる。最後は誰も看取らず、か。
「ああ『生血会』に所属せずして亡くなてしまいました何度もお勧めいたしましたのに絶命なんて悲しい大変申し訳ございませんが今後は自己責任ということでお願いいたします本来ならば契約書にサインの上蘇りをお約束いたしますんですが時すでに遅しというわけでございまして何卒ご了承くださいませ非常に残念でございますね」
 蘇り? 俺は鼻で笑た。そんなもの今更欲しがるか。
「俺はかまわないよ、こうやて空も飛べるし。今の状態でふらふらやていきたいね」
 おばちんは静かに首を振た。勾玉みたいなネクレスがざわざわ揺れた。
「あなた様はヒルに食べられ不具の心でやていかねばなりません」
 はと傍らの遺体を見やる。どす黒くぬめぬめとした生き物が、俺の全身をくいつくすように這ている。と同時に、クリアだた意識が引張られるごとく混濁し始めた。襲てきたのは、俺と関わり去た奴らの恨み・つらみ・嫉みだた。
 「パパは僕が嫌いなんだ」「あの人は私を愛していない」「もしかして体だけが目当てなの?」「ただ僕の店をぶんどることが目的なのか、いやそんなはずはない…でも…」「看護師にセクハラなんて人として最低だわ」「本当はこんな患者見たくないんだが仕方ないな」「彼がいなければ何もかもうまくいくに違いないのに」「いつだて殺せる」「奴を愛しているものなんて居ないんだ、死んだところで誰も困らない」「死ね」「死ね」「死ね」「死ね」「死ね」「死ね」
 トラウマとフラクが容赦なく襲い、俺はのたうち回た。それらは他人の感情としてでなく、<俺自身>の激情として再現された。憎しみとはかように苦しい所業なのか。おばちんが意識に割り込む。脳天を割られるような痛みが走る。
「ねえ申し上げたでしう『生血会』に所属していれば血を吸う側に回れましたしかしもう遅いこれからは継ぎはぎの他人の闇の中で生きていかなければならないそれがあなたの生血であり存在理由だから生身の人間と違い闇のつくる血というものは限りがありません大動脈はいくらでも血液を運びヒルはいつまでもへばりつき吸い続ける永久運動ですお気の毒さようなら二度と会うこともありません長いことお世話になりました御機嫌ようさようならさようならさようなら」
 声も出ない。もう俺の意識はわずかしか残ていない……と思いきや、そのわずかばかりの意識が決して消えていかない。地獄だ。気絶もできないまま業火に焼かれ続ける煉獄だ。すでに視界は閉ざされ、責苦だけが身に迫た。耐えられない。俺が創りだし世に放てやたケダモノたちが、餌にしようと俺に群がるなんて。
 嫌だ、嫌だ助けてくれ、頼む『生血会』に入れてくれ! 入れてくれ! 入れてくれ入れてくれ入れ
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない