てきすとぽいトップページへ
てきすと怪
 1 «〔 作品2 〕» 3  8 
世界遺産シリーズ3 深夜のブレーキ音
 投稿時刻 : 2013.09.03 00:20 最終更新 : 2013.09.03 00:54
 字数 : 1645
5
投票しない
更新履歴
- 2013.09.03 00:54:28
- 2013.09.03 00:45:47
- 2013.09.03 00:20:53
世界遺産シリーズ3 深夜のブレーキ音
しゃん@にゃん革


 みなさんがもし、軽トラクの運転手だとします。
 ある日、お客さんから空の木箱を渡されたら、どう思います?
 正確には中身が空であることは確認できません。
 けれども、手に持てばそらくらいは分かります。
 箱は片手で持てるサイズ、それ以上の重みはどこにもない。
 いくら振ても音だてしないのだから、きとネジ一本も入ていないのでしう。
 
 私の助手席には、そんな得体の知れない積荷が無造作に置かれています。
 後ろの貨物庫に入れてもいいんですが、なんせ箱が軽すぎるもので。
 いやね、本当、骨みたいに軽いんですよ、これ。
 ちとした衝撃で穴が開きそうなんで、目の届く場所に置いているんですけどね。
 私もこの商売は長いですけど、ここまで薄気味悪い荷物ははじめてですわ。
 え、どこが薄気味悪いのかて?
 これ、どこへ運ぶと思います?
 墓地ですよ、墓地。
 私、今、街灯もろくにない半ば農道みたいな暗い道を、軽トラクのヘドライトを頼りに走ているんですよ。

 まあ、軽トラ稼業ですから、深夜にお呼びがかかることだて珍しくありません。
 世の中不景気だと言いますが、なかなかどうして。
 町工場が作た部品をもと大きな工場へ届けたり。
 どんな使い道があるのか、ダンボール箱いぱいの書類を情報処理センターとやらに運んだり。
 この仕事をしていると、日本が24時間動きつづけているのが、はきりと分かります。
 正月がない人だて大勢いるんですから。
 みなさん、いささか働きすぎかもしれないですね。 

 だからね、少々おかしな人がいたて、不思議でもないのでしう。
 それでもね、今夜の客はまともじないですよ。
 わざわざ高い金を払て、役に立ちそうにもない木箱を墓地に運べだなんて。
 いかにも訳ありて雰囲気じないですか。

 は? 
 その客、どんな相手なのかて?
 まあ、これだけが役得て奴ですかね。
 若い女なんですよ、これが。
 ただね、その女に呼び出されるの、今夜で5回目なんですけどね。
 実は、私、一度も荷物を最後まで届けたことがないんですよ。

 まあ、セキリテもない林の裏の古アパートに、女が一人で住んでいるのも奇妙な話ではありますが。
 そんなことは、どうだていいんです。
 毎度毎度、深夜の12時に呼ばれて、青白い顔で「これ、お願いします」とぽそりと言われるのも、どうでもいいんです。
 ただね、この木の箱。
 こいつだけは、どうにかならないですかね。
 墓地に近づくと、いつの間にか消えているんですわ。
 おかげで、受領印をもらい損ねているんですよ。

 ああ、怖い怖い。
 こちは仕事しているのに受領印もないんじ、お金を払てもらえないし、本部にだて叱られますよ。
 かりにガソリン代も出なかたりしたら、背筋がぞとするじないですか。

 それにしても、あのアパート。
 階段がさび付いて、いかにも年季が入た趣ですが。
 あんなの昔からあたかな。
 気のせいか、あの若い女、数週間前にはねた通行人にちと似ているんですよねえ。
 一体私が運んでいるもの、何なのでしう。
 
   ◆             ◆

 壁にかかた時計の針が12時を回り、あたしは溜め息をついた。
 あの運転手がついに来なくなてしまたのだ。
 あたしは、運転手に木の箱を運ばせていた。
 けれども、あれは本当は木の箱じない。
 あれは、今はなくなてしまたあたしの肉体の一部。
 
 あたしには、そうすることしかできなかた。
 死後の世界は満更でもないけど、不自由な縛りも多い。
 あたしはただ、あの稼ぎの少ない運転手に仕事を与えたかただけなのに。

 死んでよかた、とあたしは思う。
 生の世界なんて、亡霊の住処みたいなもの。
 もう見ず知らずの男の部屋に泊まりこみ、侮蔑が混ざ た目で見下されることもない。
 それなのに、あの運転手は来なくなてしまた。
 あたしは彼をここへ呼び、恩返ししようと思う。
 きと、そのほうが幸せだよね。
 何故なら、彼が死んでも悲しむ人などいないのだから。
 
 彼の車のバンパーには触媒が残ている。
 あたしの血。
 ルームミラーからうかがう彼の顔は、今日もこの世に絶望しているみたい。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない