てきすとぽいトップページへ
第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  29  30 «〔 作品31 〕» 32  38 
ポンプ
 投稿時刻 : 2013.08.18 14:05
 字数 : 1000
5
投票しない
ポンプ
松浦(入滅)


 夏祭り。
 境内に屋台が集まり、騒がしくなる頃。
 決まて俺は、腹に耐えがたい不快感を覚える。
 ああ、あいつらだ。あの眷属だ。
 さびの浮いたような色の頭髪。しげるの出来損ないかと思うような日焼けした肌。
 ヤンキーだ。
 アメリカ人という意味ではなくて。できの悪い日本人の方。
 彼らとすれ違うたびに、腹部でヤツが動くのだ。俺の気持ちに応えるように。
 ひ、というゲスな笑い声が聞こえる。また今日もひとり、千代田区の愛好家が渋谷区の愛好家によてたかて『親愛の情』を示されるのだ。

 高校1年の夏だた。
 まだ、俺は俺だけの存在で。腹にヤツはいなかた。
 夏祭りに行くまでは。
 俺はありがた迷惑な親愛の情をかけられて、祭りの中にいた。本当は家でじとしていたかた。だが、あいつらには『はけ口』が必要だた。取り巻きのために、最下層を用意しておかなければならないのだ。
「じあ、罰ゲームな」
 俺が「そろそろ帰る」というと、あいつはそう切り出した。
「何がいいと思う?」
 原作ジイアンをさらに悪化させたようなのが、取り巻きに振る。
「そうすね
 いくつか案が出された。どうでもいいような案だ。すべて却下される。
 予定調和だ。最初から、決定権はあいつにしかないのだから。
「そうだ露木、これ飲めよ」
 さも今思いついたかのように、さきすくた金魚を掲げ、あいつはいう。
 なんといて拒否したのかは覚えていない。たぶん、「あー」とか「うー」とか。きとそんなんだ。
「聞こえねーなー
「だから……。淡水魚は危ない……
「聞いたか? 今、露木先生がなんか教えてくれちたぞ」
 取り巻きが一斉に笑いだす。
「ぐだぐだ言てねで、早くしろよ?」
 俺の眼前に、ポリ袋に入た金魚がいた。
 赤く。ぬめとした鱗まではきりと見えた。
「そら。露木が人間ポンプやるぞー!」
 取り巻きが騒ぎ出す。
 そして俺は、腹に金魚を飼うことになた。

「きみ。今日は暑いね」
 俺は渋谷区代表の、しげるもどきの肩を叩く。
「あ? なんだよおさん」
 かつての俺ならひるんだだろう。だけど、今は違う。
「泳ごうか?」
 静かに俺はいう。
「やめろよ。なにすんだよ!」
 彼は手を払いのけようとしたが、俺の肌はぬめり、抵抗を許さない。
 俺はそのまま彼を掴んだまま、池の中へと入た。
 彼らは水の中では生きられない。俺は共生相手のおかげで生きていける。
 だからしげるもどきの心臓が止まるまで、俺は水中でじとしていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない