てきすとぽいトップページへ
第9回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  12 
男はつまらないよ
 投稿時刻 : 2013.09.21 23:26
 字数 : 1337
5
投票しない
男はつまらないよ
松浦(入滅)


 真黒な父さん。華やかな母さん。
 日常で、親戚の結婚式で、おじいちんのお葬式で。
 どんな服を着ても、必ず父は黒く、母は様々な色を使いこなしているように見えた。

 男はつまらないな――

 漠然と、そう思ていた。
 私服だた小学校ですら、華やかさという意味でもヴリエーンという意味でも、男の子の服はモノトーンだ。
 中学の制服に至ては、もうほとんど差別といてもいい。セーラー服が紺を基調としつつも赤いタイや、白のラインが使われているのに、学生服は黒一色。墨汁をこぼしても、そのまま着られてしまうほど実用一辺倒だ。
 高校はブレザーの学校だた。ようやく服らしい服が着られると喜んだが、男子の制服がワイシツネクタイにブレザーだけだたのに比べ、女子の制服はリボンとタイが選べたりと、オプシンが充実していた。また差をつけられた気分だた。
 こうして長い時間をかけて、服飾に関する劣等感と執着心を植え付けられた結果、大学ではじけた。
 つまりは、おしれは正義という感じで大学生活のスタートを切たのである。
 大学デビというのとは違う。遊び倒すつもりなど毛頭なかた。実際、授業を休むこともなかたし、毎週のように飲み会に出るということもなかた。
 ただ、ひたすらに着飾た。
 春は黄色だ。
 そう決めたら、毎日イエローを使た服で、一度たりとも同じ服を着ることなくゴールデンウクを迎え、連休明けにはブルーで臨んだ。もうこれ以上、青で決めるのは難しいという限界ぎりぎりまで、青い服を選び続けて前期を終えた。
 母さんは
「オネエに目覚めないでね」
 といい、父さんは
「おしれだな
 とだけいていた。

 後期が始まる直前のこと。
 秋は赤で決めようと思ていたし、すでに数着は買ていた。夏休みに集中的にバイトをしたので、資金も潤沢にあた。
 着慣れぬ服は、格好が悪い。
 そんな理由もあり、近所の図書館に買たばかりの服を着て出かけた。
「ねえ……
 子どものささやく声が聞こえた。
 ふりかえると、小学生くらいの女の子ふたりがこちらを見ていた。
 怪しい者を見る目。社会から浮き出た者をいぶかしがる目だた。
「あ、戦隊マンだ!」
 別の方向から、男の子たちの声がして驚く。
 戦隊マン、だと?
「俺知てるぞ、あの人イエローとブルーとひとりでやてたんだ」
 なるほど――
 笑いながら、図書館から駆け出していく子どもたちを見送り、俺はため息をついた。
 その日を境に、服飾への興味は急速に失われていた。
 何を着ても、お笑いにしか見えなくなた。
 春先、あれだけこだわていた黄色は、どの服を手にとてもダンデしか連想できなかた。青い服は、三人組のパフマーしか思い浮かばない。
 おしれでもなんでもなく、ただ目立つための記号でしかない。

 自動車のセールスマンになた今は、無難なスーツしか着ない。
 モノクロだた父さんと同じだ。
 そして、デラーの外を歩く派手な男をみるたびに思う。
 若いな、と。
 自分が枯れたとは思わない。ただひとつ気づいたことがある。
 おしれは一人でできるものではなく、そういう多様性を認める社会でなければ痛いだけなのだということ。
 そういう現実を受け入れて、黙々と同じスーツを着続けた父さんはすごいな、と今さらながらに思うだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない