てきすとぽいトップページへ
第10回 てきすとぽい杯〈平日開催〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  16 
印象が大事
志菜
 投稿時刻 : 2013.10.18 23:42
 字数 : 1106
5
投票しない
印象が大事
志菜


「コピ・ルアク、を知ているかね?」
 白衣の男はそう、私に聞いた。私は少し考え、曖昧に首を振る。
「知りませんね。なんですか、それは」
「コーヒー豆だよ。ジコウネコのフンから取れる貴重な物だ」
 それを聞いて、私はタイミングよく口に運んでいたコーヒーを吹き出しそうになた。
「フンてフン? つまりクソのことですか?」
「そうだ、クソだ」
 男は面白そうに笑た。しかし私はちとも面白くない。コーヒーを飲む気も失せた。
「わけが分かりませんね。猫の糞から出てきたコーヒー豆の何が貴重なんです」
「猫ではない。ジコウネコだ。ジコウといえばまたの名をムスクと言い、甘く魅惑的な香水の材料でもある。2つを結びつけているのは香りだ。つまりジコウネココーヒーとネココーヒーとは全く印象を異とする」
 印象などはどうでもいい。話が核心に近づかずに、私はイライラと言た。
「で、その香水の材料から出てくるコーヒーはジコウの甘い香りがするとでも?」
「そうではない。コーヒーの実を食べたジコウネコの腸内で、消化されなかたコーヒーの種子、つまりこれが一般的にコーヒー豆と言われるものだが、発酵されて香りに風味を添えるというのだ」
 最初に飲んだ奴が何を思て飲んだのかは分からないが、えてして珍味とはそういうものだろう。私は先を促した。
「で、私への仕事とはそのジコウネコを狩てこいとでもいうことですかな? でしたらお門違いですね。狩りは狩りでも私の専門は動物ではない」
「むろん、わかている。君に依頼したいのは偽コピ・ルアクの検挙だ。高価なものだけに、紛い物が多く出回ている。それこそ、本物以上にな。その出処を突き止めてほしい。おおよその場所は特定できている。治安は決して良いとは言えず、そこで必要となるのが君の銃の腕ということだ」
 白衣の男はそう言て、封筒から地図が描かれたメモと、数枚のフイルムを取り出し、私の前に並べた。
 バラクのような建物の前に、上半身裸の男たちが集まている写真だ。東南の方だろうか。それらを手に取りながら皮肉な口調で私は言た。
「偽でも本物でも当人が知らずに美味しいと思てるんなら、それでいいんじないですか」
「そういう訳にはいかない」
 男は苦笑しながら言た。私は立ち上がる。
「ま、仕事ですからありがたくお受けしますがね。詳細は事務所に帰てからまた連絡します」
 そう言て、部屋を出る。くだらない仕事だが、得意先を怒らせるわけにもいかないだろう。
 本物と偽物にどれほどの違いがあるのか。
 私は本物なのか。殺し屋として生きている私の人生は本物なのだろうか。
 ――当人がそれで良ければ、それでいいか。
 私は考えるのをやめた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない