てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1 «〔 作品2 〕» 3  14 
いつかみた光
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:15
 字数 : 1120
5
投票しない
いつかみた光
松浦(入滅)


「そちの段ボール、とてくれ」
 大学時代から、惰性で住み続けていた部屋を明け渡す日が来た。
「ちと、また古い本とか出てこないでしうね?」
 手伝いに来てくれているトモダチ――彼女ではないし、妹のような身内的ななにか、とも違う。いわゆるトモダチだ――がうんざりした表情でいう。
 今までの部屋も十分に狭かたが、今度借りる部屋はさらに狭い。
 僕は今朝から、「断捨離! 断捨離!」と、うんざりするほど聞かされていた。
「たぶん出てこないよ。この箱は軽すぎる」
 僕はハサミの片刃を使て、封をしていたテープを切る。
「なに? なに?」
 さきから、二言目には捨てろ捨てろと、呪文のように唱えていたトモダチも、僕の肩越しに箱の中を覗き込む。
「なに、これ?」
「写真だよ」
「これが?」
 箱の中に入ていたのは、スライドにしたリバーサルフルムだた。
 デジカメ全盛の今となては、スライドなんてもちろん、フルムですら「なんなの?」て言われそうだ。
「昔、カメラに凝てたから……。これは、燃やさないゴミだな」
 僕は、コンビニで買たごみ袋に放り込もうとした。
「ちと待て! ね、これ映画みたいにみられるんでし?」
「よく知てるね」
「なんか、古い映画で見たことあるから。くらい部屋で、シーツをスクリーンにして。家族で写真をみるてやつ」

「これ、なに?」
 遮光カーテンを引いて、壁紙をスクリーンにはじめた上映会。
 数分と待たずに、トモダチは不満を口にした。
 ま、そう言われるだろうなとは思ていたが、またくトモダチの反応は予想通りだた。
「見ての通り、テペーパーだよ」
 壁に映し出されるのは、ますぐな光を浴びて陰影を作るテペーパー
「ゲイジツてやつ?」
 トモダチは苦笑いだ。
「光を表現したかたんだ」
「どうせ光云々いうなら、雪景色でも撮ればよかたのに」
「無理無理。僕、インドア派だから」
 僕は黙々とスライドを送る。
「これ、いつまで続けるの?」
 これまた数分と待たずに、トモダチは音を上げた。
「いやなら、いつでもやめるよ」
「うーん。それもなんだか負けた気がする……
「じあ、最後までみようか?」
「それはそれで、時間がもたいない」
 僕は次のスライドをセトした。
「あー。もうわかたわよ! わたしの負けでいいから」
「そう?」
「早く、荷物の片付けやおうよ」
「オケー
 僕は何食わぬ顔で、スライドの束を不燃ゴミの袋に放り込んだ。

 トモダチは知らない。
 僕のテペーパーコレクシンには、巨乳モデル撮影会に参加した時のスライドも混じていたことを。
 トモダチは知らない。
 僕がどれほど長く、トモダチからはじめてチコをもらた日の雪景色を引きずていたかを。


//おしまい
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない