てきすとぽいトップページへ
クリスマスイヴぼっち小説大賞&ぼっちついのべ
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  32 
ディレイ・ナイト
 投稿時刻 : 2013.12.25 01:41
 字数 : 1207
5
投票しない
ディレイ・ナイト
犬子蓮木


 厚いカーテンをあけ、さらにわずかにひらいた窓の隙間から夜空を眺めていた。
 まくろな空には数多の星たちが暖かそうに輝いている。まるで幸せな家々の灯りのように暖かそうだた。
 あの人はまだこない。
 わたしはそとため息をはいた。
 白い息が窓を曇らせた。また空をみあげて星を見る。ほんとうは星を見ていたのではなく、その隙間を縫うように飛ぶサンタクロースを探していたのだけど。
 まだ帰てこないかしら。
 今日はクリスマス。わたしの夫はあの有名な赤い服を着ていて、これまた赤い鼻のトナカイと一緒に、今頃、子供達にプレゼントを配ている。
 だからクリスマスのパーはいつでも欠席。
 来客なんていないパーの支度だけして、わたしは毎年のようにあの人の帰りを待ていた。毎年のこと、もう何十回目になるんだろう。
 眠ていていいんだよ、とあの人はいうけれど、特別な夜にひとりで眠るのはさみしいとは気付いてくれないだろうか。それとも、もしかしたらわかているのかもしれない。
 どちらにせよ、わたしがさみしかろうとそうでなかろうと、あの人はこの夜に世界を飛び回らなければいけないんだから。
 冷たい風が入り込んできたので窓を閉めた。窓に自らの姿が映る。もう若くはない。あの人も、わたしも。
 豪華な食事を並べているテーブルに座た。空のシンパングラスを手にとて、まだ火のついていないローソクをガラスの向こうに見ていた。
 静かで、暗くて、止まているような世界。
 グラスを置く。渇いた音と、じぶんが動くわずかな音だけが聞こえて、わたしはテーブルに腕をのせ、その上に顔をあずけた。
 目を瞑る。
 眠りはしない。
 あの人が帰てきたときのことを考える。
 黒い世界が、雪に覆われるように白く変わていく。あの人が家の扉をあけたとき、わたしは、なんて言てやろうか。
「おつかれさま」
 そんなにやさしいわたしではない。
「おそいじない!」
 それはちとかわいそうかな、疲れてるだろうし。
「プレゼントは?」
 なんて、年甲斐もなくちとおどけてみたりして。
 ベルの音が聞こえた。
 トナカイの首輪についているベルの音。
 窓のほうを見ると空が白んでいた。もう朝が近づいて来ている。
 トナカイがソリをひいて、空を蹴る足音も聞こえた。
 夢ではない。
 わたしはがばと顔をあげて、髪の毛に手で櫛をいれて、ドアのほうへ向かた。あの人が、扉の向こうでトナカイをつないでいるような気配を感じる。それから、大きな体をのそのそと動かしてゆくりとこちらに近づいてくるのがわかた。
 今、すぐ扉の反対側に、真赤な服を着て、疲れた顔をした、あの人が立ているんだ。
 扉が開いていく。
 光が差し込んできて、わたしは自然に笑顔になて、考えてもいなかたことを言てしまう。
「クリスマスの夜はこれからだよ」なんて。
「もう朝だけど」サンタクロースは困た顔をしている。
「いいじない」
 わたしは、わたしのサンタクロースに抱きついた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない