てきすとぽいトップページへ
輝き! プロット頂戴大賞
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6 
鱗茎のエリシオン
 投稿時刻 : 2014.01.12 23:53 最終更新 : 2014.01.13 00:00
 字数 : 7148
5
投票しない
更新履歴
- 2014.01.13 00:00:08
- 2014.01.12 23:57:48
- 2014.01.12 23:53:09
鱗茎のエリシオン
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 人工芝は、トビーが思わず吐き出したレーンをよく弾いた。鮮やかな黄緑色の葉の上に、赤色の水滴が滴ることなく留まている。唾液と混じり合て粘性を増したそれは、陽光を鋭く跳ね返した。
「不味いか」
 面白そうにそう言うルーツに、トビーは顔を上げた。トビーと同じ10代にも、少し年上の20代にも、あるいは40代の、自分の親と言えるくらいの年代にも、どうにでも見える男だ。
……口に合わない」
 言葉を選ぼうとしたが、結局そうとしか言いようがなかた。かつては食べ物の味など味わうことも、好き嫌いをする余裕もない生活を送ていたトビーでも、飲み込むにはあまりに耐えられない味だた。
「そうだろうな、お前たちには合わないだろう」
 ルーツが気分を害した様子はないようだた。
「トマトという野菜の舌触りと味を再現したものだ。地球から出たばかりの頃は皆、故郷の食物を模したレーンしか摂取していなかたからね。合成栄養剤しか知らんお前たちには信じられないだろうが」
「栄養を効率よく摂取できるように配合したものだから。そちの方が無駄がなくて良いだろ」
「ああ、そういえばお前は補給兵補だたな」
 言いながら、ルーツは自分のレーンの容器に視線を落としながら、その表面をそと撫でる。容器は透明で、中の赤がよく見えた。
「効率か……そうだな。ジンパーの舌はどうも、慣れ親しんだ食べ物の味を忘れられなくてね。非効率なことこの上ない」
「非効率なのは――
 ジンパーの存在そのものではないのか。
 そう言い掛けて辛うじて飲み込んだが、その瞬間にトビーの腹の中に生まれた気持ちを、直感で悟たのだろう。ルーツは自嘲的に、小さなため息のような、笑いのようなものを吐き出して、それから、黙て歩き出した。気まずさに、かける言葉もない。その背中を見つめながら、トビーは拳を握りしめた。公園には人がまばらにいる。暇を潰している役人だたり、休暇を取た親子だたりする。中にはルーツの存在に気づいて、顔を輝かせて話しかけている者もいた。ルーツはトビーの、大叔父であり、この世界の英雄だた。
 昼下がりの公園は心地よい気温だた。トビーはなんだか疲れを感じて、その場に寝そべる。背中を預けるのに最適な柔らかさをしている芝は、もちろん自然の植物ではない。そばに生えている木も、花も、何もかもが、人工的に作られたものだ。遠い遠い故郷にあたであろうそれを、遠い遠い昔に捨ててきたトビーたちの祖先が、模して作たものだ。
 艦隊は100年以上前に地球を出た。人類はその内部にいれば、すべてが事足り、生活が出来た。世界はここで完結している。
 人類は選別される。選ばれたもの同士だけが交配して子孫を成すことができた。そうやて徹底的に管理された継代が続いている。そこから逸脱した存在がジンパーと呼ばれる者だ。
 ルーツは最高齢のジンパーだ。もはやこの艦内で、本物の地球を知ている存在は彼しかいない。コールドスリープと覚醒を繰り返してきた。
 ー何のために。
 苦い気持ちが湧いてきそうになるのを止められなかた。ルーツが覚醒し、自分の家族となてから10年が経た。時折こうやて何気ない言葉を交わすことがあるが、本当なら彼がわざわざ自分に声をかける必要性もないはずだた。気を使てくれているのだろうか。気さくで、快活で、知的な男だ。自分の胸の内はすべて見透かされただろう。トビーとて、人の良さそうな大叔父に、何の裏もなく好感を抱けたならどれだけ気が楽だろう、と思う。ため息を月ながら、空を眺めた。透き通るような青い空も、真白な雲も、すべてそう見えるように作られたものだ。それを、どこかの親子がとばした紙飛行機が横切ていく。

***

 艦隊の新しい進路座標が決定されたという情報が発信された時、トビーはまだ自宅のベドで横になたままだた。体がだるい。補給兵補に任官されてから、生活は毎日毎日単調なことの繰り返しで、緊張感がないことが、逆に心身をむしばんでいるような気がした。
 艦隊の内外の動向に関しては、すべてブリジが決定する。艦隊の中枢であり、政府組織のようなものだ。重大な決定がなされると、個人が持ている端末に一斉に情報として発信された。トビーの端末が、音声でその情報の受信を告げたが、トビーは詳細を知るために端末を立ち上げることはしなかた。艦隊は長い間、最初に予定していた航路を反れて、宇宙空間を漂流している。新しい座標が決またところで、自分が生きている間に、地球には帰れないだろう。
 トビーが重い体をようやくベドから起こして、サイドテーブルに置いていた端末を手に取たのは、それからしばらくして、サクラからのメールを受信したときだた。読み上げろ、と端末に命じかけて、やはりやめた。読み上げ機能を機動すれば、サクラ本人の声にきわめて似せて合成した音声で、受信したメールが再生される。今はそれを聞きたい気分ではなかた。
 スラムで共に育た幼なじみのメールは相変わらず、シンプルすぎて女性らしさの感じられない文面だた。彼女は昔からそうだた。甘えることも媚びることもしない。そんなことをする必要もなかたからだろうが。かつては、そんなことをしなくても、トビーの兄が二人を守てくれた。3人で身を寄せ合て、今のことだけを心配していれば、1日1日が過ぎていた。何もないけれど、二人がいた。世界はそれだけだた。

 昼飯時というには少し遅かた。スラムの近くの労働者階級用の食堂はそれほど混んではいない。サクラと二人で腰掛けた席の両隣には誰もいなかた。
「変わた色をしてるわね」
 話のネタに、と持てきた、例のトマトのレーンを手渡すと、サクラは思た以上に興味を示した。
「これが地球の食べ物なの?」
「地球の食べ物を模したレーンだよ。そういう色の野菜が地面から生えてるんだと」
「こんなものが地面から? 面白いわね」
 しげしげとその色を見つめながら、サクラはキプを開いた。
「やぱり、大叔父さんは英雄なのね。艦内の誰も知らないものだて何でも知てる」
 心底感心したように言うサクラに、トビーは何も言えず黙り込んだ。それはお前の本心なのか? と聞きたい気分になたが、聞けるわけがなかた。お前は、あの人を嫌て、憎んだて、いいはずだ。そして、俺のことも。
 キプをひねるサクラの手は汚れて傷ついている。服だて、何日も変えていないだろう。髪はどう見ても手入れされてはいなかた。10年前、ルーツが目覚めた日、突然トビーと兄はブリジに呼び出された。サクラをスラムに残して。
「迎えにいくから」
 まだ10にも満たなかたトビーは子供らしい一途で純粋な気持ちでそう言た。握た手は冷たかた。バカみたいに本気だたし、一世一代の約束のつもりだた。
 結果、10年経ても、トビーは一人で、衣食住を、艦内でのそれなりの地位を保障されている。
……なんだか」
 レーンを一口飲みこむと、サクラは小さく笑た。寂しげな笑みは、同じ歳のはずなのに、彼女をトビーよりずいぶんと大人びて見せる。
「懐かしい味がする、気がする」
 冗談を言ているようには見えなかたので、トビーはやや戸惑てその顔を黙て見つめた。
「おかしいわよね、地球の食べ物なんて食べたことないのに……
 彼女の言葉を遮るように、突然トビーの端末が、ブリジからの着信を知らせた。けたたましい発信音に、それに慣れていないサクラが驚いて肩を震わせたのがわかた。ブリジからの着信音はマナーモードにしても必ず音を出す。持ち主が決して聞き逃さないように大きな音を立てる。トビーはある程度慣れたが、サクラには馴染みのないものだろう。おそらくは、10年前のあの日のトビーの兄の端末に着信があたとき以来だろう。トビーは内心舌打ちをして、素早く内容を確認した。緊急の呼び出しだた。拒否権など、あるはずがない。
「ごめん、呼び出しだ、行かなき
「うん、忙しいのに呼び出してごめんね」
 立ち上がたトビーに、サクラは軽く手を振りながら微笑んだ。何かを言うべきであるような気がして、しかし何も思い浮かばなかた。

 立ち去るトビーの背中を見送り、サクラはため息をつく。その瞬間、サクラの端末もまた、ブリジからの着信を知らせた。

***

 ブリジに入るのは随分と久しぶりだた。単なる権力者の贅沢な居住空間かと思ていたので、ICUが存在していることにトビーはまず驚いた。艦隊がどれほど大きくとも、収容できる人類の人数にも、物資にも限りがある。致命的な病や怪我を負た人間は自然に任せて死なせるのが常のはずだた。手間や資源を使てまで延命する意義は存在しない。
 だがそこには最先端の医療機器がそろたICUが存在し、確かに管で繋がれたルーツが横たわていた。
 そうか、選ばれし者は、生きながらえなければならない、理由がある。下々のものには知り得ない世界。知らない間に、犠牲になた人々。何かを道具のように扱い、あるいは切り捨てて、この艦隊が行き着かねばならない場所があるというのか。
 トビーは人知れず自嘲的な笑みを唇の端に乗せた。
「彼は、もうだめなんですか」
 仮にも身内であるルーツの消耗しきた姿を見て、平然とした――むしろ余裕の笑みすら浮かべているトビーに、幹部たちはあからさまに嫌悪の表情を見せた。一人が咳払いをして答える。
「彼には生きてもらわねばならない。彼は――彼の能力は唯一無二だ。次の任務がある。回復したら、再び眠て貰う」
「また、「ジンプ」するわけか」
 トビーは今度こそ、胸の内を隠さず、吐き捨てるようにそう言た。
 コールドスリープ。ルーツはそれを繰り返してきた。その技術は、艦隊が地球を離れた頃はそこまで危険なものではなかた。ある一定の期間までは、安全に目覚め、冷凍睡眠前と同じような状態で生活を再開することができた。だが艦隊が地球から遠ざかるにつれ、装置に原因不明の不具合が生じるようになり、今では、コールドスリープを試みた人間の、およそ半分は半年以内に死んでしまう。今や、その装置の中に入るのは、口減らしが必要になたときか、コールドスリープ装置のメンテナンスのために人体実験を行うときだけだ。
 だが、ルーツのように、この装置で百年以上の時を越えてきた者もいる。そのような存在はジンパーと称され、強い肉体の持ち主、強運の持ち主として、英雄のように扱われる。だが、彼がただの強き者ではないのだと、今やトビーは知ている。
「それで、次は何十年後に行くんです。いつまで経ても人間らしく死ねもしない、哀れな大叔父殿。目覚めた場所でまた、俺の子供や孫の血や臓物を喰らわせられるてわけだ」
 皮肉るトビーに、幹部らは怒るか、そうでなくとも不快感を露わにするかと思たが、予想に反して無表情に、静かに、告げた。
「それが、ルーツを擁した君たち一族の運命だ。まあ、君か、君の子孫にでも、彼と同じ能力が発現すれば、そんな悲劇も起こらないだろうがね」
 何も言えず、トビーはその場に黙て立ち尽くしていた。運が悪く、トビーたちの両親は若くして死んでしまい、スラムで生活することとなたため、ルーツのことも、その運命も知らずに生きてきた。10年前、目覚めたルーツの臓器は激しく損傷していた。緊急にブリジに召集され、兄は彼のために犠牲になたのだ。幼い頃から自分とサクラを守てきてくれた強く優しい兄は、突然下された理不尽な決定に、泣きわめいたり抵抗したりしなかた。
 残されたトビーにも、ある一つの任務が下されている。ルーツの血縁者は今、艦隊内にトビー一人しかいなかた。いつか再びコールドスリープを行い再び目覚めるルーツのために、子孫を残すことだ。そして、そのために、コンピタが選んだ、相手として最良の遺伝子を持つ女とのみ、結ばれなければならない。
 ブリジの幹部は、スラムで育たトビーの人間関係を調べ上げていた。
「あの、スラムにいるサクラという女は、だめだ」
 と、幹部の一人はこともなげに言い放た。幼すぎて、その気持ちがなんであるか、自分でもまだ意識できていなかたトビーに、それはあけなく告げられたのだ。

***

 艦隊内にも昼と夜がある。無論それは作られた夜で、だからこそ格差あがある。スラムの夜は暗い。それ故に治安も悪い。いつ襲てくるかわからない暴漢に、脅えながら過ごした夜を思い出しながら、トビーは足早にサクラの家へ向かた。
 真夜中のスラムにやてきたのは、ルーツの家族になてから初めてかもしれなかた。早くこうすればよかたのではないか、とバカなことが一瞬頭を過ぎた。違う、そうではない。頭を振ると、サクラの家のドアを叩いた。あたりは静かだた。どの家にも明かりは灯ていない。返事はなかた。もう寝ているのだろう。もう一度、今度は強めにノクする。暗がりにその音はうるさいほど響いた。それでも返事はない。端末を取り出し、サクラへ発信する。呼び出し音がいつまでも続く。沈黙するスラムの路地にその音がエコーしている。

***

 薄汚れた女が涙を流している横顔にみとれている夢を見た。幼く、それゆえに愚かで、それ故に希望に満ちあふれた気持ちで、それをじと見ている夢だ。それから、ルーツは、それが自分の過去の夢ではないのだと気づいた。また「見て」いる。それと同時に、左のわき腹が、右の足が、首筋が、疼いた。縫合手術は完璧で、他人から貰た臓物と自分のオリジナルの体は、見た目ではわからないはずなのに、自分が意識を失ている間にすり替えられたその境目が、どうしてだかルーツにはわかてしまう。疼く場所をそと指でなぞる。
 最初に能力が発現したのは地球でのことだた。それを口にしなければ、あるいは、愛した女と、予測される未曾有の災害で一時的に壊滅する地球に取り残され、一緒に死ねる運命だたかもしれない。だがルーツと、その一族は、破格の待遇で艦隊に招かれることとなた。
 体を起こそうとすると、全身が凄まじく軋んだ。遠い昔に既に「見て」いた結末が近づいていた。つぎのコールドスリープが最後のジンプになる。その前に、また新しい展開が艦隊内に待ち受けているのを知ている。それが始まれば、自分の仕事はもう終わるのだ。だから、見てしまたすべてを口にする必要はない。
 窓ガラスの外には夜が広がている。ここは宇宙で、だからそこに広がているのは偽の夜だ。室内の光を反射して、窓ガラスは鏡のようになていた。強制的に延命させられ続けた体は、理論的には30歳ほどであるはずなのに、随分とくたびれて50にも60にも見られておかしくないほどに老けている気がしたし、あるいは、正しい時間の中に置かれなかたせいで、随分と幼い顔つきをしているようにも見えた。色素の薄い光彩が、今は随分と暗く見える。

***

「不思議な夢をみたの」
 端末で呼び出し続けてようやく応答したサクラは、突然そう言た。トビーの胸は早鐘のように鳴り始めた。その瞬間、理由のわからないまま、何が起こたのかをすべて悟てしまた。
「さきくれた、レーンがあたでし。あの味のする野菜が、一面に実てるの。本物の、地球の大地に。真赤で、丸くて、張りのある実なの。それをね、パパとママと一緒にもぎ取て、食べてるの」
「サクラ」
 珍しく早口で喋る彼女の声は明らかに、震えていた。それを遮る自分の声も激しく震えた。
「逃げよう。この艦隊から。脱出しよう。二人で。俺、補給兵補だし、食用は何とかなるかもしれない。このままこんな形で離れるぐらいなら――
「だめよ」
 そう言い放たサクラの声は、今度は震えていなかた。静かで、しかし強い意志を感じさせるそれは、自分より先に大人になてしまた女の声だた。気圧されて沈黙したトビーに、今度は随分と優しい声で、サクラは一言だけ告げて、通信を切断した。
「またね」

***

 唯一の身内と言うのは建前上で、トビーとルーツの間に精神的なつながりはない、少なくともトビーはそう思ていた。コールドスリープのポドに入る前に、突然二人きりにされても、何をどうすればいいのか、トビーにはわからなかた。気まずい気持ちで身辺整理をしているルーツを眺めていると、彼はふと手を止めて、こちらをじと見つめた。いつもどこか柔和な笑みを浮かべていたのに、それがかききえている。それだけで随分と、威圧感のある印象に変わた。
「お前の、望みは、いつか叶うよ」
――はい?」
「いや……なんでもない」
 頭を振り、ルーツはトビーに背を向けた。彼が目覚めて10年、こんなに歯切れの悪い物言いをされたのは初めてだた。どう答えればいいのかわからず、結局、最後の時間はただ、沈黙を分かち合うだけとなた。
 冷凍睡眠室に入ていくルーツを、幹部たちと見送た。遠ざかる背中を見つめる。自動ドアが閉まる。いなくなてしまた。今度こそ、一人。そう思いながらゆくりと目を閉じた。その瞬間、突然、眼前に、静かに涙を流すサクラの横顔が浮かんだ。あれはいつのことだたろうか。そう思てから、サクラはもうずと、自分の前では涙など流さなかたことに気づいた。では、今のは何なのだろうか。白昼夢にしては、随分とはきりとしたイメージだた。
『お前の、望みは、いつか叶うよ』
 歯切れの悪いルーツの声が頭の中で響きわたる。
『またね』
 と言うサクラの声も。
 迫り来る予感に胸が軋んだ。

 艦隊は今も宇宙空間を突き進んでいる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない