てきすとぽいトップページへ
第13回 てきすとぽい杯
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16 
〔無題〕
 投稿時刻 : 2014.01.18 23:45
 字数 : 2280
5
投票しない
永坂暖日


てきすとぽい杯2
笠井宏明の証言
 ガラスの割れる音を聞いて俺が駆け付けた時には、実験室中にクロロホルムの臭いがしてたよ。もう臭いのなんの。立ているだけで、意識が飛ぶかと思たよ、マジで。飛ばないけど。
 まあそんな状況だというのに、立花と津田は背中を向かい合わせにしてうつむいて立ていたんだよ。二人の足下には、割れたガロン瓶とこぼれたクロロホルムが広がてたてのにね。臭気はなるべく吸わないようにして、早く拭かないとと二人をどやしつけて。それでようやく、二人は動き出したて感じ。でも、片付けをしている間も終始目を合わせない、口もきかないで。俺の方が気を遣うよ、あの二人、付き合てるて噂だたから。本人達は否定してたけど。
 立花の不注意でガロン瓶を落として割たということで、教授には報告したけど。落とす前に何があたかは、俺には分からないね。その時実験室にはいなかたし、二人もその前に何があたか言わないし。

木島藤治朗の証言
 立花と津田が付き合ている、という噂は学部生の時にもありましたよ。ただ、そのあとに別れたという噂も聞きました。そんな噂があた後でも、二人は普通に話をしていましたけどね。同じ研究室を選ぶし、二人して院に進学するし、よりを戻したんだろうと思てました。現に、また付き合いだしたて噂もありましたし。
 クロロホルムのガロン瓶を立花が落として割た時、俺は実験室にいたんですよ。でも、二人は実験室奥のドラフト前にいたけど、俺は前の方で実験中だたんです。試薬棚とかがあるから、前にいると後ろの様子は見えないじないですか。いろんな機械が動いている稼働音で、四六時中うるさいし。二人が後ろで何か話しているみたいだな、というのは分かたんですけど、聞こえるわけはないし自分の実験に集中しているし。そしたらいきなり、ガラスの割れる音が聞こえたんです。大丈夫かて聞いたら、津田が大丈夫と答えたんだけど、妙に焦た声で。行てみたら、立花はうつむいてて、津田はそぽ向いてて。実験してたという雰囲気じあなかたですね、あれは。立花が何かやらかしたんだと思いますよ。左のほおが赤かたように見えたから。

佐々倉数也の証言
 立花と津田は付き合てましたよ、学部の二年から三年の頃まで。別れた理由は、なんだろうなあ。立花は、お互いよく考えたら好きじなかたみたいだから、とか言てましたけど。友達みたいにしか思えなくなた、とも言ていたかな。津田もそれで納得したんじないんですか、別れたあとでも普通に話をしていたし、同じ研究室を選んだんだし。
 まあ、仲がいいように見えましたけどね。ただ、友達以上ということはなかたかな。昔付き合ていたとはいえ、ね。
 立花は、よりを戻したかたみたいです。友達みたいとか言ておきながら、いざ別れてみたらやぱり好きだて気が付いたんだとか言てました。
 クロロホルムのガロン瓶割た時ですか。あの時僕、いなかたんですよ。だから詳細は全然分からないんですけど、よりを戻したい立花が、津田に迫たんじないんですか。でもふられて、何かの拍子でガロン瓶が割れた。そんなとこじないかと思てます。

水川さおりの証言
 津田ちんは、立花くんとはよりを戻すつもりは全然なかたですよ。付き合ていた時はそれなりに好きだたけど、一度別れましたしね。しかも、友達としか思えなくなていう理由で。津田ちんはそうでもなかたから、普通にはしてたけど、陰では結構泣いてたんですよね。立花くんはひどいなて、一時期同期の女子の間で評判だだ下がりしてたんですよ。
 まあでも、同じ研究室に入れるくらいに立花くんのことは吹たんですよね。その頃には、津田ちん、好きな人がいたから。立花くんじないですよ、もちろん。でもだから、立花くんがよりを戻したがているの、迷惑がてました。
 クロロホルムのガロン瓶が割れた時、あの時、立花くんがもう一度付き合てくれないかて言てきたみたいなんですよね。津田ちんは断たけど、立花くんがしつこくて。それで――キスしようとしたから、ひぱたいたて言てました。その弾みで、ガロン瓶落としたみたいですね。津田ちんの足に落としてたらと思うと、ぞとします。

森尾拓人の証言
 はあ、立花くんと津田さんですか。あの二人、仲がいいのか悪いのか、よく分かりませんね。まあ、僕は完全夜型なので、二人ともあまり話をしたことがないから、よく分からないんですけど。津田さんは、まあ、明るくてはきはきしてますね。僕みたいな怪しいセンパイでも、話しかけてくれますし。
 ただ、まあ、僕と話をしている時でも、ちらちらと視線は違うとこに行くんですよね。何だろう、何を見ているのかなと思てましたが、笠井さんとか佐々倉くんと話す時もそうだし、立花くんと話す時もそうみたいだし。気になたので観察してたら、彼女、木島くんを見てたんですね。
 ええ、はい。僕の見立てに間違いがなければ、津田さんは木島くんを好いている。彼にやきもちを妬いてほしくて、彼の前で他の男と話をしていた。そんなところではないかと。
 クロロホルムのガロン瓶が割れた時も、木島くんが実験室にいたんでしう。やきもちを妬いてほしくて、わざと立花くんと話をしていたんじないかな、と思てますよ、僕は。まあ、当の木島くんは遠距離恋愛中の彼女がいるとか聞きましたけど。
 割れたクロロホルム、最後の一本だたんですよねえ。おかげで僕の実験も滞てしまて、いい迷惑です。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない