てきすとぽいトップページへ
第13回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  17 
ルビー
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.01.18 23:24 最終更新 : 2014.01.18 23:40
 字数 : 4057
5
投票しない
更新履歴
- 2014.01.18 23:40:30
- 2014.01.18 23:39:04
- 2014.01.18 23:24:05
ルビー
大沢愛


 私は宝石のなかでルビーがいちばん好き。
 ママがタケルおじさんを好きなのと同じくらいに。

 金曜日の夜、ママのバスタイムはいつもの倍くらいになる。パパがいなくなてからは週末になるといつもタケルおじさんがやて来るんだ。バスから上がて、身体にバスタオルを巻いたままチストのそばで髪を乾かす。スツールはあるけれど、ママは座らない。以前、スツールに座て髪からメイクまでを整えてタケルおじさんを迎えたとき、お尻にスツールの継ぎ目跡が赤く残ていたから。焦てバスタオルを敷いてみたけれど、今度はパイル地の形がお尻に移ただけだた。スツールから立ち上がて二時間近く経ていたのに。ママはそれ以来、ドライヤーは立たまま、メイクは中腰でするようになた。
 タケルおじさんは美容室帰りの髪のにおいが好きじない。ママはいつも木曜日に美容室に行く。前日にパーマをかけたばかりの髪は、乾かしながらブラシで起こすだけでスタイルが決まる。
 カチで前髪を起こしてフイスメイクにとりかかる。ママのメイクは大学時代に馴染んだパターンがベースになている。鏡の前ではみんな、ひとりぼちだ。鏡面に顔を近づけて肌理を整えても、生え際に散らばる白髪は目に入らない。大学時代の自分と同い年の女の子が鏡の中に入て来ても、自分の顔だけを見つめ続ける。
 ママの顔ができあがる。きれいだ、と思う。そう言てくれないと壊れてしまいそうな美しさだた。だからいつもママはタケルおじさんの胸に抱き締めて欲しいんだ。ハート型の瓶から指先にしずくを載せて、耳の下、胸元、腋につけてゆく。最後に脚の付け根に触れて、終わり。うとりするほどいい匂いになたママがベドのそばにやて来る。でもこれは私のためじない。
「メグ、そろそろおやすみ」
 おやすみのキスもどこか上の空だ。はやく寝て欲しいのがわかる。メグのベドをパパの部屋へ置けばよかたのに。パパのにおいがうつるのが我慢できなかたんだ。パパは週に一度、布団を干してくれて、掃除機もかけてくれたのに。オードトワレをつけるとまず抱き締めてくるのも、私を自分のにおいにしておきたいから。でもね、ママは時間が経つと脂ぽい臭いが滲み出てくるけど、私はそんな臭いはさせていないもん。バスのあとでもほんの少し、耳孔から漏れる臭いをタケルおじさんに気付かれないとでも思ているの? パパよりもちと、鈍感なふりをするのが上手なタケルおじさんに。

 ベドルームの電気が消える。ダイニングからママの嬌声が聞こえる。いつもより甲高いぶん、語尾が掠れて、なんだか嗄れているみたいだよ。私はこそりとベドから下りて、ドアの隙間から窺う。イブニングドレスのママがタケルおじさんに抱き付いている。いつもの笑顔で、髪のウエーブをそと撫でる。ママがおじさんの胸元に顔を埋めると、頭の上におじさんの顎が載たかたちになる。
 ねえママ、タケルおじさんが今どんな顔してると思う?

 テーブルの上にワイングラスが並んでいる。ワインの開栓はタケルおじさんの役目だ。コルクが抜ける瞬間に、ママはいつも大袈裟に声を上げてみせる。ペンダントライトの下で、グラスにワインが注がれる。波打つ赤ワインはルビーの色だ。うとりと眺める。どんな味なんだろう。もちろん、ママは飲ませてくれない。本物のルビーを口に入れたら同じ味がするのかな。メグの息遣いが聞こえそうだ。ママのグラスの縁にルーがついている。タケルおじさんのグラスはきれいなままだ。もしひと口だけもらえるとしたら、タケルおじさんの方がいいな。ママはすこし早口になている。タケルおじさんはわざとゆくり話す。ふたりきりのときに早口で喋られるとなんだかいらいらする。パパに向かてそう言たのはママだたんだよ。タケルおじさんはママを見つめたまま、笑みを絶やさない。本当に満足そうに見える。もうすこしぞんざいな態度でもママは平気だけれど、穏やかな口調はママをますますうとりさせる。でも、たたひとつ、テーブルの下で組んだ足先が小刻みに震えている。ママの足が伸びて、おじさんの足を挟み込む。震えはすぐに静まり、足の甲を優しく撫でる。ママが小瓶を取り出した。蓋を取てワイングラスに一振りずつ入れる。注ぎ足したワイングラスを宙で合わせて、ひと息に飲み干す。「幸せになる薬」て、おじさんは言てた。もと言えば「自分たちだけ幸せになる薬」。だから見つからないように、こそりと飲まなければならないんだよね。

 薬が効き始めると、ママはおじさんに絡みついてくる。息遣いが太くなり、声は低くなる。ベドルームのドアが開き、天井の明かりが灯る。ベドのなかでいい子に戻た私は布団の襟に鼻を隠す。布団が跳ねる。ママの身体は羽毛布団の中にうずもれて見えない。タケルおじさんの後ろ頭と背中が、サイドフレームの向こうに見える。ママの息遣いは悲鳴みたいだ。夕方からいままで、ママが整えて来たものを全部かなぐり捨てている。途中でタケルおじさんは上体を起こす。そのとき、私と目が合た。逸らさない。そのまま動き続ける。顔を顰めてベドに崩れ落ちるまで、おじさんは私を見続けていた。

 「幸せになる薬」はママにしか効かなかたんだ。幸せになたひとを目の前にすると、いろんなものが見えてしまう。油断したママは幸せになるたびに我を忘れていた。仰向けになてもぽこんと突き出した下腹も、重力に引張られて横長になる顔も、肩から肘にかけてげそりと落ちた筋肉も、汗をかくと蘇る本来の体臭も。鏡から外れたママの顔は熟睡中のそれに近づいていた。そんなママを前にして、薬の効いていないタケルおじさんはすこしずつ、キスを手のひらや指先へと置き換えていた。そして、ママがうとうとし始めると、そと起き上がて床に降りた。素足の足音が近づいてくる。ママよりも二歳年下のタケルおじさんの身体は浅黒かたけれども、光を受けてつやつやしていた。天井の明かりを覆う位置まで来ると、私の顔を見下ろす。目を閉じるのも忘れて、そのまま見上げる。おじさんの指先が唇に触れる。おずおずとした触り方が可愛かた。ハート型の瓶のにおいがする指で、耳朶から髪の毛を撫でる。初めて女の子に触れたときにはこんなふうだたのかもしれない。布団がめくられる。ボタンにメグの大好きな模造ルビーをあしらた、お気に入りのパジマだた。そのまま、横たわた私を見つめる。タケルおじさんの視線が往復するたびに目を瞑てしまいそうになる。不意に、左手の甲を撫でられる。手首の手前ですと離れる。パジマ越しに手のひらがそとなぞてゆく。
 タケルおじさんの息遣いは苦しそうだた。我慢しなくていいのに、と思う。本当に我慢しなきならなかたのは、もとずうと前でし、おじさん?
 視野の端で動くものが見えた。目を細めるふりをして横目を使う。
 ママだ。
 布団の上で横向きになたまま、こちらを睨んでいる。白目がはきりと見えた。身体が動かなくなる。タケルおじさんの手がパジマの下に潜り込みそうになたとき、ママは大きな唸り声を挙げた。手が引込められる。おじさんの身体が離れ、天井の明かりが顔を照らす。ベドの上のママは寝返りを打て、布団の中に見えなくなていた。

 一週間が経た。
 金曜日の夜、暗いベドルームにはドアの隙間からダイニングの明かりが漏れている。私は壁際に両足を投げ出したまま座ている。タケルおじさんはいつものようにやて来て、さきまでママとワインを楽しんでいた。
 でもね、ママ。タケルおじさんが本当に好きなのは私なんだよ。私の身体中のどこを比べても、ママは勝てこないんだから。髪も、顔も、肌も。もとずうと敏感なところだて、私ならいつでも差し出すことができるよ。美容師さんにクレームをつけて、いろんなひとに当たり散らしても、鏡の中でしか通用しないママとは大違い。
 このまま、鏡の中で自分をごまかしながら、タケルおじさんに好かれているて錯覚していくつもりなの? ママの視線を外れたときのタケルおじさんの顔を知らないくせに。そんなの、惨めでし
 今日も、「幸せになる薬」、使たんでし。あれね、すり替えておいたの。あのあと、ママにさんざんぶたれて叩きつけられたあとに。足は折れたし、肘も動かなくなたけれど、なんとかなたよ。すこしずつ、見えないくらいの動きを重ねて、ね。
 でも、そくりだたな、パパとメグに飲ませた薬と。パパにとては久し振りにみんなで囲むテーブルだたし、メグなんか本当に喜んでたんだよ、ルビーみたいだて。苦いのに我慢して笑て。あれて、ママが「自分が幸せになる薬」だたんでし? ワイングラスに入れて、ワインを注いで。ひと口飲んだだけで、ママはきと、あのときのパパやメグと同じになる。でもね、タケルおじさんは違うよね。パパをひとりで担げるほど力持ちなんだもんね。メグを抱えるのが精一杯だたママと違て。あの薬だて効かなかたし、きと立ち上がてくれるよね。
 ああ、痛いよ。膝のボルトが折れちてる。肘の芯材が外れて変な形になたし。ひどい格好だな。でも、安心して。髪のおかげで顔は無事だたんだよ。タケルおじさんが大好きなパジマの下なんて、傷ひとつついていないんだから。ママ以外の誰も知らないところ。もう睨んでくるママもいないし、心配しないで。ちいさな男の子みたいにおずおずとでいいから、ちんと触て。この間みたいに、もう途中でやめたりしないでね。
 私は宝石のなかでルビーがいちばん好き。
 でも、タケルおじさんはもと好き。
 
 ベドルームの暗がりから、そと身を起こす。あらぬ向きに揺れながら、帯状の光に向かてそろそろと歩き始める。ボタンのルビーがひとつひとつ光を宿している。一瞬だけかすめた帯が、シリコンの表面を浮かび上がらせた。

            (了)
 
 
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない