てきすとぽいトップページへ
第13回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  17 
 投稿時刻 : 2014.01.18 23:26 最終更新 : 2014.01.18 23:45
 字数 : 3546
5
投票しない
目次
1. 「この中に犯人がいる!」
2. 「この中に犯人がいる!」
3. 「この中に犯人がいる!」
4. 「この中に犯人がいる!」
5. 「この中に犯人がいる!」
全ページ一括表示
更新履歴
- 2014.01.18 23:45:37
- 2014.01.18 23:38:19
- 2014.01.18 23:26:27
1 / 5
犯人はお前だ!
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


「この中に犯人がいる!」
 二時間ドラマの事件解決シーンよろしく、探偵がびしとポーズを決めて放たその言葉に、一堂に会した面々の表情が凍りついた。
 ――こいつに事件が解けたていうのか?
 刑事は懐疑的にならざるをえなかた。こいつは俺が知ている限りで、もともへぽこで使えない三流探偵だ。メールなんかでケーキ店なぞに事件関係者を呼び出したと思たら一発目の台詞がそれか。
 事件の概要はこうだ。
 一月×日。寒波に襲われ日本列島全体が震え上がていたその日の昼過ぎ。休日の昼間だというのに人気のほとんどないシター商店街の一角、老舗の大福屋の前で、一人のOLが頭から血を流して倒れていた。
 第一発見者は、もうすぐ還暦を迎える大福屋の店主。通報したのは同じ商店街の若いパテシエ。
 被害者は命に別状はなかたものの、財布を盗まれていた。警察ではゆきずりの強盗傷害事件として犯人の捜査に当たていたのだが。
「は、犯人て?」
 怯えたように口を開いた大福屋の店主に、「もちろん被害者を殴た犯人です」と探偵は難しい顔で頷き返した。大福屋の主人は不自然なくらいに挙動不審で、額にうすらと汗を浮かべている。
「この中の誰かが私を殴て言うの!?」
 ヒステリクな声を上げたのは被害者のOLだ。額の大きな絆創膏が痛々しい。まだ二十五歳だというのに必要以上に化粧が濃くて香水がきつく、近寄りたくないタイプの女だた。なのに事件のことが気になるのか、捜査中に何度も現れてうとうしいことこの上ない。
 このケーキ店の店主である若きパテシエも目を丸くしていた。少し天然な性格で、おとりした好青年だた。事件の第二発見者でもある。
「この中に犯人が?」
 暖房のきいた屋内だというのにくたびれたコートを着込んだ探偵に、再び全員の視線が向けられた。
続きを読む »
« 読み返す