てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 inてきすとぽい
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  7 
ブツ
茶屋
 投稿時刻 : 2014.03.30 23:13
 字数 : 2330
5
投票しない
ブツ
茶屋


「持てきたか」
「ああ、ここに」
 俺は手に持たブリーフケースを見せてやる。
「確かだろうな」
「ああ、確かだ」
 正直なところ何が確かなのか俺は知らない。
 きと中身は確かに本物なのかと問うているのだろうが、それが何なのか知らない。
 ただ、指定された場所に行て、指定された額を受けとればいいだけだ。
 知る必要もない。
 厄介ごとには首を突込む主義じない。
「そちもちんと用意してるんだろうな」
 俺はささと取引を終わらせて飲みに行きたいんだ。緊張で喉が渇いた時ほどビールがうまい。
「ああ」
 相手の男はパチンパチンと軽快な音を鳴らすと、銀色のアタケースを開けて見せる。
 毎度のことながらハリウド映画でも見ている気分だ。
 ピン札が整然と敷き詰められている。
「フクザワダラーか、気が利くな」
「大事な品だからな」
 一束とてざと枚数を数え、頭の中で敷き詰められた金額を計算する。
 そして金額が算出された瞬間、血の気が引く。
「足りないぞ」
 何かの手違いかとも思たが、そんなことあるはずがない。
「前金だ」
「ふざけるな。一括のはずだぞ」
 男は呆れたように首を振る。
「こちも完全に信用してるわけじないんでな」
「そうか、じあ、交渉は決裂だ」
 あくまで事務的に言い放つ。内心動揺しているが表情に出すわけにはいかない。
「おと、そういうわけにはいかないな」
 男は自然な動作で銃を抜き、こちらに向けてきた。
「お前がその金を受け取る。俺にそのケースを渡す。それだけのことだろ?簡単じないか」
「そうかな?」
「安心しろ。後から残りの半分も渡すさ。こちだてお前の命なんて欲しくないんでね」
 まずい状況だ。
 だが、相手に有利な状況を作り出されつつある。こちは一人バクアプはない。
 その時、ガタと大きな音が鳴た。
 ブリーフケースからだ。
「なんだ!?」
 男の動揺が見えた。チンスだ。
「そり、中身に決まてんだろ」
「中身?」
「おいおい。まさか中身も知らないでここに来たのか?」
「ば、馬鹿な。そ、そうだな。中身だな」
 かかた。どうやら本当に中身のことを知らないらしい。
 それはこちらも同じだが。
「確認しなくていいのか?中身を」
「確認か。それもそうだな。だが、お前に背を向けるわけにもいかないしな」
「何だ?俺を信用してるのか?銃まで持てきたくせに」
 相手の目が泳いでいる。どうにも中身のことが気になるようだ。気になるが、確かめようがない。むしろ確かめることは避けたいだろう。中身を確かめずに受け取てくることを指示されたに違いない。あるいは中身を見るなとすら言われているかもしれない。
「だたら、俺が開けてやろうか?それだたらお前が俺に銃を突きつけたまま、中身を確認できる」
「そうだな。それがいい」
「よし、じあ」
「待て!お前、その中身を使て俺に反撃しようとしてるんじないのか?」
 反撃?中身を使て?
 反撃てどうやて。いや、中身が武器であれば確かに反撃に使えるかもしれない。
 だが、俺は中身を知らない。
 そしておそらくそれは相手だて同じだ。
「じあ、どうする?試験でもするか?」
「試験?」
「そりそうだ、中身が本物だたら試験すり一発でわかるだろ」
「どうするんだ?」
「おいおい本当に中身のこと知てるのか?試験なんて常識だろ」
「いや、常識がないものでな。そんな試験知らんな」
 くそ、墓穴を掘た。どうする。試験なんてただのでち上げだ。
 どうすりいい。
 ガタガタ
 タイミングよく、またケースが動いた。
「まあ、テストするまでもないか」
「そ、そうみたいだな」
 明らかに相手は動揺している。中身を何も知らずにケースがやたら動いているわけだから。
 俺も少なからずびびてはいるわけだが。
「生きてるのか」
「は?」
「中身は生きてるのか」
 ここに来て相手は中身を知らないことを認めたのか?
 いや、違う。探ているのだろう。
 こちらが生きている、もしくは死んでいるはずだといえば中身は何か生き物。
 こちらが訝しげな表情をすれば、比喩的な意味で言たのだとはぐらかすこともできる。
「さあな。どう思う?」
「答えたくないのか?本当に中身は確かなんだろうな?」
 薄々とこちらも中身を知らないことを感づいているかもしれない。
 交渉はほぼ敗北に近い状況だ。
 仕方がない。
 ゲームは負けだ。
「持て行けよ。正直俺も中身を知らないんだ。確かめようがない。だが、お前もそれは同じなんだろ?だから前金はもらていく」
「ふん。最初からそうしていればいい」
 そもそも厄介ごとに首を突込む主義じない。
「取引終了だな」
 そういた瞬間ケースが激しく音を立て振動する。
「何だ!?いたい何なんだ!?」
 ガタガタガタガタガタガタガタ。
 俺は静かに目を瞑り、しがみ込む。
 厄介ごとには巻き込まれたくない。
 ただ、黙て目を瞑り、耳を塞ぎ、口を閉じる。
 銃声が聞こえたような気がした。

「毎度のことながらきたね
 俺は血だらけになたケースの取手をとるとて周辺を見る。
 血だらけだ。これでもかて程に真赤だ。
 食い散らかすにしてもやりすぎだ。
「おと、忘れちいけねな」
 銀色のアタケースもしかり持ていく。予定の半分だが、仕方ない。
 服も血まみれだ。
 バーに行く前にどこかで着替えてシワーでも浴びなくちいけない。
 面倒な話だが、仕方がない。
 ガシンと何かが落ちる音がした。
 見れば相手の持ていた拳銃だ。
 ケースの中身が吐き出したらしい。
 食えなかたらしい。
 俺はこの中身がどんなものなのか知らない。
 何故誰かが欲しがり、交渉を持ちかけてくるのかも。
 もしかしたら、何かの分泌物を出して獲物を誘い出しているのかもしれないが、正直知りたくもない。
 ただ、金さえ手に入ればそれでいいんだ。

 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない