てきすとぽいトップページへ
第16回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  17 
 投稿時刻 : 2014.04.05 23:35 最終更新 : 2014.04.10 02:57
 字数 : 2785
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2014.04.10 02:57:40
- 2014.04.10 02:18:07
- 2014.04.05 23:35:40
爆睡都市
工藤伸一@ワサラー団


 目が覚めたら電車の中だた。既に停車している。しこたま飲んで爆睡していたのだ。しばらく座たまま呆けていると発車する気配がない。どうやら終電のようだ。でも何か変だ。意識が回復してきたところで車内を見まわしてみると乗客が大勢いる。みんな眠ているのだ。驚いて両隣の客に声をかけてみたものの起きてくれない。とりあえず席を立ち車外にでようとしたら、何かにつまづいて転んでしまた。

 何が落ちていたのか確認してみると、床の上には座れなかた人たちが倒れ込んで眠ている。これは尋常じない。踏まないように気を付けながら運転室に向かう。運転手も眠ている。何てことだ。しかし事故らなかたのは停車後に眠りだしたせいだろうか。それを訊きだすため「運転手さん、終点ですよ」と全身を揺り動かしてみたら、彼は何とか目を覚ました。

 あくびをしながら「おはようございます」と返してきたので、まだ寝ぼけているようだ。「呑気なことを言てる場合じない。ここ運転席ですよ」「本当だ。でも電車が止まていて良かた。そういや終電だ」「電車を止めてから眠たんですか?」「さあね」「とにかく他の乗客を起こして下さい」「まあそれは言われなくてもやります」「眠てたくせに」「お客さん、終電ですよ」「何を今さら。それは分かてます」「失敬。これも仕事ですから」そう言いながらまた眠てしまた。また起こそうと思たが、態度も悪く役に立ちそうにないから他を当たろう。

 車外に出てみると更に異様な光景が広がていた。ホームには大勢の人々が突伏して眠ている。鉄道員たちも例外ではない。駅に何かが起きている。これは非常事態だ。睡眠ガスによるテロの類だろうか。このままでは僕もまた眠てしまいそうだ。焦りを感じつつ改札を出ると、外も同じだた。駅前の交番に立ち寄てみたが、出動中で誰もいない。

 電車の出入り口は停車時に開いていたからホームなど外も全滅だたが、自動車ならガスの被害を免れた可能性がある。そう考え車道に目をやると、所々から炎が立ち昇ている。クルマが事故りまくているのだ。並んでいるタクシーを窓越しに覗いてみると運転手も眠ている。窓を閉めていても駄目だたらしい。居眠り運転のクルマが一斉に衝突したのだろう。

 街全体がテロにあたのだとすれば、一般人の力ではどうしようもない。110番にかけるしかないと考え、ポケトにしまたはずのケータイを探したが見つからない。泥酔していたから落としたのか、それとも寝ているうちにスリにあたのか。困り果てていると事故車の群れの中にパトカーを見つけた。

 窓を叩いてみたが反応がない。近くにあたポールを引き抜いて窓ガラスを割り、そこから手を入れて鍵を開けた。そして直に起こそうとしたが、警官の寝息がない。寝ているのではなく死んでいるのだ。まあ交通事故だから仕方ないよな。そんなこと言てる場合じない。僕が目を覚ましたのなら、他にも起こせる者がいるかもしれない。そこで誰彼かまわず試してみたが、上手くいかない。そうこうしているうちにまた睡魔が襲てきた。(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない