てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ふほへほげげのげ/絶望、そして文学が生まれた時
 投稿時刻 : 2014.04.29 23:56 最終更新 : 2014.04.30 03:02
 字数 : 1164
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2014.05.05 19:46
犬子蓮木 @sleeping_husky
あまりその場をメタにした話は好きではありません。

プロフィール画像
2014.05.05 21:46
muomuo @muo_2
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
・ディスコミュニケーションによる「読者の、文学の」絶望……というテーマかと思って、お題の消化方法に衝撃を受けましたが、二ページ目があると分かって確かに「絶望からの再起」になったものの、「絶望する他者の再起を願う」感情、「考えたこともない疑問が頭をよぎる」文学の誕生……自体は、逆にやられた感は薄まっちゃった……かな? でも、こういうお茶目な作品も大好きです。

(・なお、偶然かどうか同じ狩りをテーマとする作品が並びましたが、もしライオンのお話を読んでから即興で書かれたのだとしたら、色々な意味で巧みですね。脱帽です)

コメント前に
する
ネタバレを含む