てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  17  18 «〔 作品19 〕» 20  49 
創造主の箱庭
kenrow
 投稿時刻 : 2014.05.04 23:31
 字数 : 1710
5
投票しない
創造主の箱庭
kenrow


 現世で「お題」が発表されたことを知て、『嘆きの城のハンナ(仮題)』の主人公エミリアは狂喜の声をあげた。
「ついにわたしたちの出番が来たのね!」
 ぎろりとした目で満月を見上げたかと思うと、彼女は朽ち果てた屋敷を飛び出した。森を一直線に抜けて、今にも崩れ落ちそうなレンガ造りの古城へとたどり着く。
「ハンナ! ねえ起きて、ハンナ!」
「何よ、うるさいわね……」と、寝ぼけ眼の城の主ハンナがてぺんの窓から顔を出す。
「まだ夜の10時じない……もう少し寝かせて。あとハンナじなくて王女と呼びなさいと何度言えば」
「この森はいつだて10時じない! それともあなた、一生寝ているつもりなの?」
「そのつもりだけど何か?」開き直たようにハンナが胸を反らせた。
「いいじない。どうせわたしの人生は永久に行き止まりなんだから」
「それがね、風向きが変わたみたいなの」
 エミリアは幽霊の特権で宙をふわふわと浮かび、ハンナの部屋の窓へとたどり着く。ハンナの部屋はいつ見てもきらびやかだなと、エミリアは羨ましがていた。当初のプロトでは物語の序盤でハンナが壮絶な死を遂げて、この部屋も血に染まる予定だた。しかし物語が序盤にも達せず頓挫したおかげで、ハンナは生身の女王として生き続ける羽目になてしまたのだ。
 ハンナ所有の最新型PCで、ツイターのタイムラインをチクする。あるアカウントがつぶやいた〈今回のお題:「幽霊屋敷」〉という文字列を目にして、ハンナは人間の身体のままで、エミリアに負けないくらい高く跳びあがた。
「夢みたい! やとわたしたちの物語がはじまるのね!」
「そうよ! 3年前にどこかの誰かさんがプロトだけ組み立てて放り出した私たちの物語。それがようやく動きはじめるのよ!」
 エミリアはハンナの背後へと回りこみ、そと肩を抱き寄せた。
「ハンナ、あなたにもきと素敵なパートナーが現れるに違いないわ」
「うれしい! エミリア、わたしずとあなたのことが――
 ガシン!!
 目の前を浮遊する少女にハンナが駆け寄ろうとした瞬間、窓を割て人影が飛び込んできた。
「ちと待!!」
「え、なに、誰なのあなた……?」
 二人の視線の先で、ボクサーパンツ一丁の男が仁王立ちしていた。
「俺は『ネイキド・ベースボール(仮題)』の主人公、名称未定だ! 今回のお題、この俺がもら!」
「どういうことよ! あなた幽霊でも何でもないじない。引こんでなさい!」
「俺はお前らよりも長い5年もの時を耐え抜いてきた。物語を語らないキラクターなど死んでいるも同然。つまりな、俺だて幽霊同然てことだよ!」
「『屋敷』要素はどこにあるのよ……
「学園が舞台だからな! いわば学園が屋敷だ!!」
「無茶苦茶なこと言わないで! それと服を着なさいこの変態!」
 エミリアがそう叫んだ瞬間、「「「ちと待た!」」」と、さらに別の声が3つ聞こえてきた。
 二人と乱入者一人が割れた窓の外を見ると、城の前に3つの人影が立ていた。
「僕は『水中庭園(仮題)』の主人公、ウラシマ(仮)だ。名称未定くんの言うとおり、僕たちは幽霊みたいなものだ。お題は満たしていると確信する」
「わわ、わたしは『タイトル未定(学園ミステリ)』の主人公、名称未定子(中二♀)です! わたしもその、幽霊て設定で、もう4年半も放置されているんです。だから、その」
「フフフ、そして拙者は――
「あー、もう! わかた! わかたから!」
 エミリアがたまらず声をあげる。
「あなたたちの言い分はわかたわ。こうなたら最終手段。公平な手段で決めましう」
 ハンナの部屋に全員を集め、エミリアは幽霊にでも話しかけるかのように、虚空を睨みつけながら言た。
「さあ、どれでもいいから今日こそはじめてちうだい。わたしたちの物語は、あなたにしか創れないのだから」

 幽霊が詰またフルダから目を背け、再びツイターのタイムラインをチクする。
「追加お題は『大金』か、残念。今日こそは書けそうだと思たのに」
 私はフルダをそと閉じて、艦隊の育成へと戻ることにした。
 彼女たちの物語が、いつか日の目を見ることを夢見て――
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない