てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  25  26 «〔 作品27 〕» 28  49 
幽霊屋敷の一件
 投稿時刻 : 2014.05.04 23:47 最終更新 : 2014.05.06 23:43
 字数 : 6812
5
投票しない
更新履歴
- 2014.05.06 23:43:34
- 2014.05.05 23:47:17
- 2014.05.04 23:47:32
幽霊屋敷の一件
たこ(酢漬け)


「きああ」
 夜の館で女性の悲鳴が響いた。それから雷鳴が轟き、雨が降り始めた。真暗な空から土砂降りの雨が降り始め、時折、天に雷光が走た。
 数人の男女がその館の玄関から走り出てきた。
「おい、雨降てんじねーか」
「そんなこと気にするな。それより、早く逃げるぞ」
「でも、一人置いてきて・・・」
「いいから。はやく」
 そんなやり取りがなされ、その若い男女はワンボクスカーに乗り込んだ。ワンボクスカーはライトを点灯させ、タイヤをスリプさせながら方向転換し、急いで走り去て行た。

###

「また、何をやていたんですか?」
 先ほどの若い男女は交番にいた。びし濡れになた服を着たまま警察官の前にいる。警察官はというと、少しあきれた表情をしながら事情を聴取していた。
「ちと、肝試しを。大金が隠されているていう噂で」
 一人の男がそう言た。主に話をしているのはその男で、その男女の中には両肩を抱えたまま震えている女性もいる。
「あー。確かにあそこは心霊スポて言われているからね。ここいらでも幽霊屋敷と言われて誰も近づかないよ。でも大金ね。で、それで?」
 警察官に促され、また男がしべり始めた。
「見ちたんですよ、幽霊を」
 その一言を聞いて警察官は笑てしまた。
「いやでもね。君。何か見間違えたんじないの?」
「いやでも見たんですよ。てゆーか、早く館に向かて下さいよ。実は一人置いてきちて」
 警察官はその一言を聞いて顔色を変えた。
「それは聞き捨てならないね。てことはまだあの館に一人いるてこと?」
「そう。そうなんだよ。だから早く」
 男がそこまで行たところで警察官は男の話を遮た。それから電話の受話器を持ち、どこかへ電話し始めた。
「○○署です。ちと、事件めいたことがありまして。はい。夜の山荘に若い男女が侵入。それから、一人がけがをして館から動けない模様。はい。はい。至急応援を。はい」
 そんな言葉が聞こえてきた。
「いま応援を頼んだからね。ちとその館へ向かわせてもらうよ」
 警官はそう言て交番の奥へと入て行き、出てきたときにはレインコートを手に持ていた。
「悪いけど、君たちにもついてきてもらわなきいけないね。はいこれ。君たちの分」
 そう言て警官は、そこにいた数人の男女にレインコートを手渡した。
「君、運転は大丈夫?」
「はい。何とか」
 それからお互いは車の運転席に乗り込み、ワンボクスカーに続いてパトカーが走り出した。

###

「早いね」
 館につくと、既にパトカーが何台か館の前に止まていた。先ほど交番にいた警察官は
別の警察官と話し込んでいた。
「飛ばしてきたもんですから」
 そう言う警官の後ろでは何人かの警官が現場鑑定やら何やらの準備をせこせこと進めていた。
「あ、こちら刑事さん」
 警官が指示した方にはビニール傘をさして、コートを着た初老の男性がいた。
「君たちも後で話を聞いてもらうからね」
 警官はそう言た。若い男女は肩身を狭そうに、不安げな表情で立ていた。
「でも君、これは事故かもしれないんだろう?」
「それでも、仕事ですよ」
 警官にそう言われると、刑事はとぼとぼと館の方へと歩いて行た。
「あ、僕は君たちの事見張てなきいけないから」
 警官はそう言うと、レインコートの裾を直す仕草をした。そして懐中電灯で周囲を注意し始めたが、特に何もない様子であた。

###

「見つかりました。血を流した女性が倒れています」
「息はあるか?」
「脈を確認していますが、脈拍確認できません」
「人口呼吸は?」
「やてみます」
 館の中は騒がしい様子であた。発せられる声は怒鳴り声に近いものがあた。灯光器が設置され、屋敷の中は明るく照らされているが、照らしきれない箇所があた。
「だめです。息ありません」
 人工呼吸をしている救急隊員の声がして、現場には重苦しい空気が流れた。
「駄目だたか」
 刑事はそう言て煙草に火をつけようとしたが、現場内が禁煙であることを思い出し、すぐに煙草をしまた。
 死体の体温はまだ温かく、死後間もないようであた。倒れている女性の後頭部からは血が流れており、後頭部を強打したことが死因であることが伺われる。
 遺体は階段の傍に倒れていた。刑事が懐中電灯でそちらを照らすと、階段が一段踏み抜かれている跡があた。
 さらに周囲を探索すると、一枚の板が転がているのが見つかた。
「これは、結構な・・・」
 板は激しく腐食しており、人力でも板の表面を剥くことができるようなものであた。
「折れ跡は、一致するか?」
 刑事はその場で、階段を踏み抜いた場所に板を当ててみた。大体一致するようであたが、正確に知るは鑑識に頼まなければいけないだろう。
「おーい。ここ頼む」
 刑事がそう言うと、鑑識がやてきて、その場の写真を撮り始めた。
「どうやら、事故の可能性が高い、か」
 そう言て刑事は死亡現場から離れて行た。その場に居合わせたであろう男女に話を聞くためだ。

###

 屋敷の外はまだ雨が降ていた。刑事は玄関の脇に立てかけておいた傘を指し、ワンボクスの中で待ている男女の方へと歩き始めた。車の傍には、連絡をくれた警官が立ていた。
「ちと話を聞いてもいいかね?」
 刑事がそう聞くと、警官はコクリと頷いた。そして車のウンドウをノクした。
 後部座席横のスライドドアが開かれ、中には男女の姿が見えた。
「なんすか?刑事さん」
「いや、どうやら階段を踏み外した衝撃で死んでいるようなんだがね、その時の事何か見てない?」
「死んでる・・・」
 メンバーの間に戦慄が走り、第一声を発した男も下を向いてしまた。
「ま、つらいのは分かるんだがね。当時の状況を知りたいんだ」
 刑事がそう言てから、しばらくすると、また若い男が話し始めた。このメンバーのリーダー格なのだろうか。
「いや、俺たち二階に上がて行たんだよ。結構ひどい有様だたね。荒れ果てて。最初は大金はどこだーて感じだたんだけど、なんか奥に行くにつれてどんどんやばい雰囲気がしてさ、それで、ちらと懐中電灯を向けた先に、いたわけよ」
「いた?」
「いや、幽霊だよ」
 刑事はその言葉を聞いて顎をさすた。
「君たち薬はやていないよな?」
「当たり前だぜ」
 男がそう言うと、周囲のメンバーも頷いた。
「どんな姿の幽霊だた?」
「えと、髪の長い、女だたかな。やべ。思い出すだけでも」
 そう言て男はぶると武者震いをした。
「それからみんな必死で走り出してよ、無我夢中で、真暗ん中」
「それで、最後にあの階段を踏みしめたあの子が命を落としたわけか」
 刑事はそう言た。
「君たち全員幽霊を見たの?」
 そう聞くと、全員がうなずいた。
「そんなにはきり?」
 また全員がうなずいた。

###

 刑事は再び館の方へと歩き始めた。あと何回この往復をするだろうか。実況見分の状況を聞かなければ。刑事は館の方へと歩みを速めた。
 幽霊の謎は、おそらくのところ、死体の傷跡と、館の中をくまなく探し回れば解けるのではないだろうか。
 とりあえず、事故か他殺なのかを、もと詳しく調べねば。
「しかし、どうしたものかな」
 簡単にばれそうな嘘をつくものだろうか。いや、分からない。確かにここは薄気味悪くて誰も近づかないような場所だ。
 だが幽霊など。
 刑事はその眼光を光らせた。

###

 刑事は屋敷へと戻り、今度は二階へと昇て行た。若者たちの証言から得られた「幽霊」の正体を調べに行こうと思たのだ。
 刑事は手摺につかまりながら、階段を上て行た。階段はぎしぎし音を立てていて、この館が古いことを伺わせる。
 階段の一部が腐ていたのだろうか。そうだとすればあの女の子は運がなかたことになる。他の助かた少年たちの事も考えると刑事は何とも言えない気持ちになた。
 二階には部屋が三つあた。そのうち二つは寝室のようだた。そして、もう一つの部屋は箪笥や本棚が置かれていたが、ベドは置かれてはいなかた。家具はどれも埃をかぶていて、何年もそのままにされている様子であた。
「しかし、家主は一体何をやているんだ」
 刑事はそんな愚痴をつぶやきながら部屋の捜索を始めた。そして、部屋の中に一枚の肖像画が掛けられているのを発見した。
「これは・・・」
 刑事は暗闇でその絵画を見て驚いてしまた。
「また、こんなものを部屋の中に」
 その絵画には一人の少年の姿が描かれていた。髪はよく櫛が通ていて、白いシツにベストを着ている少年だた。
 刑事はその絵画を見て、この屋敷に人が寄り付かなくなた噂を思い出した。確かにこの家には裕福な家族が暮らしていたのだが、ある日、事故で息子が死んでしまた。それからというもの、家族全員が気を病んでしまい、主人が営んでいた事業も倒産してしまい、いつの間にか一家離散してしまたというものだ。
 その後、この建物は不動産競売に掛けられたが買い手が見つからず、そのまま荒れ放題になてしまたそうだ。
 その話に尾ひれがついたものが、この屋敷が幽霊屋敷と呼ばれるようになた所以なのであるのだが。
 と、その時であた。刑事の視界の隅で光の筋が走た。

###

 刑事が驚いてそちらを見ると、一人の若い警官が部屋のドアのところに立ていた。
「驚かせないでくれよ」
 刑事がぶきらぼうにそう言うと、
「失礼しました。なかなか帰て来ないものですから、探しに行けと指示がありまして」
「その指示をしたのは誰だ?」
「○○さんですが・・・」
 ふん、アイツか、と思い刑事は鼻を鳴らした。刑事は部屋の別の方向へ懐中電灯を向けた。懐中電灯をあちらこちらに向けていると、警官から質問があた。
「ところで、この絵は何なんです?」
 警官はやはり壁に掛けられた絵を見て驚いているようであた。
「お前、この家の噂は知ているか?」
「え、少しですが」
「ならあの事故のこともか?」
「え、はい。・・・あ、まさか」
 そう言うと、警官は何かに気付いたようであた。
「そうすると、この子は・・・」
 警官は絵画を眺めながらそんなことをつぶやいた。
 ここで刑事には疑問が浮かんだ。先ほどの若者たちは女性の幽霊を見たといた。だがもしこの絵画を見て、幽霊と勘違いしたならば、女性の幽霊を見たと証言するだろうか。しかもあの男は髪の長いとも言ていた。そうすると、いろいろと食い違いが生じてくる。
 刑事は隣で絵を見ていた警官に話しかけた。
「おい、これが女に見えるか?」
 警官は一瞬何のことか分からないようであたが、次のように答えた。
「さすがにそれは無理じないかと」
「そうか」
 その答えを聞くと刑事は再び一階へと戻て行た。一階へと降りた時に刑事は鑑識に呼び止められた。

###

「すみません。問題があるのですが」
 刑事にそう話しかけたのは先ほど階段の調査を頼むと依頼した鑑識官だた。
「なんだ」
「先ほどから階段の周囲を調べていたのですが、ちと気になることがありまして」
「だからなんだ?」
「いえ、階段に頭をぶつけた形跡が見つからないんです。全ての段を調べましたが、どこにも」
「血液反応は?」
「それも出ませんでした」
「傷口の所見は?」
「私は検視官ではないので、何とも言えませんが、なんというか、階段の角、というよりはもと丸いもの、ハンマーとかですかね。そう言たものによる傷口である可能性が高いかと」
「それで、凶器は見つかたのか?」
「それはまだです」
 刑事はその鑑識結果を聞いて何も言えなかた。
「これは、詳しく話を聞く必要がありそうだな」
 刑事はそう言て、ワンボクスカーの方へと歩き始めた。一度目と同じ光景だた。

###

 結局、幽霊騒動は解決しそうになかた。何しろ幽霊を見たかどうかを判断せずに他殺かどうかを判断することができたのだから。
 そうなると、断然死亡現場にいたあの人物の中に犯人がいることになるだろう。
 刑事はそんな気持ちで走り去るワンボクスカーを見送ていた。
「ぼくはかんけいないからね」
 突然、刑事の背後から男の子の声が聞こえたような気がして、刑事は背筋がゾクリとした。驚いて振り返てみたが、そこには誰もいなかた。
 鑑識官は皆館の中に入てしまいそこには誰もいなかた。投光器の明かりがあるのが唯一の救いだた。
 その明かりも、館の陰影を際立たせていたが・・・

###

「碓氷刑事じないですか」
 碓氷が振り向いたそのまた後ろから声がしたので、碓氷はとても驚いてしまい、びくりと身を翻した。
「何やているんですか・・」
 そこには長身で痩身の男が立ていた。この男も本署の刑事だ。
「驚かさないでくれ」
「え、驚かしてなんかいませんよ?」
 その刑事は何か状況が理解できていないような様子で、きとんとした表情をしていた。
「ここで何やていたんですか?」
「いや、参考人を見送ていただけだ」
「あ、じあさきすれ違た車が」
「そういうこと」
「てことは実況見分はもうほとんど終わてことですか?」
「まそうなる」
「あち
 その若い刑事はそう言て頭を抱えた。碓氷も交番から通報を受けてこの現場に来たのだが、その時ちうどこの刑事は休憩中だたのだ。
「ですがもう一度状況を整理しときません?」
「まそうだな」
 そう言て碓氷刑事と長身で痩身の若い刑事は館の方へと歩き始めた。

###

 相変わらず館の中は投光器で照らされている。館に入てすぐのところに二階へと続く階段があり、そこにはまだ被害者の死体が置かれている。
 投光器の電源であるガソリンモーターが玄関の庇の下に置かれているが、先ほどから降り続く雨でシトしないか不安でしうがなかたが、そんな碓氷の不安をよそに、大きなエンジン音が館の中まで響いてきている。
「あり
 若い刑事は死体の前に行き両手を合わせた。
「死因は頭部を強打したことによる脳挫傷、ですか?」
「ま、検死結果が出るまでは何ともだが、ここで見る限りそうだろうな」
「この様子だと、階段から転げ落ちたんですかね。あそこ割れてますし」
 この若い刑事も真先にそこに注目が行たようだた。確かに階段の一団は踏み抜かれていて、それはここからでも見える。
「だが踏み段からは血液反応は出ていないそうだ」
「え、そうなんですか?」
「あ
 若刑事は少し驚いたような反応をした。
「普通、階段を踏み外したら後ろの方に体が倒れますもんね」
「あ、確かに被害者も後頭部を強打しているのだが、この様子だと、凶器が他にあるのかもしれないな」
「じあ、あの若者たちをすぐにでも取り調べないと」
「ま待て」
 そう言て碓氷は若刑事を二階へと連れて行た。
「わ、何ですかこれは」
 やはり暗闇で見ると結構な迫力があるようだ。
「この屋敷の噂の原因でもある」
「あ、あの水死したていう・・・」
「そうだ」
 碓氷と若刑事はまじまじとその絵画を見つめた。1メータ四方ほどの大きさの絵画であたが。
「ま、この絵がこんなところに飾られているせいで、この屋敷で肝試しをする輩が後を絶たないんだがな。ま家主が行方不明なので撤去するわけにもいかないが」
「・・・それて結構怖い話ですよね。リアルで」
「あ、ま問題なのはこの絵が幽霊に見えるかてところなんだが、お前見えるか?」
「あまりそうは見えないかと。ま急いでみればそう勘違いすることもあると思いますが、一般論として」
「女性に見えることは?」
「それはなさそうですね。あ、でもおかぱの女性ならあり得るかもしれませんが」
「やはりそうだろうな」
 碓氷にはそれ以上何かを導き出すことはできなさそうだた。

###

「出ました。血痕です」
 鑑識官は嬉しそうにそう伝えてきた。床から丸型の血痕が見つかたのだ。おそらく被害者を殴た凶器から滴たものだろう。
「よくやた」
「他にも床から血液反応が」
 碓氷は鑑識を労た。これで取り調べに向かうことができる。
「碓氷さんはそれを待ていたんですか?」
「あ、そうだが?」
「てきり、やることが無いのかと」
 そう言われて碓氷は多少不服に思たが、なるべく表には出さないように努力した。
「ま、取り調べをするにしても、裏付けが必要になてくるからな」
「ところで幽霊問題はどうなたんですか?」
「あ
 碓氷は答えにくそうにしていた。
「ま、今回の件に関しては犯人の嘘だろう。本来のこの館の噂とも離れているし」
「そうですか。でもま、今は人がいるからいいですけど、出そうな雰囲気してますよね。ここ」
「まそうだな」
「でも、なかなか幽霊なんてみませんよね」
「そんなのが見えたらテレビに出れてしまうよ」
「そうですね
 そう喋る二人の後ろで、小奇麗な姿をした少年が手を振ているのに二人は気づいたのだろうか。いや気づかないだろう。
 帰りの車の中で再び少年の声が聞こえたような気がして碓氷と若刑事はビビりまくることになる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない