てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 in てきすとぽい season 3
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10 
(時間外作品) ブラック・アウト ◆xaKEfJYwg.氏
 投稿時刻 : 2014.06.01 08:16
 字数 : 12343
5
投票しない
(時間外作品) ブラック・アウト ◆xaKEfJYwg.氏
ほげおちゃん


「今日は帰りたくないんです。だから」
 彼女の好きな梅酒のにおいがする。梅酒の甘いにおいは凍えた白い吐息とともに夜の空へ散ていく。
……だから?」
 オレンジ色の外灯の下で彼女は立ち止まる。私も立ち止まて彼女から吐き出される言葉を待つ。どうやらお互い二十五になた今でさえ、子供のように欲しい言葉を期待してしまうどうしようもない私のようだ。甘たるくなてしまたその唇で飾らない愛の言葉を囁いて欲しい。
 彼女はダウンジトの両ポケトに突込んだむき出しの手を取り出した。私は無意識のうちに彼女の柔らかな素肌から、手のひらの先から、かすかに動く指先から彼女の体温を想像してしまう。私はカシミヤのマフラーに口元を深くうずめた。
「ね、ユキノ。私酔てます」
 彼女の手のひらは空中でしばらく静止する。
「そう」
 その指先は往き場を失てそのまま、私のマフラーをくるりと回りダフルコートの胸元にすとんと落ちつく。そうして私の背中に抱きつくと、彼女のはにかんだどもり声が聞こえた。「彼女が緊張している」なんてちぽけな事実が私の胸を満たす。耳元で吐かれる彼女の息が私のうなじをくすぐて堪らない。私だて帰りたくないのよ。シラフになりたくないの、あなたもわかるでしう。あと少しだけ大好きなあなたの梅酒のにおいを味わて酔ていたいの。でも――
「私、酔うと記憶を失くすクセがあるんです。知てました?」
「知てる」
「聞いて欲しいことがあるんです」
「知てる」
「まだ何も言てないです」
「それも知てる。……重い、背中から離れて」
 ――て冬の北海道は冷える。まだ冬は始またばかりなのだ。酔いだてなんだてすぐ醒めてしまう。このよこしまなひと時が彼女の心に残らないとは限らない。
 遠い昔の私は、いつだて優れた彼女に甘えてきた。二人だけの空間でただひたすら彼女の大きな体に抱かれて甘えるのが好きだた。なんでもできる彼女。勉強だて運動だて、人付き合いだてなんなくこなして、皆の憧れの存在だた。つまらない日常のなかでもヒーローた彼女は、甘える私をいつだて優しく見つめていた。私を慰める術を知り尽くしている彼女は、それをいつだて最優先にした。私の知りうる人物のなかでは他の誰よりも強かた。
「もう一軒回りましう。今度は酸ぱいお酒飲みたいです」
「仕事は?」
 ヒーローた彼女は、私から素早く離れるとあの頃と変わらない微笑みを見せる。
「先月辞めました。また無職です。文無し待たなしです」
「あんたそれでいいの」
「お金は無いと困ります。こうしてユキノと飲めなくないますから」
「ちがう。十年とか、二十年先のこと」
「考えたことありません。だ――
 遠くで揺れる地下鉄のシルターの音が彼女の次句を隠してしまう。この時刻なら、たぶん最終の電車だろう。
 私は彼女の言おうとした言葉が知りたかた。確認したかた。しかし彼女の言おうとした言葉は、最終電車と一緒にどこかへ行てしまたようだた。

 ▽

 私の椅子が、教室のビニル床を擦りつけて不快な音を鳴らす。
 座学中に突然立ち上がた私を、教室じうの生徒達が不思議そうに見上げている。教壇のむこうで教科書に視線を落としていた教師も顔を上げる。私は室内のありとあらゆる視線を一手に集めてしまたようだ。
「どうした? トイレか?」
 私は、教師の問いに答えないまま一人の女生徒に視線を向ける。
 彼女は、その他の生徒のように見上げることはせず、英語の教科書に目を落とし続けている。
黒板に書かれている英文章と教科書の例文を交互に見て、教師に指示された文章をどうにか読もうと努力していた。まるで私が立ち上がたことなんて、問題じないかのような態度だた。
今の彼女のなかでは、私のことよりも、たかが高校二年の英文の和訳が問題のようだ。
 ――どうして私に視線を向けないの? どうして背を向けたままなの?
 私は彼女の名前を言おうとした。彼女に不満があるのだ。
……お手洗いに行てもいいですか」
 でも言えなかた。どう言ていいのか、くしくしになた気持ちを表現する術を私は知らなかた。
 ばつが悪くなて、ドアまで歩き出す。ドアを力任せに開けて、また大きな音を響かせる。その威圧的な音が鳴り止むまで、その場に立ち止まてみた。
 彼女の後姿をちらと見やる。もしかしたら今度こそ私のことを見ているかもしれないという淡い期待を抱いたからだた。
 ……最後の悪あがきは叶わず、それでも彼女は教科書と睨めこをしていた。
 教室を飛び出した私を追うものはなかた。どこか納得ができず、私は廊下を少し歩いてすぐに後ろ髪を引かれたように立ち止まてしまう。
 背後にある置き去りにした教室から、教師の落ち着いた声が聞こえる。
「ところで八重宮、まだ和訳は終わらんのか」

 ▼

 私と八重宮水佳は小学五年生のときに同じクラスだた。小学五年と六年の二年間が、私たちの何物にも変えがたい大切な日々だた。それまで接点のなかた私たちは、ある日の体育の授業で初めて話す間柄になた。短距離走のタイムを測定している最中、私は激しく転んで膝を擦りむいてしまた。痛いことは痛かたが、そのとき膝を擦りむいた痛みよりも、「良い記録を出さなければならない」失敗できない授業で大失敗をしてしまたことに私はパニクになてしまた。コースの真ん中で放心した私の手をどこからともなく現れ、引て保健室に連れて行てくれたのが八重宮水佳だた。彼女は保健室につくまで何も言わず、消毒液と絆創膏の場所を探り当て、私の膝頭に手際よく貼てくれてはじめて口を開いた。なんと言てくれたか覚えていないが、彼女の言葉を合図に決壊したように泣き出してしまたのは覚えている。
 家庭の事情で少し離れた中学校へ行かざるを得なくなてしまた私は、彼女に小学校の卒業式のあと私の部屋に泊まりにこないか、とお泊り会のお誘いをした。彼女は快く承諾し、私たちはその夜一緒の布団でずと友達でいると約束をした。お互いに「あなたは大事な人」と確認したのだた。
 その日の夜、さよならを告げた彼女の顔を見て玄関で泣き出した私に、微笑んで手を振てくれた彼女の姿を今でも思い出せる。
 しかし完璧な離れ離れではなかた。中学校模試の高得点者欄で度々彼女の名前を見かけたからだ。彼女の名前を見つけるたびに、私は勉強に打ち込んだ。高校の入学式で彼女と再会するために、できるだけドラマテクに再会するために勉強を続けた。ただ彼女と供にいる時間を願て、中学校生活を過ごした。
 結果を先に言えば、高校の入学式で彼女と再会することは無かた。私は学区内で一番の進学高に入学することはできたが、そこに彼女はいなかたのだた。彼女は学区内で一番ぱとしない学区内唯一の女子高に入学していた。
 私はそれを小学校の友人に聞いて首を傾げた。友人は声を潜めてこう言た。
「家族で事故に遭たんだて。お父さんとお母さんが死んじて、ヤエノミヤさんもしばらく目を覚まさなかたの。それから、ね。すごいキビキビしてたユウトウセイてやつだたけど、今はぜんぜん。それでもいい子あいい子なんだけどね。どうしたのかな」
 はやく、はやくあなたに会わないと、と私は思た。

 ▲

 こうなては仕方なく、トイレに向うことにした私はトイレの場所がどこか分からないことに気付いた。酷く方向音痴だたので、長い間彷徨てしまた。
 この女子高の校舎は、どうやらそれなりに歴史があるみたいで、古い校舎を第一校舎としてその周辺に三つの校舎が繋がていた。曲がりくねている廊下を歩いていくうちにトイレのマークが見えるだろうと思ていたが、そんなことはなかた。この学校は増改築を繰り返したせいで意図せず迷路のようになてしまたようだ。そのせいで、人通りのなく電灯もついていない通路にて、三年とおぼしき女生徒が一年とおぼしき女生徒に暴言を吐いている嫌な場面にも出くわしてしまた。
 終いには途方も無くなて、来た道を引き返すことにしたのである。

「笹草さーん」
 教室向かいの階段に腰を下ろし、踊り場の採光窓を眺めていると誰かに呼び止められた。振り向くと、見た覚えのある桃色のヘアピンをつけた短髪の女生徒が立ていた。
「あなたは……
「大川あげは。あげはて呼んでね」
「私は、」
「知てるて。同じクラスでしう。そうでなくても、笹草さんてとても有名なんだから」
 あげはは、マスク越しから発せられるくぐもた声色でそう言て、私の隣に腰を下ろした。彼女の切りそろえられた前髪が揺れる。ちらとおでこのあたりにシールみたいなものが張り付いているのが見えた。
……どう有名なのやら」
「転校生でしう」
「それて、そんなに珍しいことなの?」
「ただの転校生じないよー? あの頭いい南高校から、なぜかこんなへんぴな学校に転校してきた謎の転校生。成績優秀、スポーツ万能、美人でスタイル良し。男子が居たら、放ておかないね。きと」
……
「ホント、漫画みたい」
「それはどうも」
 あげはの前髪から覗くシールのように見えるプリント柄の絆創膏が、やけに不自然に映る。彼女は私の視線に気付いて、おでこを手のひらで隠した。
「さきの授業中さ、ずと八重宮さんのこと見てたでし
 隠されてもなお、私はおでこを凝視し続ける。
「その絆創膏は?」
「これはいーの」
 今度は彼女の口元にあるマスクに視線を落とす。
「風邪気味なの?」
 彼女は明らかに嫌な顔をして目を逸らし、すぐさま強引に話題を戻す。
「じと見てたでしう? 白状したまえ」
「なんの話?」
「八重宮さん」
 私の呼吸は勝手に止まてしまう。
「やぱり。八重宮さんと笹草さんの間に何かあたのかなーて思てさ。追いかけてきちた。すごい迷てたねえ、トイレなんていくつもあたのに。考えごとでもしてた? でも歩くの早いんだもん、案内しようと思たけど、途中で見失た」
 ぐいと擦り寄てくる。あげはの顔をようく見ると、目元が腫れているのがわかた。
「笹草さんと八重宮さんの間に接点が見えないから、みんな不思議がてたよ? 八重宮さんてトロイからさ、笹草さんに何かしでかして、目付けられたんじないかとか……
「違うわ」
「そうなの? なら私たちが気にしすぎなのかな。八重宮さんて人気あるからさ、じと見てる人多いんだよ。フンクラブまであるし……ていても同じクラスの宮古さんと、山岸さんと……
 あげはは指を折りながら日本人の苗字を挙げ続ける。私は溜息を吐いて、その行為をやめさせる。
「どこが人気なの。勉強だてできないみたいだし、だいいち『トロイ』んでしう?」
「勉強なんてできなくても、いいじん」
「別に男ぽいてわけでもないでしう」
 彼女は、そんな愚問始めて聞いた、とでも言うように饒舌に語りだす。
「あのね、優しくて、包みこむような淡い目がいいの。体が大きめだけど、威圧感ないじない?全体をしかりと見てる」
 まるでお気に入りのアイドルについて話すように、楽しそうに、嬉しそうに言葉をつむいでいく。確かに本当にそんな人間がクラスにいたら、人気者だろう。彼女は饒舌さを失てようやと、お仕着せでない言葉を呟いた。
「いつだて、その目で困た人を見つけて、手を差し伸べてくれる」
 私は、彼女のおでこに張り付いた絆創膏や、腫れぼたい目元や、何かを隠すためにつけたであろうマスクを見てほくそ笑む。
「まるで手を貸されたことがあるみたいな言い方ね。そんなこと一度でもあるの?」
 彼女は答えない。いや、きと答えられないのだ。
「そう。ヤエノミヤて人は、そんなにも人気なのね。でもここは女子高」
「関係ないよ。憧れるのは勝手でしう」
 言葉が途切れる。あげはの肩が震えている。
……そう。いじわる言てごめんなさい。あんまりにも、私が抱く『ヤエノミヤさん像』とかけ離れているから驚いてしまて。そうね、ヤエノミヤさんはいつも、あげはさんに良くしているのね」
……そうだよ」
 あげはは自信の欠片もない頷きをひとつつく。
「優しいんでしう? フンクラブが出来るほどに」
……勘違いだたみたい」
「良く分からないけど、そうみたいね」
 私が微笑んで返すと、あげはは立ち上がて私を見下ろした。
「笹草さんはちともだ」
 彼女はそういて、私に背を向けて教室に戻ていた。


「笹草さん。どうですか? 学校には慣れました?」
 彼女は微笑んで世間話をもちかけてくる。
……
 美術教室の周りを見渡すと、誰もが思い思いに、木造りのブロクを木目調の薄い板の上に置いていた。今後の授業で、このブロクをボンドで固定し、色を塗る。「未来」をテーマにした美術の立体の授業だた。
 向かい側に座ている彼女の板には、まだ一つもブロクが置かれていなかた。ブロクは板の傍に丁寧に整列されている。
「笹草さんは凄いですね。それは街ですか?」
 彼女は綺麗な指先で、私の手元に置かれた板を指し示した。確かに、ブロクを家と見立て配置していた。街といわれれば街なんだろう。合てはいるが、私は頷きもしなかた。
 彼女は構わず話しかけてくる。
「ここに川を流して、ここにブロクを積み合わせて高い塔を作る。そしたらこの街そくりだ。笹草さんは、勉強も出来てセンスもある。スポーツまでできますね……
 私は、彼女の何も置かれていない板と、その傍に整列させられたブロクを眺める。
「だから?」
 口調がきつめになてしまう。こんな反応を彼女にしたいわけじないのにだ。
「さ、笹草さんは美人ですし……本当に憧れてしまいます」
 唇を噛み締める。彼女の表情を確認すると、それでもまだ微笑んでいた。堪らなくなて、配置されたブロクを板の上から全て払い落とした。落ちたブロクは床を跳ねて飛び散る。
「さきから――
 彼女は目を丸くして、口をぽかんと開けた。なぜ私がこんな行為をしたのか納得いかないのだろう。彼女はワンテンポ遅れて「あ」と小さく漏らした。その「あ」という言葉はきと、気の障ることを言てしまたのではないか、という気付きの声だろう。でも違う。私は――
「笹草さんて、どうして呼ぶの? ミズカは私のことを忘れたの?」
 彼女は、私など見ずに、落ちて散らばたブロクを丁寧に拾い集める。私はその後姿を見下ろす。
「ね、昔みたいにユキノて呼んで」
 唇が震える。気持ちと折り合いがつかなくなていく。
「私を見てよ。私、ミズカに何かした? したなら謝るわ。ね
 私の涙声に反応して、とうとう生徒たちが一斉に私達に注目する。
 彼女は拾い集めたブロクを、板の上に置いていく。どうやら私が作ていたものを再現しようとしているみたいで、苦心しながらブロクを一つ一つ置いていた。
「やぱり私がやると、ダメですね。街にはとても見えない」
 申し訳無さそうに笑う水佳の顔を見て、涙が溢れ出てくる。
「ユキノ……さんが悲しい顔をすると、私、悲しくなてしまいます」
……
「そんなつもりじなかたんです。お友達になれないかと思たんですけど……私、ユキノさんとお友達になりたくて……あの、気に障たなら謝りますから」
 彼女は、眉を下げてすまなさそうに頭を下げる。私は違う世界に飛び込んだSF物語の主人公になたのだ、と思た。眩暈がする。空気が合わない。
 「お友達になりたい」というのが彼女の本心なのだ。私が怒る理由に心当たりがないのだ。本心から「すでにお友達である」私との時間を無かたことにしたいのだ。
 ――私は何を期待していたの? 私は彼女にどうして欲しかたの?
「なんで。こんなことのために、転校してきたんじないのに」
 放心した私は泣き崩れてその場でうずくまた。その際に足を椅子の角で切てしまう。痛い。辛い。今までしてきたことが大変であればあるほど無意味になることが辛い。それ以上に、大切な人だと一方的に思ていたことや、私は彼女の忘れたい過去であることが辛かた。
 ――誰かこの世界から私を救い出して。息苦しいの。溺れてしまうわ。
 そうやて、みともなくうずくまている私の手がある手に引かれる。心のどこかにいる冷静な私が、授業の邪魔だわ、と判断する。そりあ避難させるわよね。何処へでも連れて行て頂戴。ここじなければ、どこでもいい。
 私の手を引いたのはヤエノミヤだた。彼女は、何も言わず手を引て美術室から飛び出す。私は知ている。この後、私は保健室に連れて行かれるのだ。そして、彼女は消毒液と絆創膏を探り当てる。私のおでこに消毒液を塗て、絆創膏を貼り付ける。そして「びくりした?」と笑う……彼女を期待している。
 目的地は予想通り保健室であたが、彼女は何も探り当てず、私をベトに座らせるとこの部屋を出て行た。養護教諭はいなかた。


 授業の終わりを告げるチイムが聞こえて、保健室に入てきたのは養護教諭ではなく、見知らぬ女性徒だた。彼女は周囲をちらとも確認せず、扉を閉めてそのまま真直ぐベトに座る私まで近づいてきた。
「水佳と同じ中学校だた吉野です」
 私はこくんと頷いた。
「話は水佳から聞いた。あの子ずいぶんと慌ててた。状況が上手く飲み込めなかたけど……と笹草さんは水佳と小学校のとき仲良かたんでしう? それで大体把握した」
 この部屋はとても涼しい。でも、私の体温は徐々に上がていく。頭はぼとして、これから聞かされるであろう事実を受け入れまいとしている。吉野は口を開いた。
「なんであれ、水佳は小学校のことは綺麗さぱり忘れている。事故に遭たあの日から。それどころか、両親のことさえも忘れてしまている。でも、彼女自身にはどこも悪いところはない。成績は悪くなたみたいだけど、それであの子の全てが変わたわけじない。だから、今までのことは忘れて、今目の前にいるあの子と仲良くして欲しい」
「あなたはヤエノミヤさんとお友達なの?」
 当たり前なことを聞いてしまう。
 吉野は頷いた。
「あの子は今、私の叔母がやているアパートに下宿している。私もそこにいるから、良く話す。友達と聞かれれば、そうだと思う」
 これほど、遠まわしに肯定されたのは初めてだた。吉野はどこか普通の人と違うところがあるみたいだ。言葉の流れが、いたるところでせき止められている。スムーズではない口調。なんとなく、今の水佳を思い出す。
「思い出話ができなくて残念だた。それは素直に同情する。でも、あなたの期待を押し付けないで欲しい。これ以上あの子を振り回すのだたら、私は笹草さんを許さない」
 許さない……どうやら私は吉野に糾弾されているようだ。力なく、ええ、と呟く。
「ええ。どうやら私の思い違いだたみたい。私はこれ以上ヤエノミヤさんや吉野さんを困らせるつもりはない。大丈夫。大丈夫」
 繰り返し大丈夫と呟いて笑う私を見て、吉野は目を細めた。
「私の知ている大丈夫とは、笹草さんは程遠い。今日はもう帰たほうがいい」
 微笑みを作てみたものの、どうやら上手くできていなかたようだ。
「一つだけ教えてほしいの」
……
「私はこれからどうしたらいいのかな」
 吉野は私には出来なかた完璧な笑みを浮かべた。
「今日はもう帰たほうがいい」


 職員室で担任を見つけて、早退するという旨を伝えると、担任は「八重宮となんかあたのか。
そういうのはできるだけ急いだほうがいいぞ」と言た。美術の授業中、錯乱した私のことを、あらかじめ水佳が担任に伝えたのだろうと推測した。担任は何故か優しく、今日はもういいということだけ伝えて、受け持ちの教室に戻ていた。担任の椅子の傍に、私の荷物が置いてあた。この荷物は、彼女が持てきたのだろう、と思た。確かに、ヤエノミヤさんは全体をしかりと見ている。その通り、今の私には教室に戻る元気は持ち合わせては居ない。


 私はバス停のベンチで三本目のバスを見送た。その間、どうして彼女に固執していたのだろうと考えた。大切な思い出があた。しかしそれは壊れてしまた。今の私の気持ちを上手く一言で表すなら、喪失感とでも言えばいいのだろうか。要するにがかりしたのだ。がかりした経験なんて数え切れないほどある。お気に入りのマグカプを割てしまたことや、部屋にぴたりだろうと思て買た本棚が隙間に上手く嵌らなかたこととか。というか、始めから彼女がどこを受けるかリサーチしとけばよかたのだ。そうすれば変わた彼女にさよならをして、どこか別の高校で楽しいことを見つけていたところだたのだ。
 思い切て、道路を挟んで向かい側のバス停に乗てみた。街の中心部に向かう路線だ。駅の遊び場で男を見つけることにした。
 出来るだけ小柄で細めな……シルバーアクセサリーなんかを見せびらかしている男がいい。
 駅の改札を抜けると、誰でもよくなて、私は手ごろな若い男に声を掛ける。思たよりも背が大きめだたが、構わず腕を絡めた。香水の臭さが私を不快にする。そんな私の表情の変化に気付くわけも無く、男はただ喜んだ。
 その夜、終電では帰れなかた。

 ¶

 次の日、朝のホームルームが終わると、水佳が声を掛けてきた。私は出来るだけ笑顔を作て、やり過ごすことにした。
「どうしたの? そういえば、この前はごめんなさい。もうあんなヘンなふうにはならないから、安心してちうだい」
 水佳は私の机の前で首を傾げる。
「ヘンなふう?」
 彼女のオウム返しにイラついてしまう。あなたの目には「ヘンなふう」に映たのでしう、と言いたかたがやめにした。
「とにかく、昨日はごめんなさい。ヤエノミヤさんには迷惑かけないようにするから、この辺にして」
 私は視線を窓に向ける。窓枠の外は山が見える、ただそれだけだた。
 水佳は視線を逸らした私の手を、不意に掴んだ。
「何するの」
「私、反省しました」
 私は唾を飲み込む。
「反省?」
「はい。正直、ユキノさん……
 水佳は私に目配せをする。まだ呼んでいいのか、という確認のつもりだろう。どうでもよかた。私は頷く。
「ユキノさんの言いたかたことが分かりませんでした。ユキノさんとは違て、私はあまり頭が良くありません。運動だてできないし、トロイです」
「そうみたいね」
「もしかしたらいつかどこかで知り合ていたのかもしれないです。でも、私あまり覚えられなくて、忘れてしまていたのだと思います。あの……
 私は彼女の顔を眺める。ふと、頭の中である疑問が巡り巡る。
 ――どうして、覚えても居ない私にこの女は一生懸命なんだろう。
 本当に私のことを覚えていないのであれば、急に現れて感情をぶつけてきた私に恐怖しているのではないのか。普通はそんな危険な人物とは距離を置くのではないか。
「ね、なんでそんなに必死なの」
 彼女は困たように微笑んだ。
「分かりません。多分理由はないです」
……
「あの、これ」
 水佳はポケトから絆創膏を取り出して、私に見せた。それはシールのように見えるプリント柄の絆創膏だた。
「足ケガしてましたよね。まだ手当てをしていないのならこれ使てください」
 私ですら忘れていたことを、水佳は心配していたようだ。言われて、私は足を確認する。ふくらはぎに一センチ程度の傷があた。彼女はその傷を認めると、その場で絆創膏を貼た。
「私、よくケガするので持ち歩いているんです。ユキノさん、もう一度じだめですか?」
 絆創膏を貼られながら、私はぼと彼女の言葉を反芻した。
「もう……いちど?」
 彼女は楽しげに答えた。
「もう一度、思い出を作りましう。これ以上ないていうものをです。確かに、小学校の私と今の私は違うかもしれません。でも、きと小学校と違う私とだたら、その頃以上の思い出が出来るかもしれません。どうでしう」
 私は苦笑した。何を言ているのだこの女は、と思た。辺りを見渡すと、ヤエノミヤさんのフンクラブ会員と思しきクラスメイトがちらちらと羨ましげに見ていた。そうとは知らず、彼女は得意げに胸を張る。どうだ、参たか、という様子だ。
 今まで悩んでいた全てのことがどうでもよくなて、彼女のくだらない提案を了承することにした。
「それが出来れば、それでいいわ」
「出来ます。努力します!」
 今私にとて確かなのは、彼女のくだらない提案に乗たほうが、男とベドで一晩ともにするより少しだけ面白そうだということぐらいだた。


 それから、私達は時々二人だけの時間を過ごした。残りの高校生活はあという間で、やはり私の思い出のなかでヒーローた彼女とは違う、新しい彼女と思い出が作られた。喧嘩をしては仲直りして、そのたびに彼女が謝て私が許した。同級生に告白された私の相談に乗たのも彼女で、フラれたときに慰めてくれたのも彼女だた。
 フラれたときや嫌なことがあたときは決まて彼女とお酒を飲んだ。彼女は梅酒が好きで、私は彼女のために毎年梅酒を作るようになた。それがいつしか楽しみにもなた。
 あという間に二十五になて、私は市立の図書館に腰を下ろして将来のことを考えるようになた。しかし彼女は違た。
 彼女は大学にも行かず、資格も取らず、定職に就かず、日雇いの仕事を転々としては生活費をなんとかやりくりしていた。もうあの頃の彼女はいない。時々思い返す。あの頃の彼女が生きていたら、私はどうなていたのだろう。こうして二人で梅酒を飲むことができたのだろうか。
 今となてはこれで良かたのかもしれない。少なくとも私はそう思ていた。だて、彼女は私と思い出を作る約束をしたのだから。友達でいつづけるという約束よりも、もと効力の強い呪いの言葉を彼女は吐いた。そう、定職につかない限り、呪いが解かれない限り私は彼女と居続けることができる。

 △

 最終電車が通り過ぎて、地下鉄のシルターは鳴りを潜めた。
「もう一軒はさすがに無理ね。私の家で飲みなおす? まだ家にお酒あたと思うから」
 彼女は嬉しそうに笑て頷く。
「まだまだ飲みますよー
 そうして私の手を引張る。私はもう一度マフラーに顔をうずめる。頬が熱くなてきた。どうやら私も酔たみたいだ。


 私たちはコタツに入りながら、ケーブルテレビで放映されている映画を見た。ホラーなのかサスペンスなのか判断のつかない邦画でとにかく画面が暗く静かだた。彼女は大きな欠伸をふたつつく。テレビの右端に、二時と表示されている。
「もう寝る? お酒は今グラスに注いであるので最後です。本日の営業は終了致しました」
「ベドで寝たいです」
 いそいそとベドに潜り込もうとする彼女の腕を引く。
「服ぐらい着替えなさい。あんたが着ると思て買といたあれ。その服は洗濯出しちうから。
何日それ着てるの」
「めんどくさいです」
「いいから。言うこと聞きなさい」
 彼女はふくれつらで、仕方なさげに服を脱ぎ散らかす。私は溜息を吐いて、遠くへ飛んでいたねずみ色のシツを拾いにいた。
 このシツを着る彼女を良く見る。彼女のお気に入りなのだろうか、なんてどうでもいいことを考えながら、そのまま拾た服を洗濯カゴに入れ、彼女のために買たパジマを入れた箪笥を引いた。すると視界が真暗になた。
「だーれだ」
「あんたね……
 耳元で彼女の好きな梅酒のにおいがする。私の胸の鼓動がはやくなていく。
「私、酔うと記憶を失くすんです。知てました?」
「今日は面倒なほど酔てるわね」
「聞いて欲しいことがあるんです」
「もういいわ。なんだていて頂戴」
「私、小学校でユキノと遊んだこと。覚えてます。卒業式の夜にお泊り会したことも。同じ布団でずとお友達でいようて約束したことも、ばいばいのときに泣いたユキノの顔も、それに手を振たことも」
……てる」
「いじわるしてごめんなさい」
 私は後から彼女に寄りかかられる。彼女の体重を感じる。まだ視界は明るくならない。暗転。ブラクアウト。

「兄が一人いたんです。両親に酷く虐められていました。兄は、頭が良くないから虐められているんだ、と笑てました。でも夜中に泣いていたのを知ています。私は両親が親戚の法事で高速に乗ることを知りました。それで、タイヤに穴を空けました。その夜に両親は事故で死にました。タイヤのせいではなく、居眠り運転していたトラクと高速道路で正面衝突したみたいでし
た。タイヤはすぐ気がついて交換したみたいでした」
 私は彼女の言葉に耳を傾ける。ただ、嬉しかた。彼女の秘密に触れているということが。本当は彼女の目を見たかた。こんなブラクアウトではなく、真正面から彼女の全てを受け止めてあげたかた。しかし、それは彼女にとてはまだ無理なことだたようだ。
「多分、私が殺したのだと思います。兄も酷く傷ついて、首を吊りました。私には兄の気持ちは分からなかた。てきり、両親を恨んでいるのだと思たのです。でも違た。兄は両親のことを理解し、愛していた」
「そう」
「ね、ユキノ、愛てなんでしう」
 私は迷うことなく答える。
「私はあなたを愛しているわ。世界中の誰よりも」
 彼女は苦しそうに返した。
「利口てどういうことなんでしう。勉強して身につくものなのでしうか。私はユキノのして欲しいことは分かても、ユキノの気持ちは理解できません」
 そういてやと、視界を遮る彼女の手のひらが私の瞼から離れる。私は彼女のために買たピンク色のパジマをじと見つめる。
「理解できなくてもいい。されなくてもいい。そう思えるのが、愛してる」
「じあ私は兄を愛していたと言ていいのでしうか」
 振り返ると彼女は下着を着けていなかた。私はパジマを彼女に手渡す。
「あなただけが納得できる愛を見つけなさい。それか、愛なんて古臭い言葉ととと忘れて定職につきなさい」
 そういてから、彼女の裸体に目を滑らせる自分を自覚して、視線を逸らせた。彼女は受け取たパジマを身に着けて、私をベドまで連れて行た。
「あの頃のように一緒に寝ましう」
「あの頃?」
……忘れてください」
 私はベドのなかで、彼女を抱きしめた。明日になたら彼女はまた嘯くだろう。「何かいいました?」とのうのうとのたまうのだ。それでもいい。彼女がそうしたいのなら。
 私の胸のなかで、彼女は飾らない愛の言葉を囁いた。
「愛してます、ユキノ」

 END
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない