てきすとぽいトップページへ
第一回 クオリティスターター検定
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  8 
呪 (じゅ)
 投稿時刻 : 2014.06.17 10:11
 字数 : 1109
5
投票しない
呪 (じゅ)
住谷 ねこ


 2年前、日本中がその冬一番の寒波に襲われた日
新谷さんが亡くなた。

金曜日の朝 10時頃 仕事場に行くと
所長である日森さんがバタバタと着替えをしていて
 「あー 高島さん あなたも一緒に来て
 今日の予定は違う人に行てもらうから
 ……新谷さんが亡くなたの」

「いつ? いつですか?
 おとといは だて 元気で
 私、いつもどおり だて…」

「今朝なのよ。今朝連絡があたの
 あーでも亡くなたのは昨日の夜らしいの
 夜中に大きな音がしたからその時じないか
 トイレで倒れてたて 隣の部屋の人が朝区役所に連絡したんだて」

新谷さんの壁の薄いアパートのことを思た。
誰も身寄りのない新谷さんは区が保証人にな
借り上げているプレハブみたいなアパートで一人暮らしをしていた。

そして、私が働いていた介護施設の
デイ・サービスを受けていて
私は毎週水曜日 新谷さんの担当で
午前11時から午後3時まで
掃除や洗濯をし、新谷さんに頼まれた買い物をする。
そういう事をしていた。

--------------------------------------------------------------

  どうして急にそんなことを思い出したかというと
テレビのニスに「斉藤久遠(さいとう くおん)」と名前が出て
それに少し記憶があたのだ。

ずいぶんたつのに忘れずにいたのは名前が珍しいのもあるが
それにまつわる話がちと特異でもあたからだ。

新谷さんとはよくいろんな話をした。
手伝いに行くとこれでもかと用事をてんこ盛りにする人も
少なくない中、「私が欲しいのは話相手なのよ」
そういて 掃除も洗濯も自分で出来るからと
まず 「そこに座て、いいから座て」 そう言うのだた。

いろんな話をしたとは言ても新谷さんの人生は
特別、波乱に満ちていたわけではない。
普通に短大を出て、普通に就職し、結婚し……
ただ子供は出来なかたそうだ。
と変わているといえば占いが得意だたことくらい。

手相もタロトもやるけど占星術が一番当たるといていた。
星占いなんていうと女性雑誌のうしろにのている
今週の運勢みたいなのを思い浮かべて
12種類しかない運勢なんて、そんなの当たらない。
と思うかもしれないけど 本当の星占いは違う。

本当はひとりひとり、生まれた年や、月や日にち、時間
そういうものでみんな違う運勢がある。
そう言ていた。

でも新谷さんは保母さんだた。
結婚してからも仕事を続けていた。
仕事場に行けばたくさんの子供たちが自分を慕てくれる。
自分に子供がいなくても少しも寂しくなかた。
みんなかわいい。
むしろいないからこそ他人の子供でも
本当の子のようにかわいいのだと思ていた。
そして天職だと思ていたという。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない