てきすとぽいトップページへ
第18回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  22 
袋小路の楽園
 投稿時刻 : 2014.06.14 23:39 最終更新 : 2014.06.14 23:45
 字数 : 2703
5
投票しない
更新履歴
- 2014.06.14 23:45:01
- 2014.06.14 23:39:25
袋小路の楽園
【暁輝】-暁 舞輝-


*
 指先を噛み千切りたいくらい、愛しているの。
今日もシーツの海からわたしを見ているその二つの瞳は、きとわたしより野生の瞳をしているの。
 やめてよ。どうぶつみたいな愛仕方は好きくないわ。
とは言うけれど、わたしの本性は違うわ。
今にもあなたの指を噛み千切りたい、それくらい愛しているの。



*
 朝の日差しは間接が外れているみたい。そんなだるさを孕んでいるの。
でもね、そんな腕が伸びるみたいなだるさが吹き飛ぶ瞬間があるわ。
わたしの指を、ぺろぺろ、くちくち。舐めている子供みたいなあなたを見るとね。
ああ、わたしは今日もがんばれる。そう思う。
 ねえ、仕事にいくのはやめてずと一緒にいろ。そう乱暴に言てよ。
そしたらわたしは鼻を高くして、気取るわ。ばかにしないでよ。て。
そうやて焦らすの、きと相手と長続きする秘訣かな、てあなたは笑うかもしれないわね。
でもわたし、そこまで考えているわけじなくてね、ただ困たあなたの顔が見たいだけなのよ。
 あなたが楽しそうに友達のことを喋て、話題が最高に高また時に。
わたしはあなたの横頬を叩きたいの。
泣き虫な赤ちんみたいに困惑の表情を浮かべるあなたを見たいの。
て、てひたすらに要求するから。
あなたはぼろぼろになる寸前の肺から精一杯声を振り絞て、ごめんと謝て。
そしたら抱きしめるわ。
かわいいひとね、と言いながら。


**
 今日も私は仕事に励むの。
て貴方との時間を一緒に過ごすためにね。
朝の日差しに抱かれたあの空間をまだ忘れられないわ。
私の体の、右肩から足のつま先までが、ぴくぴくと電流を流したようにうずき出すの。
 また課長がお茶を汲めと言うわ。
なんなの。そんなにまあるいお腹になるまで動かないなんて。
ほんとうに品がないわ。
臭いもキツいし、でぷりとした腹だし、私のことをいろ目で見るし。
いやらしいわ。本当にいやらしい。
でもセクハラだなんて言たら会社のお勤めできなくなるから、言わないけど。
 早く週末にならないかしら。あの人と会いたい。
こんな会社、潰れてしまえばいいのよ。
地震でもこないかな。
 そんなゆめとうつつの世界に思案を向けていると、今日ももう終わた。
でもそれでも何もかもが辻褄が合わない世界。
いうならぴたり嵌らない世界。
 だて、家に帰たら嫌な亭主が待ているもの。
ああ、嫌。結婚なんて女の墓場よ。
なんでいずれ飽きると分かているオトコと結婚したのかしら。
営みだて同じことの繰り返し。料理には美味しいて言わない。おならは臭い。
キスするとタバコの臭いがお腹にまで広がた気分。だいきらいよ。
 それでも、仕事帰りで足が棒くらい疲れていても、仕方ないから料理してあげるの。
私、優しいでし
ああ、はやく、会いたいな。貴方は今日はどんなことしてるんだろう。



*
 もういや、やめて。
今日の夜はそういう気分じないの。
なんでいつも求めようとするの。
 喧嘩して、夫と背中を向けながら寝るベドの上。
間接照明がただ薄らと光るの。
と今日、あの人のことを考えたからね。
あなたは今、どんなことしてるのかしら、なんて考えたから。
夫じ相手にならないの。もう嫌なの。
無口な人で、寡黙な人。そんな人より、あなたに会いたい。
明るくて、未来に溢れてて、楽しく一日を過ごす。
本当に魅惑的なの。あなたに舐められた指が今日も、ぴりぴりてうずく。
会いたいわ。会いたいの。
 なんとなく指についたベドの柵を、思い切り噛んだらわたしの歯が軋んだみたい。
口紅で汚れたベド柵を見て、窓から照らす月灯が頬を照らした時、わたしは静かに涙を流した。
身体が熱くなた。
ただ意味もわけもわからない涙がただ流れたの。




**
 何もない朝。ただスーツを着て今日も会社に行くだけ。
今日はキツめの口紅で、アイシドウまでばちり入れるわ。
美容室の予約は明日。明日が楽しみ。
ようやく週末だわ。何よあの豚上司。
 今日は君、いつもより綺麗じないか。ですて。
ふざけんじないわ。あんたに褒められたくないし。
なんなの、私をそんな目で見ないでよ。
いろ目を使ていいのはあの人だけ。
と若いからて私に手を伸ばそうとなんかしないで。
あんたなんて奥さんとマンネリ化して毎日を垂れ流してればいいじない。
普通の恋愛をできるのは、顔が普通以上の人だけよ。
あんたなんてキバクラでもなんでも行てくればいいのよ。
こんなところで人より多く体からよく出る油売てないでね。
 花の金曜日だから一緒に遊びに行かないか、ですて。
お断りよ。あんたみたいな若いだけのスポーツマンみたいな人となんて飲みたくないわ。
筋肉がある人て、力強く抱けばいいて思てるわ。
言葉が聴きたいの。チコレートみたいな言葉を耳から入れて欲しいの。
脳味噌の辺りであたかいキスをしてホトチコが口から蕩け出す。
それを吐息と呼ぶてこと、理解しているかしら。
多くの男は理解していない。最低よ。
 だから貴方に会いたい。貴方は全部理解しているわ。
私、貴方に会いたくて仕方ないの。
だから今日は、ほんとうにほんとうに。胸がわくわくしているわ。



*
 どこにも行く当てがない。いいえ、行くことができない。
深夜のネオンが行たり来たりするのを見下ろした。
高速道路の奇妙な橙色と怪しく踊る白とかくすんだベーを放つヘドライト。
今日を終えた人たちが、哀れな顔して歩いていく。
そんな景色が袋小路の楽園から見えるの。
 ただ、あの人たちは幸せよ。行く場所があるのだから。
わたしたちにはもう行く場所なんてないの。
袋小路の楽園で、ただ身体を重ねて吐息を吐き出す。
 どうぶつみたい、とわたしが言うと、あなたは笑てキスをする。
 けものみたいでし、とあなたが笑う。
ああ、あなたの局部を、四肢を撫でる指は綺麗。
わたしの肌の上でフアスケートしてるみたい。
 腕をあなたの頭に回した。
 やさしくして。
 ただ耳元で、あなたがわたしに囁いた。
今度はわたしの番だから。
あなたの柔らかい身体をまさぐるの。
あなた、やぱり素敵な女性ね。
わたしもあなたみたいに可愛い女性だたらよかたのに。
ううん、でもよかたわ。
わたしたちが同じ悩みを抱えて、同じ苦しみを分かち合えたから。
今、わたしたちはこういう関係でいられるの。

 ねえ、あなたの綺麗な薬指、噛み千切ていいかしら。
 なんで? 貴方、いつも指を噛みたがるわね。
 仕方ないでし。その指輪が収まる指、気にくわないから。
 だたら私も、貴方の指を食べたいわ。

 結局、わたしたちは愚かだ。
 どこへも行けない。それに行こうともしない。
 今日もこの都会の週末で、家を無くした少女のようにわたしたちは袋小路に迷い込む。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない