てきすとぽいトップページへ
第三回 てきすとぽい杯
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  15 
庚午のジョリーパスタにて
 投稿時刻 : 2013.03.16 23:34 最終更新 : 2013.03.17 08:00
 字数 : 1999
5
投票しない
更新履歴
- 2013.03.17 08:00:13
- 2013.03.16 23:34:35
庚午のジョリーパスタにて
ひこ・ひこたろう


買い物のために外出した時のこと。ジリーパスタの前で店のバイトのイケメンなお兄さんが、自転車に乗た若い女性と、何やら話していた。

「ああ、青春だなあ」と思い眺めていたのも束の間、お兄さんの方は店に戻て行た。

しかし、女性の方は自転車に乗たまま、そこから動こうとはしない。いや、動かないというのは、正確にいうと間違いである。なぜなら彼女は自転車に跨たまま、もぞもぞと後ろを振り返たり、自分の足元を覗きこんだりしていたからだ。それでいて、自転車で走りだそうとはせず、ずーとそこに立ち止またままなのである。

僕は普通に歩いていたため、次第に彼女との距離が縮まていく。そして、近づくにつれ、どうやら彼女の長いスカートの裾がチンに絡みつき、身動きできなくなていることに気づいた。

これは僕の想像だが、さきの店員も外で掃除か何かしている時に困ている彼女を見つけ、助け舟を出そうとしたのである。しかし、彼女の方はなぜかそれを断た。そんな想像をしてみると、先ほどの二人のやり取りもしくりと理解できる。

まあ、イケメン男子の申し出を断るくらいだから、デブ夫さんである僕の出る幕などあるまい。そんなことを思いながら彼女の脇を通り過ぎようとした時、僕は自転車の後ろに貼られた所有者の住所と名前を書いたシールに目を止めたのである。

「広島市西区観音町・星多真子」

「星多」と書いて「せいた」と読む苗字は、ないわけではなかろうが珍しい。だけど、僕はこの名字に聞き覚えがあた。その名前は僕は子供の頃、八月六日が来るたびに祖母から聞かされた名前だたのである。

☆☆☆

祖母はあの日、幟町(当時は上流川町)の会社で仕事をして原爆に遭た。しかし、即座に気絶してしまた祖母は、その時のことをあまり覚えてはいない。気がつくと祖母は白島の近くで見知らぬ男性に背負われて逃げる途中だた。祖母は男に声をかけ、いたい何が起こたのか尋ねた。すると、男は「あんたが道に倒れてたから助けたんじ」と答えた。祖母は両腕と両足を脱臼した状態で、道端に横たわていたとのこと。「せいた」と名乗るその男性は街を襲た火事から逃れる途中で祖母を見かけ、柔道の心得があたため脱臼を治した。その上で喝を入れてみたのだが目を覚まさなかたため、一度助けようと思たこの命を最後まで面倒見よう、と決意し祖母を背負てここまで走て来たのであた。

祖母は礼を言て星多氏と別れた。そして万が一のことがあた場合に集合場所として指定されていた祇園の事務所まで、逃げ延びた。先に逃げていた同僚たちは、祖母の姿を見て悲鳴を上げた。なぜなら祖母はとくに焼け死んだものと思われていたからである。詳しく聞いてみると、祖母は爆風で気絶しており、手足もふらついて運びにくかた。そこで避難の足手まといになると判断され、道中置き去りにされたとのことであた。

「ああ、いい所に置いてくれて助かたわ」と楽天的な祖母は負い目を感じる同僚たちに言た。「おかげで生き延びることができたんよ」

子供の頃から何度も何度も聞かされたその話。そして話に最後に祖母はこう付け加えるのであた。

「星多さんという人がいたら、絶対に助けるんよ。おばあちんが死んどたら、あんたもおらんのんじけん」

☆☆☆

僕は通り過ぎるのをやめ、一歩彼女に近づき、「スタンドを立てて、冷静になてみてはどうでしう」と提案した。

「あ、はい」と彼女が答えたので、ハンドルを持てスタンドを立てるのを手伝う。

そうしてスカートの裾を引てみたり、ペダルを回してみたり、チンを押してみたり……

そんな中、彼女が不意に自分の長いしぽのようなスカートの裾をひいと引張ると、それは簡単にチンから外れ、しばし僕の目の前で宙を舞た。さきまで何度も同じことを繰り返したのに、最後はあけないほどの幕切れであた。

僕は大したことはしていないし、問題を片付けたのは彼女自身なのだが、それでもお礼のことばだけは散々受け取た。それから間もなくして彼女が立ち去ろうとしたので、僕は思わずその背中に向けてこう言た。

「金行あやめの孫です。祖母がお世話になたかもしれません」

彼女は自転車を停め、こちらを振り返た。そしてにこやかに微笑みながら、「ほし・たまこです」と自分の名前らしきものを告げた。

「すみません、人違いでした」

「え?」

ばあちん、ひどいよ。自分の命の恩人の名前を間違て覚えるなんて。「星多」は「ほした」だよ。どうせ漢字の印象が強くて、読みをどこかで間違えたんだろう。俺は恥掻いたじないか。「ほした・まこ」を「ほし・たまこ」に聞き違えた俺も、ばあちんの血を引いてるな。

だけどな、ばあちん。そんな星多さんも、もうすぐ俺と同じ名字になる。とても素敵な女性と引きあわせてくれてありがとう。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない