てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 in てきすとぽい season 5
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  10 
ネコン
 投稿時刻 : 2014.08.02 21:11
 字数 : 4242
5
投票しない
ネコン
たこ(酢漬け)


 行方不明は猫を飼ている。だが猫はいない。何故猫がいないのかというとこの前にいなくなてしまたわけで、これは行方不明の猫が行方不明である状態と言える。
 これはつまり置き換えると行方不明の行方不明が行方不明で、つまりは行方不明は行方不明ということになるのだが、そんなジクはともかく行方不明は猫がいないと落ち着かない。
 拾てきた猫である。また野良を求めて旅立たのであろうか。そんなことを行方は考えた。
 そう思て一時はあきらめることも考えた。だがあきらめることができなかた。
 幸運にも気まぐれに撮た猫の写真はあた。その写真を使て猫探しの広告を作てみようと考えた。で、作てみた。
 そのチラシをそこいらの電柱に張り付けてみたのだが、これはあまり効果は出なかた。それもそうである。猫など人が来れば逃げてしまう。目撃者など限られてしまう。居つくのなんてごく限られた場所だけだ。
 ある日友人の行方知不が言てきた。
「猫なんてある日突然いなくなて、ある日突然帰てくるものさ。気長に待てよ」
 知不はそう言た。
 ちなみに知不と不明は共に行方姓であるが、これはただ単に二人の住んでいる地域に行方姓が多いだけの事であて、それは全くの偶然である。他にも行方捜索さんや行方発見さんなどがいる。
 行方不明は知不に言われたことにひとしきり思いを巡らせていた。それで、知不の言う通りしばらく猫の事を考えずに過ごしてみることにした。一日、一日と、不明は猫の事を考えずに毎日を過ごして行た。
 それから一週間が経た。猫は帰て来なかた。
 確かに知不の言うことにも一理あたが、不明の心中には不安が呼び起され始めた。
「これはまさに家出である」「まさか私に愛想を尽かしてしまたのでは」「いやいや、ふらと帰てくるかもしれないだろ」「しかしどこかで事故にあていたりしたら?」
 そんな言葉が行方不明の脳裏を駆け巡た。
 いてもたてもいられず、行方は荷物をまとめ始めた。どこへ行くのかも分からずに。必要だと思われる荷物をできる限り放り込んだ。
 だが、ハと我に返た。猫の行先など分からない。捜索範囲が広すぎて大海を小舟で行くようである。
 無謀すぎた。うなだれる行方の前には荷物で膨らんだ鞄が鎮座していた。
 ある雨の日だた。行方不明が傘を差しながら歩いていると、一匹の猫がいた。その猫は電柱の根元の脇に座ていて、街路灯の光に照らされながら雨に打たれていた。
 その猫はじと行方の方を見てくるので、気になて行方は近づいてみた。
 確かに一瞬いなくなた飼い猫かと思いどきりとしたが、一瞥すれば違う猫だと分かた。
 その猫は行方不明の目を見て「にあ」と鳴いた。そして行方の前方に少しだけ歩いて行て、振り返てから「にあ」と鳴いた。
 行方不明は最初その行動の意味をうまく理解できなかたが、猫がまた少し歩いてから再び振り返て「にあ」と鳴くと、何となく意味をつかむことができた。
 どうやらついて来いという意味なのかもしれない。行方が近づいていくと猫は逃げようともせず、再び前進してから、こちらの様子を伺うよう振り向いている。
 行方が歩いて行くと、猫はまたてとてとてと前を歩いて行て、行方の方を振り向いた。
 このまま歩いて行くと行方の家に着く。行方不明は自分の家にこの猫が来るのかと思ていたが、どうもそうでも無いらしかた。
 行方不明の家の前に差し掛かたが、猫は行方の家を無視してとてとてと進んで行た。
行方が家の前でその猫について行くか迷て立ち往生していると、猫は立ち止まてから振り返り、「にあ」と鳴いた。
 どうやらまだついて来いという意味に受け取れる。仕方なく行方はその猫について行くことにした。
 雨が降ているので行方は傘を差していたが、猫は雨に濡れたままだた。猫としてはあまり気にしていないようだたが。
 そのままてとてとと歩く猫の後を行方不明はついて行た。猫は時折振り返ては行方がきちんとついてきているか確認している。
 ずいぶん知能の高い猫だなと行方不明は思た。前に飼ていた猫では到底このようなことはしなかたと思う。
 角を曲がり、通りを直進し、また角を曲がり、そんなことを何回か繰り返した。
 そうして、とある家の前にたどり着いた。窓からは橙色の光が漏れている。
 猫はその家の玄関の前に座りみおみお鳴いた。どうやらここが目的地らしい。
 猫の住処なのだろうか。飼い主はいるのだろうか。行方はインターホンを探したが無かたので戸を叩いてみることにした。
 ノクしてみても、中から人が出てくる気配はしなかた。だが中からは明かりが漏れている。
 猫の様子を見ると引き戸を収める戸枠の隅のところをカリカリクンクンしている。
 行方は戸に手を掛けて開けてみた。すると鍵が掛かていなかたようで戸はするすると開いた。
 猫は玄関をくぐり、土間から縁へと飛び乗た。そして行方の方を振り向いて「にあ」と鳴いた。
 どうやら「あがれ」という意味らしい。行方が靴を脱いで玄関を上がると、猫は奥へと歩いて行た。
 戸口を跨いで中を覗くと、そこにはたくさんの猫が丸くなて寝ていた。どれも皆、すやすやと気持ちよさそうに寝ている。
 そんな中で一匹の猫に目が行た。どうやら行方の飼ていた猫らしい。
 らしいというのはその時は薄暗がりの中であたし、行方もこんなところに自分の飼い猫がいるとは思ていなかたからだ。
 だがその猫は、毛の色から、耳や尻尾の形、顔の形まで買ていた猫にそくりで、多少の疑いはあたものの、行方はその猫が自分の猫だと認識するに至た。
 行方はその猫に近づき、そと撫でてみた。行方が撫でてもその猫は気持ちよさそうに寝ていた。
 撫でることができるということは、その猫は実在しているということで、不思議な光景を目の当たりにして気が動転していた行方がであたが、この光景が現実と地続きになていると行方は感じられた。
 だがしかし、だがしかしである。どこかおかしいところがあた。違和感というのだろうか。確かに猫に触ることができたのだが、その感触は猫に伝わていないようであた。行方は試しに少し激しく撫でてみたが、猫は目を覚まさなかた。
 まるで、猫と行方の皮膚と皮膚の間で空間が断絶しているかのように。
 そのせいで行方不明は激しい認知的不協和に襲われた。パニクになたせいか、行方は自分の猫を取り戻そうと思た。
 だが、猫を抱きかかえようとすると、ずしりと思い感触が伝わり、その重みはどんどん増えて行ているようで、なぜか猫は行方の抱えることができる重さを優に超えてしまていた。
 そしてその時、どこかから耳障りな猫のうなり声が聞こえた。
 その声はどんどん行方の方に近づいてきて、気づけば行方の背後には金色の二つの目を光らせ、真赤な口を大きく開けた黒い影が立ちはだかていた。
 行方はその影に気づき、震えながら背後を見た。
 金色の瞳と目があた。
 行方は一瞬の判断で走り出した。
 黒い影の脇をすり抜け、急いで玄関から外へと出た。
 靴を履くのも忘れて家から飛び出し、必死で走た。
 まだ耳元で猫のうなり声が聞こえてくる。
 振り向けばあの黒い影の姿が見えそうな気がした。
 呼吸などほとんどしていない。行方の体を動かす原動力は恐怖心だた。
 何故か道に立ち並ぶ街灯は点滅しており、そのことがさらに行方の恐怖心を煽た。
 気づけば行方をあの家まで導いた白猫が並走していたが、気にも留めず走り続けた。
 息も切れ切れになりながら行方は自分の家へとたどり着いた。そのころにはもう猫のうなり声も聞こえなくなていた。
 溜飲を下げ、行方はその場にへたり込んだ。何が起きたのか、何が何だか分からなくなていたが、とにかくそのことは忘れたかた。
 最後の力を振り絞り、冷蔵庫のドアを開け、ウスキーの瓶を取り出し、ラパ飲みをした。
 そのまま行方は力尽きてしまた。
次の日の朝、目を覚ますと何事もない一日が始まているようだた。昨夜の余韻が残ていて、行方は起き上がて周りを注意して見回した。
何も変わてはいないようであた。変わてはいないようであたが、一つだけ変わていることがあた。
 行方の数十センチ先、絨毯を敷いている床の上で昨夜行方を誘た猫が丸くなて寝ていたのである。
 まるで嘘のように思えたが、嘘ではなかた。
 行方は少し眩暈がしたが、眠ている猫をじくりと眺めていた。
 そうしていると、友人の行方知不が家にやてきた。
「お前、猫戻てきたのか?」
 行方の視線の先にいる猫を見て行方がつぶやいた。
「いや、これは違う猫だよ。どこかから迷い込んできたんだ」
「ふむ。そう言うこともあるんだね。不思議なものだ」
「うむ。不思議だな」
 二人の行方はそのようにつぶやいた。
 一匹の猫がいなくなり、また一匹の猫がやてきた。それだけの事である。それだけの事であるのだが、行方は一夜の出来事が脳裏に色濃く刻まれていた。
 問題の家がある場所へと行方は行て見た。行方の記憶に反してそこは更地になていた。背の高い草が群生していることから更地になたのはかなり前の事だと推測できる。
 近くの住民に聞いてみると、問題の土地が売りに出されるようになたのは二、三年は前の事だと言ていた。
 何故売りに出されるようになたのかは誰も知らなかた。
 何故だろう。行方はあの夜その場所に家が建ているのを自分の目で目撃したというのに。今は無くなてしまている。
 だがしかし行方の家にはあの日の猫がいて、元気に暮らしている。
 現実と幻の矛盾に行方は息が詰まりそうになた。
 まさか、あの日限りの一夜城がこの場に登場したというのだろうか。でもそれは何のために、まさか自分に見せるためだというのだろうか、と行方は考え付いた。
 そうだとすれば、まさか。
 行方の脳裏に嫌な考えが浮かんだ。だがそれはある種の確からしさを持ているような気がした。
 もう最初の猫は戻てこないだろう。
 行方はそう感じていた。きと、あれは猫の霊だたのかもしれないし、そうじないのかもしれない。
 そこは行方の立ち入てはならない場所だたのか、それとも最後の別れをつたえるためだたのか。
 今となてはそれもよく分からない。
 行方は空を仰いだ。
 一夜の事件と猫との出会いと別れ。だがしかしその本当の意味は、それを観測した本人ですら分からないことになてしまうのであた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない