てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ネコン
 投稿時刻 : 2014.08.02 21:11
 字数 : 4242
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2014.08.09 22:22
犬子蓮木 @sleeping_husky
よくわからないけど、おもしろかったです。行方性の二人というのも楽しく。

プロフィール画像
2014.08.10 01:42
muomuo @muo_2
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
 シュレディンガーの猫の半存在というお題の消化方法はとても興味深かったですし、日常の謎的で面白かったです。ただ、せっかく科学・哲学的な題材のようでしたので、個人的には一夜城が非科学寄りになるよりは夢か妄想のほうが相性が良かったような気もしました。また、別の猫であることが確定的になるよりは、同じ猫が戻ってきただけの可能性もあったほうがより曖昧模糊とした印象になるような気もしました。行方姓つながり以外にも、また猫同士にもミッシング・リンクがあるのかも……とか、自分ならこう書いたかも……など色々刺激される素材が詰まっている感じで気になりました(感想の投稿は遅れましたが投票は済んでいますので大丈夫です)。

2014.08.10 02:29
(退会アカウント)
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
はい。怪奇要素を絡めて現実と幻想の境界がぼやけるような話を書いてみようとは思ったのですがうまくまとめ切れていないのです。一夜城が妄想であるとすると、狂気の探偵や水槽の脳をテーマにした話が出来上がるとは思いました。正気に戻れなければ語り手の視点の範囲では原因が不明(不在)ということで今回のお題とも絡められそうです。ただ犯人や原因が主人公や語り手であるのは避けたいとも思ってまして。主人公の名前は言葉遊びです(汗。肩すかしを食らわせそうですみません。

このイベントは、コメント投稿にアカウントが必要です。