てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  47 
西京の森の化け鳥居 -地形カード-
みお
 投稿時刻 : 2014.08.16 18:55
 字数 : 1000
5
投票しない
西京の森の化け鳥居 -地形カード-
みお


 西の都のその隅に、忘れさられた森がある。
 もしそこへ近づく用事があるのならばご用心。近づいて最初に聞こえるのは楽しげな祭り囃子だ。薄暗い森の中、笛に太鼓に娘の嬌声。
 祭り囃子に惹かれて森に足を踏み入れた時、あなたは後悔するだろう。入た瞬間、天気は崩れて人を迷わす霧の雨。楽しげだた祭は気付けば陰気にはしぐ嫁入り行列。振り返ると森の入口は雨にふさがれて、前に進むしか逃れる術はない。
 生き残りたければ道の向こうにうすら白く煙る鳥居を目指して、真直ぐ進むことである。嫁入り行列に心惹かれてはならないし、振り返てもならない。目の前に立つのはそれは赤い赤い見事な鳥居。ただし最後まで気を緩めてはならない。その鳥居こそがカードの主。鳥居に近づけば嫁入り行列は狐に変わて牙を剥く。

 かつて鳥居は人であた。雨乞いの祭りで焼き殺された娘であたという。それを憐れんだ狐が反魂草の種を娘に飲ませた。100人の代価があれば娘は生き返る。鳥居をよくみれば、あちらこちらから細い双葉が芽吹いていることに気付かされるはずだ。それこそ反魂草の芽。命を吸えば、それはぶくぶく太りはじめる。
 草はゆらゆら蠢いて、さあその命を寄越せと囁く。背中に迫るのは狐の嫁入り行列。折より降り続く雨のせいで身体はじとり濡れて動きが取れない。芽はぬめりぬめりと頭を動かし、哀れな生け贄を食てくれようと蠢き出す。
 何とか鳥居を抜ければそこは晴天。振り返れば、白い雨の中で揺らめく鳥居の姿を見ることができるだろう。
 ……が。さて、くぐた鳥居は本物だたかどうか。顔を上げればまだまだ続く祭り囃子に雨の音。踊て近づくのは狐の影か。 
 そう。一回で抜けきれるとは誰も言ていない。さてもう一度、お祭り囃子の道のりをどうぞ。

 もしあなたがこのカードを手に入れたなら、最強の手札となるはずだ。
 このカードが持つのは狐の憐れみ娘の怒り。生き返りたいと嘆いて常に贄を求めている。あなたの相手がどれほどの特殊能力を持ていようと抜けきることは難しい。
 しかし使い過ぎにもご用心。100人の命を飲み込んだとしても、鳥居はけして人にはならぬのである。人の命を欲しがてさらに貪欲にじわじわその森を広げはじめるのである。
 あまり欲張ると、あなたのカードもこのカードの餌食になている。
 そこで気付いて手を引けば、まだ生き残る術もある。

 何の話かて? それは、貴方の命の話である。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない