てきすとぽいトップページへ
第21回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  15 
アゲハとコオロギ
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:05
 字数 : 1318
5
投票しない
アゲハとコオロギ
犬子蓮木


 誰かの携帯電話が鳴た。
 次に私のおなかが鳴た。
 視線が私にあつまたかと思たけど、どうやら違ていて、みんなの視線を集めたのは隣の人のようだた。隣の青年の携帯電話が鳴たのだ。
 着信音はコオロギの鳴く声だた。
 今は初夏なのでコオロギはいない。だからこの続いている音は携帯電話の音だ。コオロギが泣き止む。
「もしもし」
 青年が電話にでた。
「ああ、久しぶり……
 青年の声だけが響く。
 こんなところで電話するなんてマナー違反だなと思うけど、強くマナーを指摘するほど私個人は携帯電話での会話に不快感を持てはない。周りの人もそれぞれなにかを思い、ちと嫌そうな顔をする人もいるけれど、結局、誰も注意はしない。
「うん、今度、顔見せるわ」
 青年の電話は続く。
「あ、そういや、あれ知てたけ? ああ、現場にいなかたんだ。すごかたんだて。山口さんがさ、いきなりね。なんだ知てるのかよ。ああ、あいつが話したのか。どうせおもしろおかしく話したんだろうなー。いや、そうだけど。伝え方とかあるわけじん? あいつはそういうところがダメなんだよ。なんというかいい人でいいんだけどね。いや、別に好きじねーし。おい、ふざけるなよ。怒るよ。まじ、まじだて。だて顔こえーん。中と外が違うていうか、もたいねーてだけだよ。ギプ萌え? ねーよ。いや、ハスキーが好きなのはでかいからで。言たかもしれないけど、おい、きるぞ。いや、まてきるな。ちんと言うから」
 ふと顔をあげると目の前を横切るものがあた。
 蝶々だ。
 アゲハチウがひらひらと飛んでいる。
 なんでこんなところに入てきたのだろう。
 出られるのだろうか。
 つかまえて出してあげようか。
 アゲハチウに気付いた数人の視線が、私と同じく、蝶の飛ぶ軌跡を辿た。ひらひらゆらゆら。きらきらちらちら。室内は風がないので、安定して飛んでいるように思える。
 黄色と黒が少し怖いなと思た。
 綺麗なのだけど、どこか怖さを持た美しさ。強さも感じる。雄だろうか雌だろうか。きとアンケートをとたら、半々にはならない。なぜ、綺麗なものに女性を感じてしまうのだろう。それが生まれつき持ている感覚なのか、それとも生きていく過程で身につくものなのか知りたいと感じた。
 たとえば人間以外の生物には雄のほうが煌びやかなものがいる。
 そういたものにアンケートをとたら、人間とは別の結果が得られるのだろうか。
 なぜ、私は人間に生まれたのだろう。
 人間以外に生まれたら、またく別の考えを持てたかもしれないのに。
 これはいくらかの人が持つ自らの国の人間ではなく、別の国の人間に生まれたかたという感情に近いだろうか。たとえば、異性に生まれたいという感情と似ているだろうか。特定のある人に生まれ変わてみたいという感情は一緒だろうか。
 世の中はわからないことしかないみたい。
「違うて。俺が好きなのはお前なの! 黙たな? 聞いてるか? ちんと聞いたよな。もう繰り返さないからな。なんでこんな電話でいわなくちいけないんだよ。またく……。言うな。返事は待て。その、お願いします……
 ぐと私のおなかが二度目の催促をした。
 ああ、おなかすいたなー。                        <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない