てきすとぽいトップページへ
第22回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  12 
BLAZING MAKER
 投稿時刻 : 2014.10.18 23:36
 字数 : 3034
5
投票しない
BLAZING MAKER
犬子蓮木


 なんでわたしはこんなことをしてるのだろう。
 わたしは今、壁に右腕をのばしてついている。
 わたしと壁の間には見知らぬ生徒が目を輝かせてはいていた。
 今日はわたしの通う女子校の文化祭。わたしのクラスでは壁ドン喫茶なるものをすることになた。なにをするかといえば、ある人が壁に片手をついて、その隙間に別の人間がはいるというものだ。くだらないなーと思いつつ、そんなのをやりたい人がいるのならば勝手にやればいいと反対してこなかた。
 だて、クラスの人間が壁との間に入るて聞いてたから。
「入たじん」
 休憩の時間となて裏にひこんだわたしに友達の佐和が言た。
「あなたと壁の間にね」
「わたしが壁に手を付く側になるとか言てなかたでし
「そりたら拒否されるじん」
 はじめはお客さんが手を付く側だと説明されていたのだ。だから反対しなかた。ここは女子校で、そもそも文化祭でも男子は一部の保護者をはいてはこれない。だから学校の生徒同士で世間の流行に載たお遊びをするのだと思てた。だから反対しなかた。
「甘いんだよ、あんた。下級生から人気あるんだからだしにされることぐらい予想しないと」
 まさかそんな風に騙されるとは思ていなかたわたしは、文化祭前日の準備終了のときに、いきなりこの役目だとおおせつかた。まじありえない。
「まあ、裏で仕切てたのはあたしだけど」佐和が笑た。
「おまえ、バカかよ!」
「大盛況なんだからいいじない。狙い通りさ」
 つかみかかたわたしを軽く交わし、佐和は表へと逃げ出した。
 わたしは背が高い。髪も長いのはうとおしく、短くしていた。そんな風で中学生時代はまたくモテたりはしなかたのだが、受験に失敗して女子校にはいてみたら、あら大変、もの凄くモテるようになてしまたのである。同じ学校の女子どもに。
 別にかわいいかこうをしたいとかな望みは昔に捨てたけど、こんな状況がうれしいかと言えば微妙である。またくどうしてこうなたのか。
「はい、休憩おわりー。列すごいから急いで」
「わかたよ!」
 表からの声にわたしはやけくそ気味に叫んで返す。その声がまた低くて嫌になる。
 わたしは表にでて、あがた歓声に手をふて所定の位置についた。ああ、壁よ。ベニヤ板で造られた白き壁よ。今日はずと君だけを見ているよ。もう知らない後輩どもの顔を見るのは飽きた。
「では、どうぞー
 列を整理する人間の声がかかると、一番前に並んでいた女子がやてくる。
「すみません」
 やてきた女の子が軽く頭をさげてからわたしと壁の間にはいる。
 あやまるのならもと申し訳なさそうな顔をしたらどうなんだ。そんな目をきらきらさせてなにが楽しいんだ。バカか。
「なにが?」わたしは壁に手をついた。顔を近づける。「謝罪させてしまうようなことをして、こちらこそごめん」
 女の子の頬が紅潮し、目がすばらしく輝く。
「はい、終了でーす」
 案内係の声で女の子はなごりおしそうにしながらも部屋の外へと消えていく。
 これはわたしが男だたら楽しいのだろうか。わたしがもと背が小さかたりして、かわいらしかたりして、される側なら楽しかたんだろうか。
 意味わからん。
 強く壁を突いた。
 新しく間に入ていた女の子が一瞬怯える。
 わたしはゆくりと女の子の正面に顔を近づけて言た。
「ドキドキしてるね、わかるよ」
「終了でーす」
 次から次にベルトコンベアに載せられたように流れてくる女の子。壁を突くだけでなく、なんかセリフを言えと命じられているので必死に言葉を考えているわたし。あと何度繰り返せば、この悪夢は終わるのだろう。
「階段のところで折り返してください。ただいま四十分待ちです!」
 廊下からおかしな声が聞こえてきた。ここは夢の国じないんだぞ!
「では、どうぞー
 また次の人。
「よろしくお願いします」
 丁寧な言葉。
「え
 わたしは思わず声をもらした。
 目の前にいたのは憧れの珠紀先生だたのだ。いつも聡明で、厳しい珠紀先生。わたしみたいにがさつで男勝りということではなく、女性としての強さを持ている私の一番好きな先生だたのだ。
「どうしたのかしら?」珠紀先生が眼鏡を直す。
「いや、先生が参加されるんですか?」
 わたしのドキドキが高まていくのがわかる。顔が赤くなていないだろうか。焦てパニクなている自分がいる。こんなことの参加する先生だたのか。そりバカみたいに真面目てわけではなく、普段はやさしいところもあるけど、でも、こういた騒ぎにやてくるイメージはなかた。
「いや?」
「そ、そんなことは」
「では、ドキドキさせてください」珠紀先生がにこやかに言た。「せかくの文化祭ですから」
「わ、わかりました。それでは、壁ドンさせて頂きます」
 えーい、ままよ。わたしは右手で壁を突いた。先生の黒い髪が揺れる。
 さきまでと一緒だ。もう何十回とやてきたのと同じだ。顔を近づける。目を見るな。壁を見ろ。それからなにかそれぽいことを言え。よしさき言たのを使い回して「心の美しさが瞳の輝きにでているね」と言おう。お祭りだそれぐらい許してくれる。
「あなた、綺麗な目をしているのね」珠紀先生が言た。
 その言葉で眼鏡の奥の珠紀先生の目を見てしまた。当然、視線が合う。
 綺麗な瞳。
 そう思た。
 そしてセリフが飛んでしまた。それでもどうしてもあわてんぼうの口が止まらない。
「君の瞳もビー玉みたいで舐めてみたいよ」
 頭がフル回転して過去の履歴を探した結果、いろいろなものがまざた言葉が発せられた。
「そう」珠紀先生が微笑んだ。「私の瞳は甘いかしら」
「甘いと思います」
 なにを言ているんだわたし。
「終了でーす!」
 案内係の声が響く。壁から手を離し、今にも倒れそうな足に力をいれてふんばんる。
「では、またね」珠紀先生が教室から出て行た。
 しばしの沈黙。そしてわたしは、はとして言た。
「休憩! 休憩!」
 並んでいた人からは残念がる声があがたが、平常心を取り戻すまでもう立ていられる自信がない。わたしは了解もえずに裏側に飛び込んでそのまま地面にへたり込んだ。
「どうだた?」
 立ている佐和がわたしを見おろしている。
「なんで珠紀先生が来るの。意味わかんない」
「あたしが頼んだ!」友人のドヤ顔。
「はあ、ふざけんな! なにしてんだよ!」
「一日大変な苦労をする親友になにかご褒美がないとかわいそうかなと思て。ドキドキしたでし?」
 したさ。ああ、したさ。めしたさ。
「みんなそんな気持ちを味わいたくて並んでるわけよ。だからまあ、今日一日精一杯、壁ドンにつとめてくださいな」
 反論できない。なにが楽しいんだ、と思てバカにしてたものに逆側とは言えドキドキさせられてしまたのだ。
「わたよ! やるよ! やればいいんでし!」
「おうよ、そのいき。あ、列がついに一時間待ちを超えたらしいて」
 わたしはもう完全に力が抜けて地面に同化しそうだた。それでもどうにかこうにか立ち上がて、友人を軽く押した、そして佐和をはさんでおもいきり壁に手を突いた。
「わたしは素敵な友人を持たみたい」
 これで少しは驚け。
「でし
 佐和が頭突きを返してきた。顎にあたてマジ痛い。わたしはまた地面に倒れる。そしてしがみこんだまま見上げたわたしの横の壁に佐和が手を突いた。
「一年のときから友達じない。あなたのことなんてよくわかてるよ」
 ほんとうに恐ろしい友人を持たものだ……。                 <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない