てきすとぽいトップページへ
第24回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕
エネルギー
 投稿時刻 : 2014.12.14 02:41
 字数 : 1956
〔集計対象外〕
5
投票しない
エネルギー
ほげおちゃん


 エネルギー。ふとしたときに頭を過る言葉。学校で熱力学の授業を受けてから、深く胸に刻み込まれていた。
 私はこれまで十八年生きてきて、このエネルギーという言葉ほど摩訶不思議に感じたものはない。形のない、新興宗教やオカルト、似非科学の宣伝文句にも使われるとても胡散臭いものなのだが、どうやらノーベル賞を競う世の中のわけのわからないぐらいIQの高い人々は、皆このエネルギーという言葉に心酔しているようなのだ。
 熱=エネルギー。高い=エネルギー。一度失われるとそれは永久に戻らず、全宇宙のエネルギーが尽きればこの世の終わり、世界が止まてしまうらしい。果てしなく壮大なようでいて、意味がわからない。
 限りなくミーハーな私は、とりあえずその影響を受けてエネルギーという言葉が好きだたりする。とくに、高い=エネルギーというのが好きだ。むかつくやつがいたら、そいつより高い場所に移動すればいい。なんだかスーとする。
 だから私はもちろん、よく雑居ビルの一階なんかにあるカフよりは、二階にあるカフを好んでいる。三階はちと高い。階段で登れるところ。エレベーターに乗ると、無駄にエネルギーを使ている気がする。
 私達がこの日訪れた二階のカフは、それなりに御洒落なところだた。

 いつも思うのだけど、何故コーヒーというものはこんなにも小洒落た感を出すのか。
 コロンビア、エチオピア、ブラジル。エル・インヘルト・ウノに至ては一体どこなんだよて感じだ。本当にどこなんだろう。とにかく世界中のどこかしこで農家の人が豆を栽培していて、それがはるばる海を越えて日本、今こうして私の目の前にある看板に名を連ねられているわけだ。毎日がちとしたワールドカプ。じあ私はブラジルを飲もう。せかくだから。この大黒とかいう四角いチコレートケーキも頼んでやる。ちと高い気がするけど、どうせ私が払うわけじないのだから。
 コートさんはカフラテを頼んでいた。聞き逃してしまたけれど、カフラテにも地名で名前とかあるんだろうか。気になる。聞かないけど。聞いたところで大した知識にならない。
 私とコートさんが向かい合て座る。コートさんは既にコートを脱いでいるから、コートさんじない。けれど本当の名前を忘れてしまた。契約書を書くとき確かにその名前を見たはずだけど、全く印象に残らなかた。そもそもコートさんは多分スパイに向いている人で、人の気配がしない。顔が見えない、そう、足長おじさん。現実味を書いた人だた。
「学校はどう? 楽しい?」
 それなりだよ、と私は答えた。
 本当にそれなりだた。新しい学校に来て三月、人見知りな私なりにまあまあやている。友達と呼べる人はいないけれど、ずと誰とも話さないというわけじない。虐められてもいないし。どうせ卒業まであと一年もないのだから、このぐらいで別にいいのだろう。
「そう」
 そういて、コートさんはカフラテを飲んだ。コートさんは器用な人だ。どのくらい器用かて、カフラテの絵を実にうまく崩す。羽のような絵が書かれているのだけど、それが少しずつ波打て形を失ていき、混沌に還ていく。エントロピーの法則だ。彼の混沌への還し方は、実に自然だた。
 私はブラジルを軽く口にして(これがサカーたらどれだけ偉業なことだろう)、四角いケーキにフクを突き立てようとする。
 固い。
 とても固い。
 カチンカチンだ。どうしてこんなにも固いんだろう。
 私はどうにかして、それをフクで縦に切ろうとした。指先に力を込めて。必死であることをこのカフにいる誰にも悟られないように、スマートにだ。
 コートさんが、私の指先を見た。ケーキを切ろうと力を込めている指先。目線を見なくても分かるのだ。これもエネルギー? 彼の――
「指」
 ねとりとした声で、コートさんが言た。
「指、見せてもらえないだろうか」
 私は言われたとおり、指を差し出した。
 これは彼の指だ。契約でそうなた。私の商品。彼を惹きつけるための。
「触れていい?」
 彼は毎回聞く。もちろん断れるはずがない。こくりと頷く。
 彼が指に触れる。熱が伝わてくる。ねとりとした、熱。これがこの人のエネルギーだ。コートさんは生きている。ただの人間だ。私は少しぞわとする、と同時に、なんとも言えない気分になる。彼の熱だ。熱。戻ることがないそのエネルギーを私に向かて使ている、その事実。愛撫にされるがままになる。逆らえない。
 彼の手の中から指輪が現れる。まるで手品のようだ。とつぜん私の手に異物が触れて、その存在に気づく。今日は小指だ。右手の小指。私の魅力を引き出そうとしている。私の指を大人の指が何度もなぞる。私の中を通る熱。この気持ちのやり場をどこにすればいいのか、わからない。(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない