てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 9
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  7 
オルフェウスの海
茶屋
 投稿時刻 : 2015.01.11 19:00
 字数 : 4983
5
投票しない
オルフェウスの海
茶屋


place:yeast side sea point 77:55:89
force:unit556
date:01/07/27 12:32
operation install

     海が
    海の
   空の
  音が
 次第に鮮明になてくる。
 ヘリの羽根が回転する音。風を切る音。海風の腐臭。機械油の香り。水面の照り返し。雲の奥、鈍く輝く太陽の光。冷たい機内の温度。脈打つ血流の体温。機甲着の居心地の悪い肌触り。やたらに重い、ぐらつくヘルメト。
 隊長の声。
「いいか間もなく現場に到着する。到着次第効果だ。最後に装備の点検をしておけ。終わたら最後の作戦確認だ」
 隊長の声。
 隊長の名はバランタイン。
 隊員たちは各々の装備をチクする。あるものは気だるそうに、あるものは入念に。ひとしきり最終確認の儀式を終えると、視線は隊長の下に集中する。
「本作戦は通称「船の墓場」、幽霊船の集積地帯に降下し、対象物を回収することが目的だ。対象は情報安定化装置と思われるロストテクニカだ。そいつが増大エントロピーの影響で情報が不安定になる「海」に浮かんだいわゆる幽霊船と呼ばれるかつての輸送構造体を集めている。幽霊船群の中心に構造体にそのロストテクニカはある。斥候ドローンが走査した幽霊船集積構造体の構造と目標地点は既に確認しているな?」
 バランタインの言葉を聞いて慌ててヘドマウントデスプレイ(HMD)の映像を確認しているものがいる。ルーキーだ。新米であるニカはどうにも落ち着かない様子で、バランタインも何となく不安気な眼差しでニカのほうを見ている。
「我々は効果次第すぐさま目標地点に向かう。だが、幽霊船集積構造体は敵の勢力範囲に近い。敵の介入もあると思た方がいい。我々の任務は回収だ。だからヘリに回収してもらう必要がある。回収地点の確保は達磨とホワイトホースに当たてもらう。達磨は高所からの狙撃、ホワイトホースはヘリ周辺から達磨の撃ちもらしを掃討してもらう。実際に回収の任務に当たるのは俺と山崎、ジクダニエルとニカだ。よし、幽霊船のお出ましようだ」
 鈍色に光た海の彼方にそれは見えた。
 様々な船の残骸が一か所に寄り集まている。まるですり鉢状の穴の底にガラクタが集まるように。重力の極点。四次元的な底が、誰もの乗らぬ無人の船を集積している。軍艦にタンカー、漁船に時代遅れのセイル船、死んだような灰色を浮かべ、海鳥たちが腐肉にたかるハゲワシのように空を舞ている。
「こり、思た以上に幽霊船だ。まるで墓場だな」
 そういたのは山崎だ。
「墓場とは、縁起でもないですぜ」
 ジクダニエルが笑いながら言た。
「ふん。俺たちなんざ、墓に入れりいいほうよ」
「そらそうだ」
 山崎とジクダニエルは笑い合う。ルーキーのニカにはそんな余裕が不思議だた。
 眼下には不気味な船の廃墟群が迫てきていた。まるで死者を待ち望んでいるかのようだ。手招きして、己が仲間を増やそうとでも言うかのように待ち構えている。
「降下準備。時間を合わせるぞ。三十分だ。それで終わらせる」
 バランタインの声がヘルメトの中に響く。
「了解」
 隊員たちの声が揃う。
 ヘリの降下を待たず、バランタイン、山崎、ジクダニエルとニカがドアを開けてから飛び立つ。
 視界が一気に広がた。HMDに表示される高度は見る見るうちに下がていく。
 快適ではない空の旅だたが、それはすぐに終わた。
 金属の凹む音とともに降下は完了する。一瞬だけHMDの表示にノイズが混ざりこんだが、計器に異常は見られない。
 隊員たちはすぐさま銃を構えると、周囲を警戒しながら前進を開始する。HMDのルート表示に従い、目標に向かう。
「こちら達磨。回収地点に到着。これから高みの見物に向かうとするよ」
「了解。警戒は怠るな」
「合点承知」
 状況は整た。あとは仕事をととと済ませるだけだ。
「くそさすがに揺れるな。気持ちワリ
「酔い止めアプリは」
「入れてねよ。あれじ臨場感が足りんのだよ」
「戦闘ジンキーが」
 山崎とジクダニエルは軽口を飛ばしながら進んでいく。
 目標地点まであと半分と言たところまでは順調に事が運んだ。だが、逆に言えば順調だたのはそこまでだ。
「敵さんたちのお出ましのようだ。ヘリは一機撃ち落としたが、残りはどこかに降下された。恐らく一チームがこちへ、残り一チームがあんたらへ向かう」
「達磨は?」
「ホルスの目とリンクを開始している。多分、狙撃準備中だ」
「了解。そちは任せたぞ」
「そちも幸運を祈る」
 バランタインは山崎にすぐに追加のドローンを射出するように指示を出した。光学迷彩を施した数機の斥候ドローンが静かに翼を回転させながら散ていく。すぐに部隊は前進を再開するが、その間HMDに映し出される情報が更新されていき、数分後には人影をキチする。
「予想より早いな」
「外骨格ですかね」
「その可能性が高い。弾を徹甲弾に切り替えておけ」
 会敵は間もなく起こた。ドローンによる位置把握により簡易的なトラプとドローン型機雷、小型セントリーガンが奏でる音楽が背後から聞こえた時、部隊はすぐさま臨戦態勢の配置に移た。
「やはり予定通りにはいかんもんだな」
「予定通りに行た試しなんてありますかい隊長」
「それもそうだ」
 センサーに反応があた方角に、山崎が銃弾をばら撒く。まるで返事でもするかのように銃撃がかえてくる。
 HMDに表示されている敵の人数は五人。二つは微動だにしない。既に死体になている可能性もある。
 しばらく銃撃に応酬が続いたが、小休止とでも言わんばかりの静寂が訪れた。
 その静寂を破たのが、カランコロンと言う乾いた金属音だた。
「フラバン!」
 その言葉の直後、眩い閃光と強烈な耳鳴り襲てきた。
 神への憎悪を吐きながら起き上たニカは白煙の中から敵が攻めてくるのが見えた。だが、目標をうまくとらえることができない。
 その時、銃撃音が遠くに聞こえた。
 遠くだとニカは思ていたが、それはすぐ近くの情景だた。次第に、光景がはきりしてくる。
 敵に向かて銃を撃ち続けているのは山崎とバランタインだ。二人の顔面はヘルメトの収納装甲に覆われており、スタングレネードの閃光と音を回避し、敵を迎撃している。ジクダニエルは肩口を負傷している様子だ。
 決着はついた。
「いて」というジクダニエルの悲痛な叫びが明瞭に聞き分けるようになたころ、ニカはやと起き上た。
「後続の部隊はいないようだ。どうする? ここで待機するか? それともついてこれるか?」
「ついていきますとも。こんなところで待ちぼうけじ暇すぎて死んじまう」
 バランタインの問いかけにジクダニエルはそう答える。答えながらも鎮痛剤の注射と傷口への合成生体樹脂での補強はしかりこなしている。
 それからしばらくは問題なく前進できた。
 中心の構造体に侵入でき、残すところはロストテクニカの回収と撤収だけだ。
 だが、ことはそう簡単に運ばなかた。
「帰たら一杯奢てくださいよ」
「嫌だね。割り勘だ」
「守銭奴め」
「うるさい。貯金は俺の趣味なんだ」
 軽口をたたき合いながら、前進する。間もなく、最深部、目標物のある構造体へと進入する。だが、次の瞬間山崎の音声に異音が混じり、何かが割れる音がした。
 皆の視線が同時に山崎のいた方へと向く。
「ミタントがいるなんて聞いてないぞ!」
 のぺりとした肌に粘液をまとわり付かせ、鋭い爪で壁に張り付きながら牙の並ぶ巨大な口に人間の半身を咥えこんでいる。全長二メートルほどの化物。突然変異体だ。斥候ドローンから情報には生体反応はなかた。それにもかかわらず目の前には化物がいて、山崎の半身をバキバキと食らている。
 一斉射撃の音で空間は満たされる。
 だが、そこには銃弾の嵐でボロ雑巾と化した山崎の死体があるだけだた。
「馬鹿な? どこに行たミタントは?」
「違う。これは……ロストテクニカの影響だ。情報安定化効果が大きすぎて、幻覚が現実化しているんだ」
 そうバランタインが行た瞬間、船体が大きく揺らいだような気がした。壁には幾つもの目が現れ、ぎろぎろとあたりを見回している。数本の腕がつきだして何かを捉えようともがいている。老婆が揺り椅子に座りながら縫い物をしている。
「Fuck! 幻覚だ。いや半現実とでも言うべきか。なるべく無視しろ。埒が明かない」
「山崎は?」
「機能停止状態だ。メモリタグを回収しておけ、先を急ぐぞ」
 幽霊たちが歌い、鳥人がさえずる。シルレアリズムかダダイズムか。構造体の構造が歪み吐き気を催すような歪さを帯びる。
「ロストテクニカはもう少しだ」
「回収したてこのままじ帰れそうもありませんぜ」
 不平を言うジクダニエルにバランタインは舌打ちをする。
「機能は停止させる」
「停止させる……
 そうこうしている内に、目標地点に到達した。
 対象は赤子のように見えた。ふにふにと身悶える生まれたての嬰児だ。
「これが本当に?」
「誤作動状態に近いな。よくわからんが動力ケーブルを切ればひとまず機能は停止されるはずだ」
 そう言てバランタインは嬰児に繋がていたへその緒を断ち切る。
 HMDに警告が表示される。―構造体の構造が不安定になています。
「海が来る。ここもいずれ海に侵食される」
「うへ、ヤバイじないすか」
「急ぐぞ。そして、決して振り返るな」
 その後の行動は早かた。幻覚が消え去た船内を淡々と元来たルート通り進んでいく。山崎の死骸を乗り越え、敵部隊の死骸を踏みつけ、ひたすら進んでいく。
「ね
 ニカの耳にふとそんなささやき声が聞こえる。後ろからだ。いたいなにかと思い振り返ろうとした時、隊長が「振り返るな!」と怒声を発した。
「気をつけろ。海に飲まれるぞ」
 その後も、ささやき声は聞こえる。子供の鳴き声、甘い女の声、死んだ祖母の声。様々な声で振り向かせようと海が誘惑してくる。
「絶対に振り向くんじないぞ」
 前を向いたままのバランタインはそう言う。
「隊長、こちの掃討は終わりましたが、急いで下さい。もうすぐ構造体が崩壊します。エントロピーの海に、ノイズの海に飲まれちまいます」
「ああ、こちも間もなくだ」
 歩調は早く、迅速に。
 歪の音が聞こえる。構造体全体が崩壊を始めているのだろう。間もなくここは崩れ去り、海の藻屑になる。いや「海」では藻屑すら残らないだろう。有意味は残らずただのノイズと化してしまうのだ。
「もう少しだ」
 階段を駆け上がり、陽光を目にする。船の甲板ではヘリが待機している。
「よしここまでくれば安心だな。もう振り向いても大丈夫だ」
 そう言たのは山崎だ。山崎の声だ。安心して振りかえろうとする動作のさなか、ニカは思う。山崎はさき死んだはずでは? 、と。

「ルーキーはどうした?」
 「海」に沈みゆく構造体をヘリの窓から眺めながらバランタインは呟いた。
「ルーキー? そいつは誰ですかい? この部隊で一番の新人は……
「俺だ」
 ヘリの操縦士であるワイルドターキーが声を張り上げていた。
「ルーキーてほどじないな」
「確かにな……
「どうかしちまてたんですかい? もしかして隊長、ロストテクニカに幻覚でも見せられてたんじないですかい」
 達磨が冷やかすように言う。
「ふん。そうかもしれん」
「いや、もしかしたら撤収の時に振り返た馬鹿なルーキーがいたのかも知れやせんぜ」
「ははは。それはありえるな。「海」呑み込まれててめえの情報を食われちまた。過去も記憶もてか」
「もうそり、俺達には知りようが無いですな。幻覚か、本当にいたのか。何もかも今となては「海」のノイズの中に溶けちまてる」
「さて、帰てととと山崎を再構成してやりましうぜ。こんなメモリタグのまんまじあいつも退屈でしうから」
「そうだな」
 バランタインは何かを振り払うように首を振り、煙草に火をつけた。
「ルーキーの在庫だたら倉庫に一杯ある。足りないようなら補充すればいい」
 この世界の存在なんて限りなくちぽけなものだ。特に「海」の前では限りないほどにちぽけだ。飲まれたら最後、存在したという記憶や証拠の情報すらノイズの中に溶け込んでしまう。
 まるで煙草の煙のようにすぐにその存在が消えてしまうのがこの世界の人間というものだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない