てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 10
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  6 
あなたは今でも、魔法を信じ続けていますか
 投稿時刻 : 2015.02.26 02:47 最終更新 : 2015.02.27 17:33
 字数 : 9998
5
投票しない
更新履歴
- 2015.02.27 17:33:23
- 2015.02.26 03:16:36
- 2015.02.26 02:47:16
あなたは今でも、魔法を信じ続けていますか
木下季花


 宛先 日野秀幸
 件名 Re:償い
 
 返信が遅れてしまい申し訳ありません。前回の仕事先であるスウデンから日本へ戻て来た直後に、プライベートで使用するメールアカウントにあなたからのメールが届いている事に気がつきました。今更どうして私にメールなど送てくるのだろうかと訝しみ、あなたへの愛情と憎悪が混ざた複雑な気持ちを抱えながらも、私に対する言い訳に終始したあなたの長文メールを拝読しました。いくつかに分けて送られてきた、計六万文字にも及ぶ膨大な文字数のメール。まるで中編小説並の長さではないかと半ば呆れながら、しかしあなたの凝縮された熱い思いを感じ、最後まで読み進めるに至りました。それが半年前の出来事で、現在も月に二度ほどのペースで、あなたから送られてきた最後のメールを読み返しています。最初に読んだ時はなんて長い文面を、読む方の気持ちも考えずにだらだらと送てくるのだろうと思たものですが、しかし改めて読み返してみると、あなたの長い年月の中で培われ育まれてきた償いの感情が込められているのが、文面から確かに感じられます。それは、六万字でも収まりきれないくらいの勢いを感じさせ、喩え二十万の字数を与えられたとしても、あなたにとての気持ちを語るに短かすぎるものだたのではないかと思うのです。

 まず、こんなにも返信が遅くなてしまた私なりの理由を述べておこうと思います。そもそも半年前にメールを読んでから今日に至るまで、あなたのくだらないメールなんかへ返信しようなどという気はさらさら起こらなかたのです。あなたから送られてきたメールはそれだけで完結しているように見え、自分勝手に何かを終わらせようとしているように見え、私の返信など決して求めていないのだということがありありと感じられたからです。そのために今現在も、自己憐憫に浸たような文章を送てきやがて、と怒りは収まりません。勝手に一人で感傷に浸りながら私との想い出を終わらせようとするなと思ています。もちろんあなたの世間体と尊厳のためにも、あなたから送られてきたメールは誰にも公開することはありません。私の方も、あなたとの想い出を消し去りながら生きて行こうと、もうあなたのことなんかで煩わされたくないと、一度は己の心を抑えました。
 しかし今日になて、故郷で行われるクリスマスイベントのための作品を作ている傍ら、あなたと初めて出逢た時のことや、あなたから与えられた極わずかな愛情が頭の中で鮮やかに蘇てしまい、どうしてもあなたへの言葉を書かずにはいられない気持ちになてしまたのです。やはりあなたは、いつまでも私の心に棲みついて離れないのですね。決して私の中から出て行こうとはしません。いつも心の奥底で、私が駄目になりそうな時のために密かに私を待ているのです。そうして気分が落ち込んでいる時、心の裡にあなたを見つけて、私はただ困惑するのです。なぜあなたの事を思い出してしまうのだろうと悔しくなるのです。あなたから送られてきた長文メールを何度も読み返すたびにそのような思いが、今までは抑えつけていたモヤモヤとした思いが、私の胸の裡に膨らみました。そうしてそれは今日、唐突に、私自身によて書かれる時を待ていたように、表現されることを望んでいたように、こうして書かれることとなりました。我儘かと思いますが、こうして宛てもないメールを送らせていただきます。ちなみにこのメールは(もし誰かの目に触れるのならば)あなた以外の人に見られることになると思います。が、そうであたとしても、あなたはもう怒らないでしう。 
 あなたへの返事を書くにあたて再度メールを(六万字分)読み返していると、例によて、あなたと初めて出逢た時のことを思い返していました。数えてみれば、あなたとの出会いはもう三十四年も前になるのですね。今更ながらにその年月の長さが、心を締め付けるように感じられます。

 あなたと初めて出逢たのは、間断なく雪の降りしきる真冬のことでした。映像作家として名の売れていたあなたは、あの頃に流行り始めていたプロジクシン・マピングを拵え、私の住んでいる北国の地方都市にやてきたのです。
 まだ世の中のことなど何もわかていない十四歳の少女だた私は、友達と二人で、あなたのプロジクシン・マピングが披露される会場に来ていました。以前にもお話したと思いますが、その時はまだあなたの存在を知りませんでした。ただ無目的にイベント会場の中をぶらぶらと歩いていたのです。たくさんの精巧な雪像が展示され、美味しそうな香りを運ぶ出店が連なている中、私たちは何とはなしにぶらぶらと歩き、人いきれにうんざりとしながら、それでいて何故か、より人が多く集まりそうな方へ足を向けていたのです。それは恐らく、格好いい男の子とぶつかるとか、ナンパされるとか、そんなドラマのような甘い出逢いを期待していたのでしう。それくらいに私たちは子供だたのです。

 今でも目に浮かぶほどはきり覚えていますが、あなたの映像が流れる会場には、数え切れないほどの人が集まていました。静かな息遣いと、囁き合う声、そして雪を溶かすような熱気が肌に感じられたのです。周りにいる彼らは何かを待ているように――実際にあなたの作た映像を待ていたのでしうが――まるであなたの手によて世界が塗り替わる瞬間を待ているように、そこに集まていました。その場所へと、偶然にも迷い込んでしまた私は、何か厳かな礼拝でも始まりそうな雰囲気にただただ圧倒されていたのです。何か途轍もないものが始まろうとしている予感だけが、粟立た私の肌をひかくように感じられました。期待に満ちた声。周りにいる人と体がぶつかり合う感覚。メインイベントが始まろうとしている雰囲気。そうして、いつの間にか群衆の中心に来てしまた私たちは逃げる事も出来ずに、少しでも前に行こうとする人々の波に流されていました。後方から迫てくる肉壁に押されながら抗わずにいると、いつの間にか流れが止まて、辺りが妙に静まり始めます。ようやく落ち着けるかなと思たと同時に、私たちを照らしていた眩しすぎる照明がふと消えました。私たちは辺りが見えぬほどの暗闇に包まれました。周囲の人々の息遣いと声が、より近くに、そうでありながらも、より遠くに感じられる不思議な空間に投げ込まれたのです。これから一体何が始まるのだろう、どんなことが起こるのだろうと、不安と期待が複雑に入り混じた、まるで革命を待ち続ける人のような気持になりながら、私は前方を見続けました。照明が消されてから何秒か経た後、前方の壁に光がぽうと灯るのが見えました。それはどうやらステージの中に建てられている、雪で固められたお城に映された光のようでした。雪の城をスクリーンとして、そこに光が照らされる光景を、私はただじと眺めていました。まるで夜が明ける時のような、水平線の向こうで少しだけ光と混ざた闇のようにきれいな青色。私は唐突に人々の前に晒されたその青色を、ぼうとした眼差しで見つめていたのです。そこに立ち尽くす全ての人々が、取り憑かれたようにその青色に見惚れていたのだと思います。それが映し出されると共に僅かな歓声が、そして引きこまれたが故に零れる嘆息、それらの微かに漏れていく喜びの音が聞こえました。雪の城に広がる青色は、その立体世界の中に三人の人影を映しました。あなたが描いたであろうその影たちが映像の中に現れた瞬間に、待ちわびていたかのようにスピーカーは音楽を流し始めます。その時に流れた音楽を、当時の私は知りませんでしたが、かつてあなたと出逢てから教えてもらて以来、今でも聞き続けている曲です。それはあなたの作りだした映像にぴたりとシンクロしていました。スウデンの音楽家、ポスト・クラシカルの新星、ヨハン・アーリス作曲の「残酷なエイプリル」。繊細で、触れたら折れてしまいそうな程に寂しげなピアノの旋律は、人々の胸にかつての悲しい記憶や、何かとの別れを想起させ、その美しい旋律に身を任せたまま、まるでノイズにも似た、唐突に現れたエレクトリク・バスドラムの音と、機械的なスネアの音が綺麗に絡み合い、私たちの心に激情と衝動を生み出そうとするのです。その音に合わせ、青色の中で生まれた影たちは踊り始めました。クラシク・バレエのような、しかしそうでありながらも何か、もと自由な表現、人生において抱いてきた悲しみを素直に表現するような、見る者の心の中に何かを訴えずにはいられないような感情に満ちたクラシク・ダンスを、影たちは躍るのでした。私は、いえ、そこに存在した全ての人々は、その映像に引き込まれていました。私はあなたが描き出した、見る者の心にそと触れるような表現から、目を離すことが出来ませんでした。雑談も、歓声も、僅かな呼吸ですら許されない程の、緊張と喜びに満ちた空間。雪の城に映し出されたあなたのプロジクシン・マピングは、それほどまでに人々を魅了し、私たちの心に感情を残そうとしていたのです。当時の十四歳だた私は、まるで魔法にかかたみたいに、息をすることも忘れ、あなたの作り出した映像を見続けていました。いえ、それは正真正銘の、魔法そのものであたと私は思います。例えばパブロ・ピカソが「青の時代」に描いたように、ウルト・デズニーが「ミキーマウス」を生み出して人々を惹きつけたように、あなたは青色の中に踊り出す影の人々を生み出して、私たちに素敵な魔法をかけていきました。あなただけが使えた魔法。あなたは、私の人生の中で唯一で出逢えた、表現者と呼ぶにふさわしい人でした。私と同時代に生きた、ただ一人の魔法使いでした。だてそうでしう? そこに集また大勢の人の心を、まんべんなく魅了できるなんて、まさに魔法ですもの! 十四歳だた私も例外なく、あなたの作り出した魔法にかかてしまたのです。ある人はあなたの作り出した映像を見て涙を浮かべ、ある人は全身の力が抜けたようにその場に立ち尽くし、映像が終わた後も、余韻を味わうように、そこに何かを見ようと真白な雪の城を見たまま呆けていました。私と友人もまた、あなたの映像に感情を揺さぶられ、涙を浮かべていたうちの一人です。思春期の鋭い感受性を大きく揺さぶり、私の中で育ち始めた拙い感性に色とりどりの爆発を起こし、私の今までの価値観や思考や物の見方、そして感覚というものを、ことごとく塗り替えて行てしまたのです。
 あのすばらしい映像の余韻が抜けきらないうちから、これを作た人はどんな人なのだろうという思いに囚われました。私は生来の我儘ぶりを発揮して、友人の腕を掴んでは引張り回し、あなたの姿を探しました。この映像の制作者が、まだ近くにいるかもしれない。ここに来ているかもしれない。会てみたい。会て何を伝えればいいのか、あの映像の感想をどのような言葉で表現すればいいのか、そもそも言葉にしてしまうこと自体が陳腐になてしまうのではないか、あなたは言葉にされるのを嫌うのではないか、とも考えたりしましたが、しかしあなたがどう思おうが、私はどうしてもあなたに会わなければならないような、私の運命を変えるために、今までのつまらない灰色の人生を塗り替えるためにあなたと言葉を交わさなければ済まないような、そんな気持ちになていたのです。先ほども書きましたが、私は今までの自分を変えるような、誰かとの出会い、おとぎ話の世界に連れて行てくれるようなそんな出会いを求めていたのです。
 ステージ裏で腕を組みながら立つあなたの姿を見た時、間違いなくこの人があの映像を作た人だ、と思た事を覚えています。なぜそう思えたのでしう。勘と言てしまえばそれまでなのですが、数人のスタフたちが慌ただしく動く中、関係者が興奮気味にあなたの映像の感想を述べ合う中で、ただ一人つまらなそうに観客やスタフたちを眺めていたあなたを見て、うん、この人なら確かにあの映像を作るだろうな、と子供心に感じられたからなのです。今でこそ知ていますが、あなたは基本的に他人に興味を抱かない人でしたね。たとえ何かの理由で興味を持たとしても、深く関わり合おうとしない、自ら孤独の中に沈み込んでいくのを好む人。それはずと変わらなかたと思います。
 あなたの姿を見つけた私は、迷わずあなたの元へと走りました。ロープの内側に入た私に気づいたスタフが、慌てて制止しようとした瞬間、なぜかあなたは「その子、知り合いだから」と嘘を吐かれましたよね。その言葉は、今でも不思議なものとして私の心に残ています。何故ただの十四歳の少女であた私が、あなたの心を惹けたのか。あるいは十四歳の少女であたからこそ、あなたの心を惹けたのか。それは今でも解決しない問題です。しかしあなたは、自分の元に向かてくる見も知らぬ少女を、自分の元へ呼び寄せました。そして「ここは人が多いからそちへ行こう」と私を促したのです。私は後方で心配そうに覗き込んでいる友人を振り返りましたが、しかし友人の元へ戻るより、あなたと共に行くことの方がよほど大切に思えたのです。そこでもう、私の運命は決まてしまていたのでしう。もちろん、今振り返てみればそう思える、ということなのですが。
 あなたは人気のない方へ歩きながら、さも当然だというような表情で「あの映像に惚れて俺のところへ来たんだろ」と言い放ちました。私は最初、その傲慢さにむとしましたが、しかし実際にその通りではあたので、言い返すこともせずに、「そうです」と小さく返事をしました。今の私ならば、あなたの精神的に弱い部分を徹底的に突くように言い返して、あなたの人格ごと罵倒していたことでしうが、しかし当時の私は純粋な女の子だたのです。むずむずとした心地よさを体内に感じながら、あなたの横顔を見つめてばかりいる少女だたのです。
 火照た肌に、はらはらと降り積もる雪が触れ、自分の高まる熱を感じながら、ああ、私はこの人に恋をしているのかもしれない、と思たことを今でも鮮やかに思い出せます。
 
 あなたは恥ずかしがる私を、自分が泊まるホテルへと連れて行きましたね。誰かに見られたらどうするのだろう。十四歳の女の子を自分の泊まる場所に連れて行くなんて駄目なんじないのかな。そんな思いが浮かびましたが、しかし、あなたに選ばれた特別な女の子なのだという気持ちに押され、何も言い出せないまま部屋へと入りました。親には『友人の家に泊まる』というすぐにバレそうな嘘を吐いて。あなたは傲慢に振舞おうとするものの、その癖に繊細で小心者でしたから、やたら私に酒を勧めましたね。恐らく己の性欲を満たすために私を呼んだのでしうが、素面のまま性行為をした後で私に言いふらされたり、叫ばれたりしたら嫌だと感じたのでしう。皆の前から十四歳の女の子を連れて姿を消した時点であなたのロリータ・コンプレクスはバレているようなものなのに、あなたはいつだて変な所にこだわて、気にしてしまう人でした。私も勧められるがままに、初めて飲むお酒を味わいながら、ぽつりぽつりとあなたと話をしました。何を話したのかはもう覚えていません。すぐに酔いが回て、そのままベドに寝かされて、あなたの体が覆い被さてきたことだけは何となく覚えています。破瓜の痛み、異物が私の中に入てくる感覚、アルコールの匂いがするキス、強く抱きしめられる感覚、温かいものが私の中に流される感覚、全てがぼんやりと夢うつつの中で進行しているように感じました。あなたは、孤独であたからこそ、強く温かい肉体を求めていたのでしう。幼い少女の体を。少女性を持た純粋な女の子の体を。
 それから私とあなたは、密会するようになりましたね。もちろん私から連絡するのはご法度で、スマートフンにあなたからの連絡が来てあなたの元へ向かうのでした。月に一度ほどのペースで。ホテルで会うたびに、私とあなたは体を重ね合わせました。私にとてそれは、決して嫌な事ではありませんでした。特別な魔法を使える人に愛されている。数々の女性の中から選ばれた人物。そう思ていたのです。それが愛なんかじないことが、当時の夢見がちな私にはわからなかたのです。それでも月に一度、わざわざ東京から逢いに来てくれていたのですから、少なくとも私に何かしらの愛情はあるのではないかと勘違いしていたのです。それが特別な性欲という名の愛情である事も知らずに。
 無邪気だた私は、あなたと逢う度に、あなたのようになりたい、あのような映像をどうやて作ているのか、あなたの弟子にしてほしい、というようなことを何度も尋ねていましたね。あなたからしてみればさぞ鬱陶しかたことでしう。しかし、あなたには鬱陶しい事であても、私は本気で尋ねていたのです。あなたの映像が私の全てを塗り替えたといても過言ではないのです。だから、もし教えてくれなければあなたとの関係を全部ばらす。十四歳の女の子に手を出したてみんなに言て回る。そう脅したのを覚えています。思い返すと本当に笑えてしまいますね。あなたは見るからに狼狽し、弱気になりながら私に縋るように「そんなこと言うなよ」と泣きつきました。
 それ以来、あなたはより私に依存するようになりました。脅されたその日に、あなたは「せめて高校を出るまで待て」と言たのを覚えています。「高校を卒業したら、俺のもとで修行でも何でもしてやる。ただ、俺に師事するからにはもと俺の望むことをしてもらいたい」。そう言てあなたは、月に三度ほど私の住む街にやて来ては、私の体を貪るように求めるようになりました。私に己の弱い部分を見せ、三十七歳の大人が十四歳の子供に甘えるように抱き着いてくるのです。「映像制作のやり方教えてあげるから、みんなに言わないでね」といいながら全裸で私に抱き着いてくるのを見た時はさすがに気持ち悪いと思いましたが、しかし私もあなたの魔法を得るために、そしてあなたの心からの愛情を得ようと、あなたの求めに応じて行たのです。

 あなたに妻子がいると知たのは、高校二年生になてからでした。それまでよく私との関係を続けられたなと、もはや呆れるような思いでしたが。唐突にあなたが「妻に勘づかれてる。スタフの一人が密告したらしい。お前との関係は終わりだ」そのようなメールを送て、私の元へ訪れなくなたことをはきり覚えています。理不尽な終わらせ方に、あまりにも強い憤りを感じて、いそ世間に公表してやろうかと思いましたが、そんなことしても誰もいい思いはしない、私だて救われないと思いやめました。親に買てもらたパソコンであなたの名前を検索すれば、出るわ出るわ、数々の女性との噂、裁判沙汰になただの、児童に手を出しただの、違法なポルノ映像を流通させているだの、それを会社で揉み消しているだの。あくまで噂であて、奥さんと離婚していないことを見れば、大事にはなていないのでしうが、火のないところに煙は立たず。実際に十四歳の私と性交渉をしたあなたは、同じような手で他の少女と性行為をしたのでしう。あなたはどうしようもない屑で、数々の女性を傷つけて、純粋な思いを踏みにじて、他人なんか関係ないとばかりに自分の世界に閉じこもり、多くの人々に迷惑をかけ、ただ自己憐憫に浸りながら生きているどうしようもないただの男なのだと知りました。
 しかし、その時の私は、もう後戻りができませんでした。いえ、十七歳という年齢を考えればいくらでも後戻りが出来そうなものですが、当時の私はもう、あなたの映像に魅せられ、あなたの映像を初めて見た時の感動がいつまでも残り、自分もあなたのような映像を作る人物でありたいと、ただそれだけを思ていたのです。あなたは人間的には最低な人物でしたが、しかし表現者としては最高の人物でした。あなたに抱いていた感情は紛れもなく恋であたし、その純粋な感情があなたに滅茶苦茶に蹂躪され踏みにじられた後であても、その恋は私の初恋として残り続けるのです。あなたにフラれて自殺未遂をしたという女の子の話を、あなたは聞いたことが無いでしうか。そんな女の子がここにいたという事を、あなたに告げることもないまま、私はただあなたへのどうしようもない恋心、そんな名前を与えられたただの憧れをあなたに抱いていました。混乱したまま思春期を送り、結局はあなたの映像に魅せられた凡人であた私は、しがない映像クリエイターとして人生を過ごしています。

 半年前にメールが届いた時には、さすがに驚きました。なぜ簡単に捨てられた私に、数々の女の中の一人であた私にメールを送てきたのか。全然分かりません。今さら「申し訳なかた」「あなたの人生を決定的に変えてしまた」「ただ一人、純粋に愛していたのは君だけだた」「俺の弱さを受け入れてくれたのは、君一人だた」「妻を捨てて君を愛すべきだた」そんなメールが送られてきたところで、何を馬鹿なことを言ているんだろう、ぐらいにしか思えませんでした。しかし先月、あなたが肝臓がんで亡くなたというニスを見た時、あなたは自分の死期を悟て、またあの時みたいに私に甘えようとしたのではないかと思たのです。あなたは、私に懺悔を聞いてほしかたのではないか、ただ慰めてもらいたかたのではないか。そう思えてきたのです。あなたは本当に私を愛していたのでしうか。今になてそう考えるのです。
 なぜ初めて目が合た瞬間、あなたは息を呑んだのでしうか。なぜホテルで泊また時、私の顔を見る度に照れたように顔を赤くしていたのでしうか。なぜあなたは私を抱きながら、子供のように泣きじていたのでしうか。なぜあなたは会うたびに子供のように甘えたのでしうか。そして一番の疑問。なぜ、あなたは死んだ後に、あの青色の中で踊る人たちの映像を、私が大好きだと言た映像のマスターデータを、私に残してくれたのでしうか。私には、あなたという人物がただ不器用に愛を示していた男であたのか、それとも数々の少女を食ていた酷い男であたのか分かりません。大人になてから何度か会た時に、あなたは色々と私に良くしてくださいました。それが愛からくるものなのか、それとも償いからくるものなのか。その両方を併せ持たものなのか。私は結局あなたという人物をひとかけらも理解することが出来ずに、あなたとの別れを迎えてしまいました。
 あなたから送られてきた最後のメールを見ながら、あなたが残してくれた作品、『表現に溺れる者』を何度も何度も見返しています。初めて見たあなたの作品。私の小さな世界を塗り替えた作品。四十八歳になた私の心をも震わす作品。この映像を見る度に、初めて逢た時のあなたの冷たい手や、冬の凛と張りつめた空気の匂い、何かを覆い隠そうとするかのように降る雪、あなたの震え気味に発される声、「信頼する人を裏切り続けている」という言葉、「俺は何かを間違ている」と言いながら泣き続けるあなたの姿、全てが思い出されて、私は心がぐちぐちになりながら、あなたの存在をありありと思い出すのです。いつだて心の中にはあなたがいて、その存在は大きな領域を占めていて、駄目になりそうな時にそと、体を抱いてくれる感覚があるのです。あなたは確かに酷い人でした。私を傷つけたまま放ておいた酷い人でした。しかし、あなたが最後に残した言葉はずと心に残ています。あなたのメールの最後にあた気障な文章。最初に読んだ時は、その言葉があなた特有の傲慢さを持ているように響き、酷く憤たのですが、あなたが死んでからは、それがまた優しい響きを持て聞こえるようになたのです。
「あなたは今でも、魔法を信じ続けていますか」

 もちろん、四十八歳になてしまた私は、無邪気に魔法を信じていたあの頃の少女ではありません。あなたが与えてくれた魔法はもう遺物でしかないのです。あなたがあの時から見せてくれた様々な魔法が、私の人生に数々の色をもたらし、私という人間をカラフルな悲しみへと塗り上げていきました。私をここまで追いやたあの素敵な魔法を、しかし私は確かに、己の人生において信じ続けていたように思います。青に溺れて行たあなたと、悲しみに満ちた魔法と。その両方を確かに愛していたのです。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない