てきすとぽいトップページへ
第26回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  13 
ぼくらのシャングリラ
めぐる
 投稿時刻 : 2015.04.11 23:38
 字数 : 1272
5
投票しない
ぼくらのシャングリラ
めぐる


ネイルがなかなかうまく決まらなくて、ちと手間取た。
それなりにイライラはしたけれど、以前はこの後も朝まで極力爪にものを触れさせないようにしなければいけなかたのだから、コスメの進化とは素晴らしいものだ。

「ゆうらさんカラめジが届いています」
「読み上げて」

だいぶ人らしい発音になてきたとはいえまだ少しおぼつかないと思うのはわがままになてしまうだろうか。なんとなく昔から気に入ていたキリンのぬいぐるみに組み込んでもらたコンピターが、少し間を置いてから「ではでは」というテキスト読み上げの合図を言た。

「いよいよ明日になりましたね。りかさんにお会いできるのを楽しみにしています。夜更かししてパンゲアやて寝坊します、とかはやめて下さいね、かこ笑うかことじる」
「ありがとう。かこ笑うかことじるは、わら、で読み方登録しておいて」

「わカリました」

古風な物言いの人だ。実際は文章だから、物言いじなくてなんていうんだたか。

パンゲアというのは私たちが知り合たオンラインゲームだ。プレイヤーは神様となて、それぞれの地球を創りあげていくというもので、今まで科学で解明されてきた通りに進めたい人や、人間のいない地球、土星ぽい地球、酸素縛り、植物縛りなど、さまざまな遊び方があり、人気があると思う。

彼女とは確か、私の地球が何回目かの氷河期を迎えた時にロケトをぶつけてきた。
ぶつけてきたというか、燃料が切れて不時着したのだた。
私は少ない資源をなんとかやりくりして補修を手伝い、暖かくなたらまたおいで、とメセージを送りロケトを見送た。

それがどういうことか、現実の世界で暖かくなた今頃に実際に会おうということになた。

キリンに健康チクをしてもらて、明日に備えてベドにもぐた。
とだけパンゲアをやてたら、キリンに怒られてしまた。


朝は無事に寝坊することなく支度を済ませ、待ち合わせの駅の広場に着いた。
相手は少し前に着ていく服の画像を送てくれていたので、すぐに見つかた。

てランチを食べて科学館と本屋を見て、あという間に時間は過ぎて、もう日が暮れて街灯がつき始めてきた。
お互い科学館で歩き疲れてヘトヘトだたので、口数も少ないまま解散してそれぞれの家路についた。


ゆうらが無事に帰れることを祈て、空を見上げる。
向こうの星まで、地球何個分の距離だけか。彼女は今日、向こうの時間で何時に起きたのか聞きそびれていた。

私はこの科学館の最寄りの駅から家まで、居眠りせずに帰れるだろうか。
暖かくなて、日が沈んだとはいえまだ30℃ある。コンビニに寄て飲み物を買てから行こう。
ゆうらは平気そうな顔をしていたけど、向こうの星は温暖化の最中だたりしたんだろうか。

「今度はこちに遊びに来て下さいね」なんて言われてしまたので、やと抜け出した氷河期の中で、資材を集めて会いにいかなければいけない。
キリンに計算やら何やら、スパルタで叩き込んでもらわなければ。
ゆうらに貰たアノマロカリスのぬいぐるみをぎと握た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない