てきすとぽいトップページへ
しゃん様生誕祭 6月に祝日を作ろう大賞
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10 
火星までスペースシャトルを
 投稿時刻 : 2015.06.11 03:33 最終更新 : 2015.06.15 02:31
 字数 : 2883
5
投票しない
更新履歴
- 2015.06.15 02:31:06
- 2015.06.13 13:54:29
- 2015.06.11 15:23:07
- 2015.06.11 15:16:15
- 2015.06.11 03:40:26
- 2015.06.11 03:38:01
- 2015.06.11 03:34:14
- 2015.06.11 03:33:40
火星までスペースシャトルを
古川遥人


 君は宇宙でいちばん高貴な生命体を知ているかい? 僕は実際に彼に会たことがあるけれどね、彼はとてもユニークで気の良い奴なんだ。いささか自分の本性をユニークさに隠してしまうきらいはあるけれどね。
 彼と出会たのは、地球にうんざりして火星にシトルを飛ばした時のことだた。今では火星に飛ぶ奴なんてあんまりいないんだけれどさ、僕は火星が好きだた。それは理屈じなくてさ、感覚的に好きなんだよ。こういうのてあんまりわかてもらえないと思うんだけど、火星のしなびた感じとか、親しみやすさみたいなのが僕は好きなんだな。火星は表面がごつごつとした岩ばかりのすごく寂しい場所なんだけれど、地面に幾つかのハチが据え付けられていて、それを開けて地下に降りて行くと、最高に華々しい地下都市が広がているんだ。もちろんタダで行けるわけではないよ。門番に十枚くらいの硬貨を渡して行くんだ。まあ、デズニーランドみたいな感じで考えてもらたらいいのかな。そんな地下に僕が久しぶりに行た時、彼と初めて出会たんだ。彼の姿はね、そうだな、伝説の絵本作家トーベ・ヤンソンが描きそうな、丸くて温かみのあるフルムで、どことなくし自然に愛らしさを覚えちうような感じだた。彼は町の中をウロウロ歩いていた。僕を見つけるとさ、彼はとことこ僕の後をついてきて、親しげに話しかけてきたんだ。
「おや、君は地球の人間かに
 彼はケバブを食いながら、八本の足を器用に使て一人でトランプをしていた。何をやているのかと訊いたら、一人でババ抜きをしてるて言うんだ。最高にクールじないか。僕は一気に彼のことが好きになた。
 僕らは連れだて、ドラゴンの涙で沸かしたコーヒーが飲めるカフに入た。君はもしかしたら知らないかもしれないけれど、かつて火星にはドラゴンが住んでいた。今ではもう絶滅しちているけれどさ、ドラゴンの遺伝子を受け継いだ火星人は存在している。僕の行きつけのカフには、ドラゴンの遺伝子を受け継いだルジーナさんがいる。カフ・ルジーナの店主で、カウンターに立て僕らに飲み物を振舞てくれる。ドラゴンて言うとすごく凶暴な感じがしちうけど、ドラゴンにも凶暴な奴じなく穏やかな奴が存在していて、ルジーナさんはそんな穏やかなドラゴンの子孫だた。聞いた話によると、かつて何十万年も前に、歌うことが好きだたドラゴンと、火星の表面にまだ国があた時の王子が結婚して、その娘の子孫がルジーナさんらしいんだな。歌うことが好きなドラゴンの血を受け継いでいるからなのか、彼女もまた歌うことが好きだた。それに僕ら客としても、なんだかルジーナさんの歌を聴いていると癒される気持ちになるから、彼女の歌をリクエストしたりもするんだ。
 僕の後ろを歩く彼は、ケバブを食べながら、僕の隣の席に座た。
「こんにちは、しん」
「おう、ルジーナちん。こにちわー
 ルジーナさんは僕の隣にいる火星人に声を掛けた。どうやら彼の名前はして言うらしい。とても可愛らしいネーミングだと思う。
「彼もこの店の常連なの?」
 僕がそう訊くと、ルジーナさんは苦笑しながら「ええ。でもいつもお金を払てくれないの」と言た。
「むははー高貴なる僕ちんはお金を払わずに食べてもいいのだー
 彼はそう言て、カウンターの中に入り込んで、酒を飲み始める。普通ならこういう横暴な奴て許せないと思うんだけれど、なんだかしんがやると憎めないと言うか、まあいいかて気持ちになる。そこがしんの凄い所ではあるんだな。
 僕はカフの中央でみたらし団子でジグリングする人たちを見つめながら、ドラゴンの涙で沸かしたコーヒーを頼んだ。
「はい。ドラゴンコーヒーよ」
 僕の元に出された、見ていると吸い込まれそうな薄茶色の液体がドラゴンコーヒーた。もちろん本当にドラゴンから零れ落ちる涙で沸かしているわけではなく、火星の地下にあるルーネス湖で取れる水が、ドラゴンの涙と呼ばれているんだ。かつて大昔にドラゴンが住んでいた土地であり、未だにドラゴンの涙のように透き通た水を湧かせているから、そう呼ばれているらしいね。
 僕としんはカフでお互いの事を語りあた。語り合たと言ても、彼は本当か嘘か分からないようなジクともつかないことを語た。例えば、彼はビグバンが起きた時からこの世界に生きていて、何億年もの間、この世界をさ迷い続け、様々なものを見てきたらしい。
 かつての水星で、蛙の一族が惑星を支配していた時代。彼らは様々な惑星に侵攻し、様々な生物たちを殺していた。そして仕舞いには同じ種族で殺し合いになて滅亡した。
 土星にはさまざまな樹が暮らす時代があて、彼らは妖精と共に、星を色とりどりの植物で彩た。そのせいで他の惑星の生物たちが美しい植物を奪いに来て、結局土星は荒れ果てた地になてしまた。土星を覆ている輪かは、殺された彼らの魂がそれでもあの土地を守ろうとして輪になたものらしい。
 遥か遠くにあるガニメデ星では、テレビを付けろ! という言葉と共にしんが作動させたレールガンが、とある恒星を破壊した。これは宇宙の大ニスとなて、宇宙警察に連行されたしんは、おかし代を月450円までとしなければいけない刑に処された。しんは三年間、月450円のおかし代で午後三時をやりくりしなければいけなかたので、お腹が減て仕方なかた。それで紫陽花のせいにしてパンを盗んだりした。紫陽花のせいにしても警察官はうそ発見器ver127(ベータ版)を持ていたので簡単に見破られてしまた。おかげで毎日牛乳を飲まなければいけない刑にも処されて、牛乳が苦手なしんはお腹を壊すことになた。
 僕らはお互いにくだらない事ばかりを話したけれど、それでもそれは何より楽しい時間だた。地球でのしがらみなんてあという間に忘れる事が出来た。もう一度地球に帰て頑張ろうと思えた。
 しんは別れ際に「今日は宇宙でもとも高貴な生命体であるボクちんが生まれた日なのだー。でも、あまりに高貴すぎて、政府は祝祭日を作ることさえ遠慮しているのであーる。そこで君に使命をあたえまーす。また六月に僕ちんの元にやて来て、僕ちんをお祝いしなければいけない刑に処すのであーる。これは絶対に守らなきいけにい!」
 そして僕は地球に帰て、また彼のいる火星に行くのを心待ちにした。

 きたる翌年の六月。
 明日は彼の誕生日だ。嘘か本当か分からない彼の誕生日に向けて書いた、くだらない小説を持て、僕は彼に会いに行く。まあ僕のプレゼントごときで彼が喜ぶとは思えないけれど、書いてしまたものは仕方ないし、別にいいんじないかな。彼はまたてきとーな言葉を言て、なんだかんだで励ましてくれるさ。
 そして僕は壊れたようなボロボロのシトルに乗て、薄ぺらい地球を飛び出した。

 そして誕生日の彼の元には、愛情のこもた6文字の手紙やらなんやらが、たくさん送られてきたとかこないとか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない