てきすとぽいトップページへ
 1 «〔 作品2 〕» 3 
虫食いの穴
 投稿時刻 : 2018.12.07 01:43
 字数 : 444
5
投票しない
虫食いの穴
小伏史央


 せかく実家に寄たので、古い箪笥を漁てみようと思い立たはいいものの、中身はひどい有様だた。中に入ている服のことごとくが虫食いにやられていたのである。しかも引き出しを取り外してひくり返してみると、米粒サイズの毛むくじらの幼虫がうじうじと飛び散てしまい、その箪笥の中が、現在も彼ら虫食いの巣窟となていることを知たのだた。
 そうと知てしまえば取る方法はひとつしかない。もう着られそうにない服をゴミ袋にぶち込み、床にちらばた幼虫を掃除機で吸い込んだ。サイクロン式のダストカプの中で、幼虫たちがぐるぐると空気に打ち付けられる。意外と丈夫なやつらのようで、電源を止めてみると中には生きているものもいる。体を反らし、尾についた槍のような毛を掲げる。
 途端に、その槍が光り輝きだした。最初は何が起こたのかわか なかた。超常的現象。壁にぼこぼこと が空いている。空気に が空いて る。 は徐々に広が ていく。怖 な 家 飛び出た。空に が いていた。頭 抱 る。ハと  手を ると私 体にも がぼ ぼ と。       。              。                             
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない