てきすとぽいトップページへ
てきすと怪 2015
 1 «〔 作品2 〕» 3  11 
とあるファイナリストの告白
 投稿時刻 : 2015.08.01 21:24
 字数 : 1176
5
投票しない
とあるファイナリストの告白
しゃん@にゃん革


君たちがこのメールを読む頃、僕はどうなているのだろう。
受賞したのか、あるいは一歩及ばなかたのか。
かりに後者だとしても落胆する結果ではないことは、君たちもよく知ていると思う。
そして前者であるなら、君たちに心から感謝したい。
君たちといた時間が今回の小説を作らせてくれた。
最終選考に残たことよりも、僕はむしろそちらのほうが誇らしい。

だから、これから話すことはせめてもの誠意だと受け取てほしい。
あの小説を書いたのは、僕ではないのかもしれない。
いや、僕であて僕ではないというべきか。
いずれにせよ、君たちには何を言ているのか理解に苦しむところだろう。
僕に残された時間はもう少ない。
僕はもうじき完全に別人になてしまうのさ。

話は高校時代に遡る。
あの頃の僕は身長2メートル3センチ、体重106キロ。
オリンピク代表が約束されたそば打ち競技者だた。
まあ、今でもでかいことに変わりないし、森さんには立て会話をすると首が疲れると言われたけどね。
ともかく昔の僕が専念していたのは体力をつけることばかり。
小説などとは縁のない人間だたのさ。

けれども、親友の勇気は僕とは正反対だた。
彼はたくさんの本を読み、知識も豊富で人当たりもよかた。
勇気がどれほどすぐれた人格の持ち主であるかは、その死後になて改めて痛感したよ。
そう、勇気は残念だけど故人なんだ。
難しい名前の血液の病気だたらしい。
善人は早死にするというけど、あんまりだよね。
彼が生きていたら、世の中は少しでもいい方向に向かていたかもしれない。
本当にそう思わるほど、非の打ち所がない人物だたんだ。

けれどね、そんな勇気でもこの世への未練は断ち切れなかたみたいだね。
僕はもうじき勇気に乗取られてしまうんだ。
彼は小説を書いていたのだけど、これがまた見事な出来映えでね。
輝きを放つとは、ああいう作品を指すんだろうな。
ただ惜しいことに、彼の作品は未完だたのさ。
完成させたい一心で小説を書きはじめた僕だたけど、いつしか自分の世界を突き進むようになていた……

と。
そろそろ時間のようだ。
彼は守護霊をやめて、僕を一人前の作家にすると言ている。
けれども、本音は彼自身が小説を書きたくてたまらないだけなんだ。
結果、僕はもうじき自分の言葉を失うことになる。
話し合いをしたいけど、これはもう勝てないケンカをするようなものじないのかな。

そこで、お願いだ。
僕と君たちは友人だ。
君たちの中に引越ししてもいいだろう?
なに、全然たいしたことじない。
僕が自由を奪うのは、執筆している最中だけだから。
君たちは生みの苦しみから解放されて、僕は勇気に挑む作品を書き上げる。
ただそれだけのことなんだ。

さて、誰にしようかな
このメールを最初に開いた人?
もう面倒だから、それでいいや。
最初に開くのダ
うし
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない